エレキギターとアコースティックギターとクラシックギターのイラスト。

MUSIC ギター 音楽活動の指南書

ギターの始め方!準備物とは?独学の練習法とは?作曲するには?

公開日2020/10/3 更新日2021/8/17

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

ギターを始めたいというと気持ちが高まっていませんか?

かっこいい演奏に触発されたっていう人もいると思います。

また、バンドでギターを担当してみたい方など様々です。

私は、独学でギターを始めました。

大学で音楽サークルを入ったり、オリジナルバンドでギター担当を経験したこともあります。

今では、作曲家として活動し、オリジナル曲を20曲ほどリリースするまでになりました。

ギターを独学で学んで思うのは、時間がかかるということです。

でも、安心してください。

がむしゃらに練習していつの間にかうまくなっているという人もいます。

焦る気持ちはあるかもしれません。

まずはギターを始めるための準備物を解説していきます。

また、弦交換の仕方や独学のギター練習法、作曲法なんかも解説します。

目次は次の通りです。

・ギターの始め方

・ギターの選び方

ギターは、エレキギターアコースティックギタークラシックギターがあります。

楽器店に行って試し弾きをしてみて、ビビってきたものを購入するのがいいですね。

・エレキギター

エレキギターとは、ギターをアンプにつないで、アンプから音が出すタイプです。

エレキギターのボディーにピックアップという機器がついており、そこからギターの弦の振動をひろって電気信号に変えるんですね。

アンプとは、スピーカーのようなもので、ギターのピックアップから拾った電気信号を増幅して音として鳴らすものです。

エレキギターの引き心地は、とても軽いです。

なぜなら、エレキの弦は細いからです。

指も疲れにくいです。

アンプを使わないとシャカシャカと音が小さいですが、個人練習でアンプを使わなくても十分練習できます。

ヘッドフォンにアンプの音を出力することができるので、ヘッドフォンをつないで練習をすれば、近所を気にする必要もなく、周りへの音は小さく、迫力の音で楽しめます。

私が愛用しているエレキギターを紹介します。

とてもベーシックなもので、FenderSTRATOCASTERです。

Fender エレキギター Player Stratocaster®, Maple Fingerboard, 3-Color Sunburst

初心者から玄人まで広く愛される名機です。

とてもバランスの良いエレキギターです。

また、ストラトタイプで日本製のギターがあります。

それは、YAMAHAのパシフィカで、

・コスパが最高
・品質が安心
・どことなく高級感がある

のでおすすめです。

また、私が使っているアンプは、YAMAHAのギターアンプ THR10です。

デザインがかわいらしく、部屋にもなじむデザインです。

ヤマハ YAMAHA ギターアンプ THR10

AUX-IN端子(ステレオミニフォーンジャック)とPhone端子(ステレオ標準フォーンジャック)がついています。

ヘッドフォンで音を気にせず大音量で楽しむには、ヘッドフォンとPhone端子を接続します。

6.3mm変換ステレオプラグ(ミニプラグ→標準プラグ)付属の下記商品がおすすめです。

ヤマハ YAMAHA ヘッドホン ブラック HPH-100B 迫力あるサウンドとリッチな音色 長時間の使用でも疲れにくい快適な装着感を実現 変換ステレオプラグ付属

ギターとアンプをつなぐシールドが必要ですね。

私の使っているのはこちらです。

HISTORY HC-330 ギター用シールド 3m (S-S) ヒストリー

まずは、これら、エレキギター、アンプ、ヘッドフォン、シールドがあれば、家で大音量で楽しめるわけです。

ギターに慣れてきたら、音を加工するエフェクターなども調べてみてください。

音色を歪ませたりするオーバードライブやディストーション、空間的に響かせるリバーブやディレイなんかがメジャーどころです。

・アコースティックギター

アコースティックギターとは、楽器から直接音が出るタイプです。

「ゆず」というアーティストをご存じありませんか?

彼らが使っているギターですね。

アンプをつながないでも、ある程度のボリュームの音を出せます。

壁の薄い借家などで使うと、おとなりさんから苦情が入ってしまうレベルです。

YAMAHA F600 アコースティックギター 初心者12点セット アコギ入門セット フォークギター初心者セット ヤマハ

・クラシックギター

クラシック・ギターとは、ガット、ナイロン、フロロカーボンなどの弦が張られた、ギターのことです。

アコースティックより柔らかい音がでます。

クラッシックなどを始めたい方におすすめです。

指板の弦と弦の間隔がアコギよりも広く、個人的にコードを押さえやすく感じます。

YAMAHA / CG182SF 【フラメンコギター10点入門セット】【単板Top】 ヤマハ クラシックギター ガットギター ナイロンストリングス 入門 初心者 CG-182SF

・弦交換の仕方

ギターを始めるには、弦を張る必要があります。

アコギの弦交換の仕方は下記です。

エレキやクラシックギターも同じです。

・独学のギター練習法

ギターは独学で学んでいくことができます。

さて、どのぐらいギターの練習が必要だと思いますか?

Fenderによると、

実際は、「最適な練習時間は?」という質問よりも、「どのくらいの時間きちんと練習できる?」ということを考えるべきです。10分の集中した練習は、30分の気晴らしの練習よりも身につく

Fender:最適な練習時間は?

とあります。

・メトロノームを使用する
・練習帳をつける
・練習に一貫性を持つ

これらが大切だということです。

また、練習を続けるための5つの秘訣としては、

1.難しい練習を先送りにしない
2.焦らないこと
3.フラストレーションを感じるのは当たり前
4.毎日楽器に触れる
5.課題曲を決める

Fender: 継続は力なり | 練習を続けるための5つの秘訣

と書かれています。

私の推奨するギターの練習法は、

・特訓ノートに練習メニューを書き出す
・Youtubeで練習動画を探して真似をして練習
・特訓ノートに反省を記入する

です。

曲のコピーをすることも練習になります。

そして、好きなアーティストの曲を練習してみましょう。

アコギで弾き語りをするのがいいかもしれません。

コードを弾けるようになりましょう

何曲も練習していると、上手になります。

私が大学生の頃に音楽サークルに入っていたころは、ひたすらコピーをして、ライブで披露するということをやっていました。

私は、負けじと独学をしました。

そして、かれこれ20年たちました。

この長い間に簡単に覚えることができるギターコードの押さえ方を開発しましたので、よければ下記ブログを参照してください。

コードをおしゃれにする方法として、7thを押さえるという手があります。

また、コードをおしゃれにする簡単な方法として、1、2弦を開放した弾き方があります。

ギターの指板は覚え方があります。

下記記事では、6つの基本的なルールを解説しています。

ギターのハイポジションの覚え方に、CAGEDというのがあります。

コードには5つの型の押さえ方があるんですね。

演奏するときにCAGEDをイメージするだけで、ハイポジションの時、どこを演奏しているか分かるようになります。

・ギターで作曲をする方法

ギターで作曲をするには録音する機材が必要です。

録音する機材にMTRと呼ばれるものがあります。

パソコンを必要とせず、ギターとMTRだけで本格的な音楽を作ることができます。

過去、私はZOOMのR8というのを使っていました。

またパソコンを持っている場合はDAWがおすすめです。

下記、DAWソフトが動くパソコンのスペックを書いています。

私が使っているDAWソフトは、CUBASEです。

初心者にも使いやすいですよ。

パソコンとギターをつなぐためには、オーディオインターフェイスという機材が必要です。

私は、UR12を使っています。

詳細は、下記。

いざ作曲をはじめるにおも何から勉強したらいいのか迷うかもしれません。

あなたが思うままに弾くのがいいです。

本なんか必要ありません。

あなたには、耳があるからです。

フィーリングを大切にしましょう。

作曲のコツがあります。

・スキル抜きに作曲にチャレンジしてみる
・メロディーとハーモニーとリズムを作る
・作りたい衝動を持てるメロディーを思いつくまで作曲を続ける
・ダイアトニックコードでハーモニーを作る
・作曲の順番はどこからでもいい
・お気に入りのコード進行をストックする
・作曲の特訓をする

詳細は下記で解説しています。

世界のロック音楽の歴史を勉強するのも参考になります。

有名のロッカーのデビュー曲を集めました。

彼らの初々しい曲を知ってください。

彼らが有名になるための初めの1曲を知って、あなたの作曲のモチベーションにしてください。

・まとめ

ギターには3種類あります。

・エレクトリックギター
・アコースティックギター
・クラシックギター

あなたが始めたいジャンルに合うように、選んでみてください。

まずは、楽器店に行って試奏させてもらいビットきたものを買いましょう。

なんといっても、最初の練習は、好きなアーティストの曲のコピーです。

ひたすらコピーをしまくってください。

いつの間にか上達すると思いますよ。

ギターレッスンのご紹介

独学でギターを学ぶのは難しいと感じる方がいると思います。

「なんで上手にならないんだろう。」という疑問を感じているかもしれません。

理由は簡単で、効果的な練習を継続できていないからです。

何を練習したらいいのか分からいって方は、ギターレッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

オンラインと全国校舎のスクール比較を行いました。

レッスンをお探しの方は下記。

無料体験レッスンがあります。

以上、参考になれば幸いです。

MUSICに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-MUSIC, ギター, 音楽活動の指南書
-, ,