ギターのエフェクターのおすすめ!初心者が買うべきものとは

ギターのエフェクターのおすすめ!初心者が買うべきものとは

MUSIC

公開日2020/10/6 更新日2020/10/6

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog369記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

ギターを始めたけど、どのエフェクターを使ったらいいか分からないと悩んでいませんか?

初心者がまず使ってほしいエフェクターがあります。

それは、歪み系のエフェクターです。

具体的に言えば、オーバードライブディストーションですね。

これぞ、エレキの音というような、迫力のあるサウンドが手に入ります。

また、使えるのがブースターです。

サビやソロなどのゲインアップを図りたいときに使います。

そして、次に必要なのは、空間系のエフェクターです。

リバーブディレイがおすすめです。

お風呂の中で歌うと反響して、歌いやすいことはないですか?

これらは、音色につやを出します。

ギターのエフェクターには、マルチエフェクターと、コンパクトエフェクターがあります。

マルチエフェクターは、様々なエフェクターが一つに集まったもので、お買い得感があります。

またコンパクトエフェクターは、オーバードライブ、リバーブなどそれぞれ単体で存在しています。

初心者は、エフェクターの効果が分かりやすいコンパクトエフェクターがおすすめです。

目次は次の通りです。

  • エフェクターのおすすめ
    ・歪み系
    ・空間系
  • お買い得なマルチエフェクター
  • まとめ

それでは解説します。

・エフェクターのおすすめ

エフェクターのおすすめはコンパクトタイプです。

初心者も、エフェクターを一つずつ扱うことによって、理解が進みます。

歪み系

・オーバードライブ

初心者はまずはオーバードライブを一台手に入れてほしいところです。

歪んだ迫力のあるサウンドが手に入ります。

オーバードライブは荒々しい無加工の歪が得られるイメージです。

BOSS Super OverDrive SD-1

・ディストーション

もしくは、ディストーションでも構いません。

ディストーションは、どこか遠く加工されたようなシャープな歪が得られるイメージです。

BOSS Distortion DS-1

・ブースター

ブースターとはゲインを上げるものです。

例えば、Bメロで静かに弾いていたけど、サビでゲインを挙げたい場合があります。

また、サビなんかで迫力を付けたい場合があります。

そんなときに役立つのがブースターです。

BOSS Blues Driver BD-2

空間系

・リバーブ

音につやを出したいなら空間系のエフェクターを手に入れてください。

まず手に入れたいのが、リバーブ

リバーブは、空間から跳ね返ってくる音の響きをいいます。

例えば、お風呂の中で歌うと、響きますよね?

お風呂は、普通の部屋よりも小さいので反射音が聞きやすいです。

リバーブは、四方八方からの反射音を集めたものです。

音源にリバーブをかけると、コンサート上で聞くような、つやのある音にかわります。

BOSS ボス  Reverb RV-6

・ディレイ

ディレイも音につやを出すエフェクターです。

ディレイとは、やまびこのようなものです。

ヤッホーと叫ぶと、山に反射して音が返ってきますよね。

それを再現したものです。

やまびこは、一回で終わらず、山と山の間で跳ね返って何回も繰り返します。

ディレイはこの繰り返しの反響を再現しています。

BOSS/DD-8 デジタルディレイ ボス

・お買い得なマルチエフェクター

様々なエフェクターが組み合わさって一台になったものが、マルチエフェクターです。

エフェクターに慣れてきたら、マルチエフェクターもいいかもしれません。

・一台で複数のエフェクター
・持ち運びが便利
・コストパフォーマンスがいい

これらのメリットがあります。

おすすめなのが、GT-1です。

自宅練習から本番まで重宝する一台です。

BOSS/GT-1 ボス ギター マルチエフェクター

・まとめ

初心者が、まず手に入れるべきエフェクターは、歪み系です。

オーバードライブや、ディストーションを手に入れて、迫力あるサウンドを手に入れてください。

また、ブースターも使い勝手が良いのでおすすめです。

コンサートホールで演奏しているような反響を得たり、つやを出したいなら、空間系のエフェクターを購入してください。

リバーブやディレイがおすすめです。

また、コンパクトエフェクターに慣れてきたら、マルチエフェクターを手に入れるのもいいかもしれません。

持ち運びやすかったり、お手頃感があります。

以上、参考になれば幸いです。

MUSICに戻る