DAW MUSIC 音楽活動の指南書

DAWソフトCubaseの使い方!Cubaseの入手・起動から音源のアウトプットまで

2020年1月4日

颯 Souのイラスト

soublogについて

  • 音楽ブログだよ!
  • 「soublog」と覚えてね
  • soublogトップページはこちら
  • 筆者は颯 Souで作曲家のフリーランス
  • 作曲実績は、AWA動画広告BGMプログラムにて採用

・Cubaseの使い方を知りたい
・Cubase起動から音源をアウトプットするまでを知りたい
・ギターをCubaseにライン入力したい

また、

Cubaseの各種操作方法

・ボカロの使い方を知りたい
・ドラムの打ち込み方を知りたい
・ギターに歪エフェクトを与えたい
・ミックスの方法を知りたい
・ノイズ除去の方法を知りたい
・音をフェードアウトする方法を知りたい
・移調する方法を知りたい
・midiの使い方を知りたい
・楽譜の作り方を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する、「DAWソフトのCubaseの使い方」を実践すれば、初心者でもCubaseを使いこなすことができ、曲のリリースなどができるようになりますよ。

実際に、私はこれまでこの方法でCubaseを使ってボカロ曲を20曲ほどリリースしてきました。

記事前半では「Cubase起動から音源をアウトプットするまでの方法」を、記事後半では、「Cubaseの各種操作方法」を解説するので、じっくり読んでくださいね。

目次は次の通りです。

・Cubaseの使い方【Cubaseの入手・起動から音源のアウトプットまで】

・CUBASEの入手

DAWで私が使っているのは、CUBASEというソフトウェアです。

とても使いやすくてお勧めです。

Cubaseのグレードは、AI→Elements→Artist→Proの順に上がっていきます。

また、それに伴って価格が上がります。

・無料のCubase AI

Cubase AIでもボカロで歌わすことが可能です。

Cubase AIはSteinbergやヤマハの商品にバンドルされています。

・Cubase Elements 12

Cubase Elements 12 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

Cubase AIでは、ギターの歪み系のエフェクターであるディストーションはあってもオーバードライブがありません。

しかし、Cubase Elementsには、オーバードライブが収録されています。

VST Amp Rackというプラグインです。

VST Amp Rack はパワフルなギターアンプシミュレーターです。

ギターをしているならCubase Elemtentsはおすすめです。

人のレコーディングをすることなく、ボカロ専門ならElementsで十分かもしれません。

Cubase Elements 12 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

・Cubase Artist 12

Cubase Artist 12 通常版 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

Cubase Elementsより付属オーディオエフェクトのプラグイン数が充実しています。

ボーカルの歌声のピッチ補正をする必要が出てくる人におすすめなのが、Cubase Artist。

Cubase Artistにも、強力なピッチ補正である「VariAudio3」が収録されています。

とはいえ、ボカロをする方には必要のない機能かと思います。

ボカロ以外にも、人の歌のレコーディングやミキシングを行う方向けですね。

Cubase Artist 12 通常版 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

・Cubase Pro 12

Cubase Pro 12 通常版 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

Cubaseの最上位モデルです。

Cubase12 Artistより付属オーディオエフェクトのプラグイン数が充実しています。

Cubase Proにも、強力なピッチ補正である「VariAudio3」が収録されています。

Cubase Pro 12 通常版 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

・インストールガイドはこちら

・CUBASEの無料体験版があります

Steinberg公式から、30日間の無料体験版を利用することができます。

まずは、こちらで使い心地を試してみてはどうでしょうか。

CUBASE 無料体験版はこちら

Cubaseの使い方は下記です。

・CUBASEの無料版AIの入手法について

無料体験版は嫌だ。

どうせなら、製品版がほしい。

そんな方におすすめなのは、無料版のCUBASE AI。

SteinbergやYamahaの商品を買うと、付属されている場合があります。

詳細は下記。

・よくある質問

・Cubaseのアップデートとアップグレードとは何?

Cubaseのアップデートとは、Cubase Elements 9からCubase Elements 12など数字の部分をバージョンアップすることを言います。

アップグレードとは、上位のグレードを使うことで、AI→Elemtns→Artist→Proの順にグレードが上がります。

アップデートやアップグレードの方法はこちら

アップグレードする際に心配になるのが、今使っているボカロや、ピアノやドラムなどのプラグインが使えるか。

私がCubaseをアップグレードした際の体験談をお伝えします。

CubaseアップグレードのQ&A!これまでのボカロやプラグインは使える?

・Cubaseのクロスグレードとは?

Cubaseとは違う他社のDAWソフトを持っている場合、お得にCubase商品を手に入れることができます。

例えば、

・対象他社商品 (22/03/08現在)
音楽制作ソフトウェア: Ability Pro / Ableton Live 8以降/ Apple Logic 9 以降 / Avid Pro Tools 9 以降 / Bitwig Studio 1 以降 (Bitwig 16-Track を除く) / Cakewalk Sonar X2 以降 (?Cakewalk by Bandlab 版を除く) / Cockos Reaper / Imageline FL Studio 11 以降 / Magix Samplitude Pro X 1 以降 / Magix Sequoia 9 以降 / MOTU Digital Performer 7 以降 / Presonus Studio One / Propellerhead Reason 6 以降

であれば、Cubase Proが購入できるなど、クロスグレード版を購入するための条件が販売ページに記載されています。

Cubase Pro クロスグレード版【サウンドハウスで見る】 Cubase Pro クロスグレード版【サウンドハウスで見る】

Cubase起動前の前準備

Cubase起動前にMidiキーボードをパソコンに接続しておきます。

MidiキーボードはUSBつなぐタイプとMidi端子でつなぐものがあります。

USBタイプを選ぶと、インターフェイスを介さずにパソコンに接続することができて便利です。

また、ギターとオーディオインターフェイスを接続しておきます。

・Cubaseの起動

デスクトップに表示された「Cubase LE AI Lelements 9」をクリックします。

※Cubase の9シリーズで説明します。

デスクトップに表示されたCubaseソフトのショートカット。

※参考情報ですが、eLicenserはCubaseのライセンスを管理する際に必要なソフトウェアで、詳細はこちらを参照ください。

ASIOドライバー選択が表示されましたら、お使いのドライバーを選択します。

※ここでは、UR12のオーディオインターフェイスを使っているので、UR12を選択します。

Cubaseの操作画面。ASIOドライバー選択画面。

その他を選択し、Emptyをダブルクリックします。

Cubaseの操作方法。プロジェクトの始め方。

プロジェクトが開きます。

Cubase操作方法。プロジェクトが開かれた状態。

・ギターを録音する

「プロジェクト(P)」→「トラックを追加」→「Audio」

Cubase操作方法。プロジェクト→トラックを追加→Audioを選択している状態。

ギターはモノラル信号なので「Mono」を選択します。

「トラックを追加」のボタンをクリックします。

Cubase操作画面。オーディオトラック追加でmonoを選択している状態。

「Audio01」というトラックが追加されます。

Cubase操作画面。トラックが表示されている。

「録音可能」ボタンをONにします。

これで、録音可能になります。

「モニタリング」ボタンをONにします。

ギターの音がスピーカーやヘッドフォンから聞こえてくると思います。

※オーディオインターフェイスのゲインのつまみやOUTPUTのつまみを時計回りに回しておいてください。

Cubase操作画面。録音可能をON,モニタリングをONにしている状態。

「トランスポートパネル」を表示させます。

「トランスポート(T)」→トランスポートパネル(T)

Cubase操作画面。トランスポートパネルを表示。

下記の「トランスポートパネル」が表示されます。

おこで、「録音」のボタンを押すと録音が開始されます。

Cubase操作画面。録音ボタンの位置。

「メトロノーム」を使う場合は、「トランスポート(T)」→「メトロノームを使用」をクリックします。

Cubase操作画面。メトロノームの設定法。

「メトロノーム」のテンポは「トランスポートパネル」で設定できます。

下記の図で数字の「120.000」というところをクリックし、好きなテンポに変えます。

Cubase操作画面。メトロノームのテンポを入力する。

・音楽データをエクスポートする

データを書き出す方法を解説します。

まず、エクスポートする範囲を指定してやる必要があります。

それはロケーターの設定でできます。

下記のプロジェクトでは、曲が183小節で終わっています。

なので、右ロケーターを184に設定します。

すると、上側に紫のラインが入ります。

これがロケーターの範囲を表しています。

もし、書きだし始めの小節を変えたい場合は、左ロケーターに書き出したい小節の数字を記入してください。

今回は左ロケーターは1としています。

こうすることで、1小節目からの書き出しになります。

Cubaseの操作画面。左ロケーターを1に、右ロケーターを184に設定している様子。

「ファイル(F)」→「書き出し」をクリックします。

Cubase操作画面。書き出しを行っている様子。

「ファイル名」を記入します。

ここでは、「Sample Guitar」というファイル名にしています。

また、「保存フォルダ」を指定します。

ここでは、「D:\ブログバックアップ」というフォルダ名にしています。

「書き出し」のボタンをクリックし、エクスポートします。

Cubase操作画面。オーディオミックスダウン書き出しの設定画面。

・プロジェクトを保存

「ファイル」→「名前をつけて保存」で、プロジェクトを保存して終了します。

・Cubaseの基本的なよくある質問

・midiキーボードの音がならない

midiキーボードがCubaseに読み込まれていない可能性があります。

Cubaseを起動する前に、midiキーボードをパソコンにつないでください。

・ギターの音がならない

下記記事を参考にしてください。

Cubaseでギターの音がならない場合の対処法

・演奏のリズムのずれがあるから修正したい

演奏でmidiに人間が打ち込むと、どうしてもリズムのずれが起こります。

リズムを一括で揃えるには、クオンタイズの設定をしてください。

範囲を指定→編集→クオンタイズ

・打ち込みのずれをピッタリ修正したい

下記のようなずれがある場合は、スナップをオンにしてください。

スナップのタイプをグリッドにしていると、グリッド上にピッタリ調整できるようになります。

Cubase操作画面。打ち込みのずれが生じている。スナップをクリックしている様子。

反対に、スナップをオフにすると、位置の微調整が可能になります。

・メトロノームの音を消したい

再生中、録音中のメトロノームの音を消すには、

トランスポート→「メトロノームの使用」のチェックを外す

です。

再生中はメトロノームを入れて、録音中のメトロノームの音を消すには、

トランスポート→「メトロノームの使用」のチェックを入れる
トランスポート→メトロノーム設定→全般タブのクリックオプション、「録音中のクリック」のチェックを外す

・録音前にカウントしてほしい

演奏を録音するときなど、録音ボタンを押して録音が開始されるまでの間、カウントが必要です。

それをこのカウントをカットインといいます。

設定の方法は、

トランスポート→「メトロノーム設定」→「カットインの小節数」で設定

・再生ボタンが表示されない

トランスポート→「トランスポートパネル」をクリック

・曲の作り出しは小節番号の何番からしますか?

私は曲を3小節目から作っています。

理由は、曲が始まって無音状態を2小節分とりたいからです。

なお、曲のエクスポートはロケーターの範囲で調節できます。

例えば、3小節目から曲を書き出して、左ロケーターを1にすると、2小節分の無音状態を作れるわけですね。

・Cubaseの各種操作方法

・ボカロの使い方

ボカロの使い方を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「ボカロの使い方」を実践すれば、初心者でもボカロで歌わすことができます。

ボカロの使い方は下記。

・ドラムの打ち込み方

ドラムの打ち込みをしたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する、「Cubaseのドラムの打ち込み方」を実践すれば、初心者でも打ち込みができますよ。

・直打ち
・ドラムループ

の2つの方法を紹介しています。

・ギターに歪エフェクトかける方法

・ギターの音を歪ませたい
・オーバードライブをかけたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「オーバードライブのかけ方」を読めば、VST Amp Rackを用いてCubaseでオーバードライブを使うことができますよ。

・ミックスの方法

・音を良くしたい
・ミックスの方法を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「Cubaseでミックスの方法」を読めば、初心者でも、ミキサー調節や、コンプレッサー、イコライザー、各トラックの音量調節、リバーブ、リミッターの設定ができるようになりますよ。

ミックスの方法は下記ブログを参考にしてください。

・ノイズ除去

・音源を聞いたときノイズが気になる
・ノイズを除去する方法を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「音の修復・ノイズ除去」を実践すれば、初心者でもあなたの気になるノイズを除去することができるかもしれません。

ノイズ除去ソフトは、単体としても起動しますし、Cubase内で使うこともできます。

まずは、ノイズの種類を確認しましょう。

詳細は下記。

・音をフェードアウトする方法

・曲終わりに音を小さくしてフェードアウトしたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「CubaseでAudioデータをフェードアウトする方法」を実践すれば、初心者でもフェードアウトができますよ。

フェードアウトする方法は下記ブログを参考にしてください。

・移調する方法

・Cubaseでキーを移調したい
・どうすれば移調できるのか

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「自分の歌いやすいキーに移調する方法」を実践すれば、初心者でも簡単に移調ができますよ。

mp3やWAVの音源や、midiデータを移調する方法は下記ブログを参考にしてください。

・midiの使い方

・midiの使い方を知りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する、「midiの使い方」を実践すれば、初心者でもmidiで楽曲が作れるようになります。

midiの使い方は下記ブログを参考にしてください。

・楽譜を作る方法

・Cubaseで楽譜を作りたい

この悩みを解決できる記事を用意しました。

下記記事で紹介する「ボカロの楽譜を無料で作成する方法」を実践すれば、初心者でも楽譜を作ることができますよ。

楽譜を作る方法は、下記ブログを参考にしてください。

・Cubaseのプラグインについて

・VSTって何?

Cubaseを使っていると、避けて通れない言葉。

それが、VST。

VSTとはプラグインのことです。

VSTには、

・エフェクト機能
・インストルメント(楽器)機能

があります。

たまに、VSTiという表記を見かけることがありますが、これはVST Instrumentsのことですね。

例えば、オーバードライブのエフェクトをかけるVSTや、ドラムの楽器のVSTがあります。

・プラグインはどこで買っている?

WAVESiZotopeTOONTRACKで買っています。

・WAVES

Waves Audio Ltd.は、録音、ミキシング、マスタリング、ポストプロダクション、放送、ライブサウンドで使用されるプロフェッショナルなデジタルオーディオ信号処理技術とオーディオエフェクトを開発する会社でありサプライヤーである。イスラエルのテルアビブに本社と主要な開発施設があり、アメリカ、中国、台湾に支店、さらにインドとウクライナに開発センターがある。

Wikipedia WAVES

となってます。

私はここで、

Abby Road Reverve Plateというものを買いました。

これは、歌にリバーブを付け加えるプラグインです。

・iZotope

iZotope, Inc.は、米国マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とするオーディオテクノロジー企業。iZotopeは、さまざまなデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)プログラムで使用できる、オーディオレコーディング、ミキシング、ブロードキャスト、サウンドデザイン、およびマスタリング用のプロフェッショナルオーディオソフトウェアを開発している。

Wikipedia iZotope

私は、ここで、iZotope RX8を買いました。

音源のノイズを消すプラグインです。

・TOONTRACK

『EZ DRUMMER』をはじめとした様々な製品展開で世界的に有名なブランド"TOONTRACK社"。ビギナーからプロまで全ての音楽制作者が満足する製品群をラインナップ。特にカスタムソフトウェアと融合したドラム音源の素晴らしさは脅威的であり、揺ぎない世界NO.1クオリティレベルである。 (デベロッパー所在地:スウェーデン)

SONICWIRE

私はここで、EZ DRUMMER2とGRAND PIANOを購入しました。

前者は、ドラムのループを作れるプラグインで、ドラムのループが簡単に検索で見つかります。

後者は、グランドピアノの楽器が奏でることができるプラグインです。

・プラグインはいつ買う?

プラグインは山ほどあります。

その中で自分に会うのを見つけるのは大変ですが、めっちゃいいプラグインに出会えた時は感動ものですよね。

でも、課題が見つからないうちは、買わなくてOKかもしれません。

なにせ、何を買ったらいいか初めのうちは分からないもの。

CUBASEには付属されている基本プラグインがあります。

・ミックスで、圧縮(コンプレッサー)を使う
・リバーブをかける
・ピアノを使う

まずは、Cubase付属のものを使ってみてください。

それと、Cubaseをアップグレードしても使えるものも増えていきます。

そこで物足りなさを感じたとき、プラグインを買ってみるのがいいと思います。

その時は、こんな音作りがしたいんだという課題が見えてるはず。

そこでプラグインを買って試してみる。

お気に入りを探してみてください。

・まとめ

Cubaseを使いこなせるようになれば、音源を作り出すことができ、曲のリリースなどができるようになります。

エレキギターを扱うならCubase Elementsがおすすめです。

Cubase Elements 12 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

Cubase Elements 12 DAWソフトフェア【サウンドハウスで見る】

VST Amp RackというプラグインがElementsには付属されており、オーバードライブが使えますよ。

無料でCubaseを使いたい方は、Cubase AIがバンドルされている商品を探してみてください。

Cubaseの無料版!Cubase AIがバンドル(付属)されている商品

それではまとめです。

この記事では、ギターで録音して、音楽データをエクスポートする方法を解説しました。

また、下記、Cubaseの各種操作方法を解説しました。

・ボカロの使い方
・ドラムの打ち込み方
・ギターに歪エフェクトを与える方法
・ミックスの方法
・ノイズ除去の方法
・音をフェードアウトする方法
・移調する方法
・midiの使い方
・楽譜の作り方

Cubaseを使うのはとても簡単なので、ぜひ使ってみてください。

※流行りのボカロを選ぼう

今流行っているボカロを知ってますか?

たくさんの人が好きなボイスについて調べてみました。

詳細は下記。

ボカロ徹底比較!何のボイスバンクを使う?流行り曲から調べてみた

※ボカロpvを作ってYoutubeに投稿しよう

お金に余裕がある方は、ボカロpvを作ってみましょう。

pvは、ミュージックビデオのことです。

pvを投稿すればYoutubeの反応もよくなりますよ。

pvを作るにはイラストレーターとタッグを組むのが一番です。

イラストレーターとタッグを組む方法は知っていますか?

誰でもできる具体的方法は下記。

ボカロpvの作り方!イラストレーターとタッグを組む方法【pvあり】

ご参考になれば幸いです。

Musicのまとめ記事に戻る

ボカロで音楽活動を始める方法

-DAW, MUSIC, 音楽活動の指南書
-, , ,