CubaseのMixConsoleを出してフェーダーを調節している様子。

DAW MUSIC 音楽活動の指南書

スマホの音割れ発生を防ぐには?DTMミキシングのコツ【Cubase】

公開日2020/8/10 更新日2021/9/3

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

DAWで一生懸命ミキシングをしても、スマホで聴くと音割れすると悩んでませんか?

「自分のパソコンがおかしいのでは?」と疑ってしまうケースもあると思います。

実は、これはミキシングをする人共通の悩みなのです。

DAWでオーディオインターフェイスで聴きながらミキシングするときは、バランスのとれたいい音に聞こえるのに、スマホで聴くと音のバランスが悪かったり音が割れたりするんです。

私は、これまでオーディオインターフェイスの音でミキシングの最終チェックをしてました。

でも、あるとき友人に指摘されたんですね。

ほとんどの人はスマホで音楽を聞くから、スマホベースで音のチェックをすべきだと。

これは一本取られました。

いくら、オーディオインターフェイスを通した音を聞いて最高の音になったとしても、いざスマホできくと音割れが発生していては、だめだったんだなと。

スマホで音割れを発生しない方法が分かりましたので、それを紹介します。

それは、フェーダー調節とリミッターの活用です。

目次は次の通りです。

・スマホ音割れ対策【ミキシングのコツ】

・スマホで聴くと音割れが発生してしまう

ミキシングで大切なことは、スマホで聴いたときに音割れがしないようにすることです。

いくらヘッドホンをつけて、いいオーディオで聴いて良音だったとしても、たくさんの人が聞くスマホで悪い音だったら、意味ないですよね。

たくさんのアーティストが、スマホの聞こえ方とオーディオの聞こえ方が異なるということに悩んでます。

せめて、スマホでは音割れをしないようにミキシングができたらいいですよね。

そのコツをお話します。

なお、CubaseのAI 9を使って解説しますが、基本的に考え方はどのDAWソフトを使っても同じです。

・ボリューム調整【フェーダー】

それぞれの楽器の音量を調節するために、フェーダーを使います。

「デバイス」→「MixConsole」で開きます。

すると、各楽器の音量を調節できるフェーダーが表示されます。

音の大きさは、緑のインジケーターで示されています。

もし、このインジケーターが、あるラインを超える(スレッショルド)と、オレンジ色になります。

曲を再生中に、オレンジ色になったら注意です。

オレンジ色になった場合は、スマホで聴くと、音割れしている可能性があります

オーディオインターフェイスを使うと、オレンジ色でも迫力のあるいい感じに聞こえるときがあるので、なおさら注意ですね。

もし、インジケーターがオレンジ色になっていたら、フェーダーを下げて、緑のラインに収まるようにしてください

・マスタートラックにリミッターをかける

さて、フェーダーを下げるという手動の方法以外にも、リミッターというプラグインを使うことで、マスターのトラックに対して、ボリュームの制限を加えることができます。

リミッターは、出力レベルを設定したスレッショルド以下に抑えて、チェーン内のあとのエフェクトにクリッピングが起きないようにすることを目的としています。

ここでポイントとなるのが、マスタートラックにリミッターをかけるということです。

なぜなら、いくら各トラックにリミッターをかけても、ミックスされたときにマスタートラックのゲージがオレンジになっていたら、音割れが発生します。

下記のようにマスタートラックのリミッターのOutputを0.0dBにしておくと、0dBを超えたものをカットしてくれます

ミックス時に利用するリミッター。

・まとめ

音源の最終確認としてスマホで聴くことを忘れないでください。

なぜなら、オーディオインターフェイスで聴いた時にいい感じだとしても、スマホで音割れしている場合があるからです。

スマホで音割れが発生するときは、マスタートラックの緑のインジケーターがスレッショルドに達しオレンジ色にならないようにすることが大切です。

また、マスタートラックにリミッターをかけることで、手っ取り早くスマホ音割れ対策ができます。

※ボカロpvを作ってYoutubeに投稿しよう

お金に余裕がある方は、ボカロpvを作ってみましょう。

pvは、ミュージックビデオのことです。

pvを投稿すればYoutubeの反応もよくなりますよ。

pvを作るにはイラストレーターとタッグを組むのが一番です。

イラストレーターとタッグを組む方法は知っていますか?

誰でもできる具体的方法は下記。

ボカロpvの作り方!イラストレーターとタッグを組む方法【pvあり】

以上、参考になれば幸いです。

MUSICに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-DAW, MUSIC, 音楽活動の指南書
-, , ,