MUSIC 作曲 音楽活動の指南書

作曲を上達させるためにやるべきこと

公開日2019/8/23 更新日2021/8/18

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

どうやったら思うように作曲ができるようになるのだろうと疑問に思いませんか?

初心者の方は少し作曲に取り組んでは、違和感を感じてやめてしまうことがあるかもしれません。

私は、今でこそ自分の曲作りに対して自信を持てるようになりましたが、作曲の初めの頃は違和感を良く感じたものでした。

50曲は作りました。

すべてに、ギターで歌のメロディーや伴奏を作って、ピアノやドラムを入れて試行錯誤しました。

また、今ではボカロを19曲ほどリリースしています。

当初、完成品に満足がいがず、作り直しが多かったです。

しかし、その作り直しの回数も曲を作るごとに減っていったんですね。

私が作曲で上達したなと思う行動について解説します。

作曲を毎日実践するというのは、とても効果的です。

作曲する意識が芽生えれば自然とメロディーや表現を探すようになります。

また、たくさんの音楽を聞くというのも大切で、自分の好きなアーティストの影響を受けるといいと思います。

楽譜を読んで演奏する練習も効果的で、曲の構成を学べたり、音の重なりの作り方が学べます。

おすすめなのは、バンドスコアを買ってきて、MINIに打ち込みをする方法です。

プロの曲の作り方が学べますよ。

詳細は本編でお話します。

目次は次の通りです。

・作曲を上達させるためにやるべきこと

・作曲を毎日実践する

教則本やブログを読んでみる前に、まずは自分で作曲を実践してみてください。

始めは、単音のメロディーだけでもいいと思います。

慣れるにしたがって、和音を入れていくといいと思います。

たくさん楽器を触ったり、音楽を経験してからじゃないと作曲ができないというマインドだと、一向に進みません。

やってみることで、作曲とはどんなものか知る必要があります。

そして、ポイントは毎日作曲すること

それを100日続けてみてください。

やりながらコツが見つかると思います。

まずは、作曲の実践あるのみです。

・表現を模索する

作曲をすると、これはどうやって表現したらいいのかと、音楽を自分で作り出す方法を模索するようになり、これが自分への問い(フィードバック)となり上達します。

音楽を聴いてインプットをたくさんするだけでなく、自分で作曲してアウトプットする機会を増やすことで、音楽の才能が開花します。

・たくさんの音楽を聞く

どんな曲が作曲できるのかは、どんなフィーリングを持っているかによりますが、これまで聞いてきた音楽から影響を受けると思います。

好きな音楽は聴き倒すぐらいがいいかもしれませんね。

・楽譜を読んで演奏する

主流な練習法かもしれませんが、誰かの曲を演奏するのも上達する方法の一つだと思います。

表現を学ぶだけでなくて、演奏スキルも学べます。

私は、クラッシックをギターで練習していたのですが、そのおかげでアルペジオができるようになりました。

クラシックで学ぶアルペジオは本当にお勧めです。

私はまだまだですが、音の配置なども自然と覚えられます。

・バンドスコアをMIDIに打ち込みをする

好きなアーティストの曲を丸々MIDIに打ち込みをすると勉強になります。

バンドスコアを買ってきて、ボーカル、ギター、キーボード、ドラムを入れていきます。

私はギターがメインなのですが、ドラムの譜面の読み方を知らなかったので、勉強になりました。

私はBump of chikinの「Ray」という曲や、DAOKO×米津の「打ち上げ花火」の曲をMidiに打ち込みをしてみました。

・ボーカルスクールに通ってみる

自分の歌に自信がない人でも、ボーカルスクールに通ってみるのもいいかもしれません。

歌う練習しながら先生から歌い方のヒントを得ることができます。

自分で歌を歌わないソングライターの方も、自分の歌を歌ってくれるシンガーと出会う機会になるかもしれませんね。

私は一年ほどボーカルスクールに通いましたが、腹式呼吸法をしながら音階を歌ったり、裏声と地声を交互に出す練習をしたりとてもいい経験をしました。

https://soublog-goodluck.com/want-to-improve-karaoke/

・作曲教室に通ってみる

私自身、音楽暦20年たっても、誰かから学ぶことは大切だと感じています。

なぜかというと、もし独学を1年した場合は、1年分のスキルや知識しか溜まりません

しかし、音楽暦20年の講師から学んだ場合は、凝縮して20年分のスキルや知識が溜まります

音楽活動をブーストさせるにはもってこいだと思うんですね。

・まとめ

まとめると自分一人でできて作曲を上達させる上で特にいいと思うのは次の項目です。

・作曲を毎日実践する
・表現を模索する
・たくさんの音楽を聞き、好きな音楽の影響を受ける
・楽譜を読んで演奏する
・バンドスコアをMIDIに打ち込みをする

また、

・ボーカルスクールに通ってみる
・作曲教室に習いにいく

のも有益だと思います。

参考になれば幸いです。

MUSICに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-MUSIC, 作曲, 音楽活動の指南書
-,