「初心者向け、MIDIキーボードの選び方」と書かれたサムネ。

MUSIC ボカロ 音楽活動の指南書

ボカロでMIDIキーボードはどれを使えばいい?初心者向け

2022年4月24日

颯 Souのイラスト

soublogについて

  • 音楽ブログだよ!
  • 「soublog」と覚えてね
  • soublogトップページはこちら
  • 筆者は颯 Souで作曲家のフリーランス
  • 作曲実績は、AWA動画広告BGMプログラムにて採用

ボカロを始めたいけど、MIDIキーボードはどれを選べばいいだろう。

できるだけ、シンプルな物がいい。

この悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「MIDIキーボードの選び方」を読むと、初心者でも扱えるMIDIキーボードが見つかりますよ。

なぜなら、私もこのキーボードを実際に購入して、ボカロ作曲を20曲ほどしましたが、とても扱いやすかったです。

エントリーモデルとは言え、今でも使ってますし、素人だけじゃなくて上級者でも、もちろん使えます。

記事前半では「MIDIキーボードについて」、記事後半では「ボカロ初心者におすすめのMIDIキーボード」を解説するので、じっくり読んでくださいね。

・MIDIキーボードとは

MIDIキーボードとは、作曲ソフトを使ってMIDI情報を入力するためのコントローラーです。

MIDI自身に音源は内蔵されておらず、作曲ソフトと併用して使うのが一般的です。

・ピアノが弾ける技術がなくても作曲はできる

指一本で、キーボードに入力さえできればいいので、鍵盤が弾けなくても、問題なしです。

音を1つ1つ探りながら入力することができます。

・MIDIキーボードが必要な理由

・効率的にMIDI情報を入れるため

MIDIキーボードが必要な理由は、それは、効率的にMIDI情報を入れていくためです。

例えば、鍵盤のドを押せば、ドが入力されるように、いちいちマウスでクリックせずともダイレクトに入力できます。

・マウス入力ではフィーリングが失われるため

マウスで、フレットに入力してmidi情報を入れていくこともできます。

しかし、この方法だと、1音、1音いれていくことになり、曲の流れを感じながらインプットしていくことができません。

ピアノの鍵盤を触りながら入力するからこそ、いいフィーリングで作曲できるのです。

・伴奏に合わせてボカロを入力するため

ちなみに、ボカロもmidiキーボードで入力していきます。

伴奏をかけながら、midiキーボードで歌の音程を入力していくことができます。

・MIDIキーボードの選び方

・鍵盤の数

MIDIキーボードの選ぶポイントとして、鍵盤の数があります。

鍵盤が少なくても、オクターブ上げたり、下げたりするスイッチがついている場合は、音域に関係なくMIDI情報をインプットできます。

しかし、鍵盤が少なすぎると、操作性が悪くなります。

ある程度の鍵盤数がほしいところ。

あなたのDTMの机のサイズに合う、鍵盤を探してみてください。

・接続

・MIDIとパソコンの接続が、ワイヤレスなのかUSBなのか、確認しておきましょう。

・ボカロ初心者におすすめなMIDIキーボード

・KORGのmicroKEY Air

初心者におすすめなキーボードは、KORGのmicroKEY Air のMIDIキーボードです。

KORGはシンセサイザーやデジタルピアノなど電子楽器を製造、販売しているメーカーです。

昔、大学で軽音サークルに所属していたときから、ボックスと呼ばれる音響設備のととのった部室に、KORGのシンセサイザーが置いてあったのでよく目にしていました。

KORGは有名なメーカーです。

鍵盤は種類あります。

・25鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-25 AIR【サウンドハウスで見る】

KORG ( コルグ ) / microKEY2-25 AIR【サウンドハウスで見る】

・37鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-37 AIR【サウンドハウスで見る】

KORG ( コルグ ) / microKEY2-37 AIR【サウンドハウスで見る】

・49鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-49 AIR【サウンドハウスで見る】

KORG ( コルグ ) / microKEY2-49 AIR【サウンドハウスで見る】

・61鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-61 AIR【サウンドハウスで見る】

KORG ( コルグ ) / microKEY2-61 AIR【サウンドハウスで見る】

私自身、37鍵盤のmicroKEYのMIDIキーボードを使っています。

・microKEY Airの特徴

・複雑なスイッチ類がなくシンプルな作り

まず、見た目どおり、シンプルな作りになっています。

スイッチがないから、機能が劣っているわけではありません。

DAWはパソコンで動作するので、必要なスイッチはすべてモニターの中にあるからです。

余計なスイッチでスペースをとられません。

鍵盤が少ないものも、左側のスイッチでオクターブを上げたり下げたりできます。

なので、25鍵盤でも問題なく使えます。

・Bluetooth ワイヤレスに対応

ワイヤレスに対応しているというのも選ばれるポイントです。

動作環境(2022年6月6日調べ)は、

WindowsWindows8.1がインストールされ、Bluetooth4.0に対応しているWindows
macOS X Yosemite10.10以降がインストールされ、Bluetooth4.0に対応しているmac
iOSiOS 8以降がインストールされ、Bluetooth4.0に対応しているiPhone/iPad

・USBにももちろん対応

USBの動作環境(2022年6月6日調べ)は、

WindowsMicrosoft Windows7 SP1以降(32bit/64bit)
macOS X Mountain Lion 10.8 以降
iOSiOS8以降

ワイヤレスの動作環境に対応していなくても、USBで接続できたら問題なしですね。

動作環境を参照したKORGのサポートページはこちら

各種、マニュアルがダウンロードできますよ。

・microKEY AirのAmazonの商品リンクはこちら

鍵盤数が多いから高いわけではありません。

人気なものは高い傾向にあります。

・25鍵盤

・37鍵盤

・49鍵盤

・61鍵盤

・よくある質問

・Microkey Airが売り切れているのはなぜ?

時によって、在庫がない場合があります。

Microkey Airは人気商品で、Amazon Choiceに選ばれている商品になります。

また、サウンドハウスでもベストセラーに選ばれています。

なので、在庫を調べるときは、Amazon、サウンドハウスで見比べてみるといいと思いますよ。

両方の価格を見比べて、お得に入手してみてください!

商品リンクは、下記、まとめに貼っておきます。

・まとめ

MIDIキーボードを準備して、ボカロ曲を作っていきましょう。

MIDIキーボードを使ってボカロで歌を歌わせると、感激しますよ!

商品リンク下記。

Amazonとサウンドハウスの両方を添付しておきます。

・25鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-25 AIR【サウンドハウスで見る】

・37鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-37 AIR【サウンドハウスで見る】

・49鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-49 AIR【サウンドハウスで見る】

・61鍵盤

KORG ( コルグ ) / microKEY2-61 AIR【サウンドハウスで見る】

それではまとめです。

MIDIキーボードとは、作曲ソフトを使ってMIDI情報を入力するためのコントローラーです。

鍵盤が弾けなくても、MIDIキーボードを使って作曲していくことができます。

MIDIキーボードが必要な理由は、

・効率的にmidi情報をいれていくため
・曲の流れをつかむため
・伴奏に合わせてボカロを入力するため

です。

ボカロ初心者におすすめなキーボードは、KORGのmicroKEY Air のMIDIキーボードです。

特徴は、

・複雑なスイッチ類がなくシンプルな作り
・ワイヤレス接続ができる
・USB接続もできる

です。

以上、参考になれば幸いです。

Musicのまとめ記事に戻る

ボカロで音楽活動を始める方法

-MUSIC, ボカロ, 音楽活動の指南書
-, ,