作曲のロードマップの立て方!着地点の確認と目標の設定

作曲のロードマップの立て方!着地点の確認と目標の設定
2019年9月26日
公開日2019/09/26, 更新日2020/2/23

作曲のロードマップの立て方!着地点の確認と目標の設定

・はじめに

私の考えるロードマップを簡単にまとめます。

・自分の夢に対して着地点を確認せず思考停止すると何も進まない
・着地点
・さらに進んだ着地点
・継続で景色は変わる
・海に漂う船の船員
・目標は3段階で設定する
・目標を再考する

それでは、解説していきます。

・自分の夢に対して着地点を確認せず思考停止すると何も進まない

作曲家なんて、自分には無理だし、芸術でなんかお金を稼ぐことはできないし、とここで思考停止してしまう場合があります。

また、夢という言葉を使うと、今更とか思う方もいるかもしれません。

よく、活躍してる有名な方を見たとき、すごいなと思いつつ、自分には到底無理だと思うこともあるかもしれません。

それは、結果だけを見ているからだと言えます。

あの人は、Youtubeで100万人もフォロワーがいる。

結果だけ見ると、確かに、自分には無理だと思うかもしれません。

しかし重要なのは、原因を考えることです。

なぜあの人は、Youtubeで100万人もフォロワーがいるのだろうかと考えるのが大切です。

過去の動画を見直すと何かわかるかもしれませんよね。

その方も、才能だけでなく、たくさんの時間を投資して、今があるのではないでしょうか。

原因を考え、その一歩一歩を、自分ごとに置きなおすと、少しは夢に対して、正面から向き合えるようになるかもしれません。

・着地点

作曲家で活動をする上で、着地点をはじめに考えてあらかじめイメージしておくのは大切なことだとおもいます。

例 作曲してどうなりたい?

作曲して、どういった舞台で活躍していることを想像しますか?

有名なアーティストやバンドに、音楽を提供することでしょうか?

それとも自分で活動していくためのものでしょうか?

これは、どちらにしても、有名になることを目指していると言えます。

では、有名になってしまっていいのか? という問いが思い浮かびます。

今の学校や、仕事はどうしますか?

ずっと、継続して音楽活動をして、やっと有名になれたとしましょう。

でも、お金は入ってこない。

音楽では食べていけない。

結構、よくある話だと思います。

事前に、そういったことも考えておくと、あとで対策ができます。

・さらに進んだ着地点

もしあなたが、年に1千万を稼ぐ作曲家になった場合はどうしますか?

そんなことは考えないですか?

では、1億かせげるようになったら?

音楽するのだから、大きな夢を頭に描くのも大切だと思います。

・継続で景色は変わる

活動を続けると見える景色がかわります。

もちろん、はじめに見えていた問題は、問題でないかもしれません。

そして、活動を続けていると景色が変わって、はじめに考えていたことと、まったく違う着地点を進むことができるかもしれません。

それでは、着地点の確認の次は、目標の立て方について解説します。

・海に漂う船の船員

もし、海で漂流した時のことをイメージしてください。

最初の1日は、みんな何とかしようと、漕ぎ続けるでしょうが、丸一日漕ぎ続けても陸が見えてこなければ、いずれ目標を失って、絶命するかもしれません。

どうやっても、陸は見えてこない。

もう駄目だと。

でも、もし一日であきらめず、もし二日、三日がんばっていれば、陸地が見つかる可能性だってあります。

目標の持つ意味は、モチベーションを高くたもつところにあると思います。

目標をもっていれば、あと二日、三日がんばれるかもしれませんよね。

・目標は3段階で設定する

・絶対にできるレベル
・真ん中のレベル
・困難なレベル

このように考えます。例えば、目標が、売れる作曲家になろうと考えたとします。これは、困難なレベルですよね。

売れる作曲家になると決めて、目標を設定しなければ、ただただ漂流するだけで、あきらめてしまいそうです。

では、絶対にできるレベル次に考えます。まだ、一曲も書いたことがない方の場合は、1曲書くというのはどうでしょうか。

では真ん中のレベルを考えます。SNSでフォロワー1000人はどうでしょうか?

整理すると、

・絶対にできるレベル:1曲書く
・真ん中のレベル:SNSでフォロワー1000人作る
・困難なレベル:売れる作曲家になる

どうでしょうか?

最初に、売れる作曲家になるという大きな目標から、まずは1曲書くという第一ステップがきまりましたね。

1曲書いた後は、どうでしょうか?次の目標はSNSで1000人フォロワーを作ることです。

・目標を再考する

さて、これも困難なレベルですね。それでは、これを困難なレベルとしてもう一度再考してみます。

絶対にできるレベル:フォロワー10人作る。
真ん中のレベル:フォロワー100人を作る。
困難なレベル:フォロワー1000人作る。

こうすると、次のステップは、フォロワーを10人作ることだというのがわかります。

このように、徐々にレベルを設定していき、こなしていけば、高いモチベーションを保ちながら、上を目指していくことができます。

MUSICに戻る