作曲の時間を作る7つの方法!心のゆとりはこうして作る

作曲の時間を作る7つの方法!心のゆとりはこうして作る
2019年9月5日
公開日2019/09/05, 更新日2020/2/23

・はじめに

毎日忙しく過ごしていると、作曲をしている時間なんてないっていう方もいると思います。

作曲家を目指すにあたって、時間を作らなくてはいけません。

では、どうやって作ればいいのでしょうか?

朝起きて、電車に乗って会社に通勤、仕事をこなして、帰宅の準備、家でごろごろ過ごして。。。気づいたら23時。

こんな毎日だと、自分の時間を作れないですよね。

私の考える作曲の時間の作り方を簡単にまとめます。

目次は次の通りです。

  • 作曲には時間のゆとりが必要
  • 会社の近くに住む
  • 通勤時間を利用する
  • 誘いを断る
  • 習慣化する
  • 習慣をやめる
  • 料理をやめる
  • 便利家電を利用する
  • まとめ

それでは、解説していきます。

・作曲には時間のゆとりが必要

クリエイティブな仕事をしている人にとって、時間のゆとりは大切です。

それは、作曲のメロディーというのは、考えようと思って出てくるというよりは、何かのタイミングでふと出てくるものだと思うからです。

なので、ゆとりを感じて、フィーリングを高めるには、時間が必要です。

また、時間が必要なのは作曲に限ったことではありません。

家族との時間を作るため、自分のプライベートの時間を作るためにも活用できます。

時間の作り方について、7つのポイントを紹介します。

・会社の近くに住む

例えば、会社の近くに住むのも一つだと思います。

通勤に往復2時間使う場合、1か月で40時間、一年で480時間になります。

この時間を削れば、1か月1曲を作るはできそうです。

・通勤時間を利用する

毎日往復2時間、電車で通勤に使っている場合は、通勤時間を利用するのも手です。

歌詞のアイデアを考えることは、電車の中でもできると思います。

もし、車通勤な人は、電車に切り替えてみるのもいいかもしれません。

・誘いを断る

飲みの誘いや、自分にどってどうでもいい付き合いは、一度断ってもいいかもしれません。

一回の飲み会で3000円使うなら、そのお金で本を買ったり、カフェで自分の時間を過ごしたほうが、自分のためになるという方もいます。

・習慣化する

帰宅して、ソファーに寝転がってTVをつけると、あっという間に3時間経過することもあるのではないでしょうか。

そういった時間も大切ですが、毎日となると、もったいない。

帰ってきたら、近くのカフェに向かうことを習慣にすることをお勧めします。

カフェに来たら、嫌でも時間ができます。

例えば、作曲をする場合であった場合も、カフェで、歌詞を書いたりできます。

・習慣をやめる

優先順位を考えた場合、普段行っている習慣は本当に必要かを考えてみることです。

・週刊少年ジャンプを読む時間
・習い事をする時間
・体を鍛える時間

回数を減らしたりすることも考えてみてはいかがでしょうか。

・料理をやめる

料理を作るのをやめる手もあります。

最近、料理の宅配をはじめたのですが、こんなメリットがありました。

・食材を買いにいく手間が省ける
・料理を作る手間が省ける
・健康管理が簡単で、体重が落ちる

私が始めた料理の宅配サービスは、nosh-ナッシュです。

このサービスを使ってみて、とても満足しています。

料理をすることが楽しいと感じるのは、それが義務でないときではないでしょうか。

平日は、宅配にし、土日だけ好きな食材を使って料理を楽しむ、そんな選択ができます。

・便利家電を利用する

自動食洗器や、乾燥機付き自動洗濯機を購入するのもいいと思います。

皿を洗う時間や、洗濯物を干す時間が削減できます。

・まとめ

時間を作り出したい方は、紹介したことを試してみてください。

ポイントを整理しておきます。

・会社の近くに住む
・通勤時間を利用する
・誘いを断る
・習慣化する
・習慣をやめる
・料理をやめる
・便利家電を利用する

参考になれば幸いです。

ボカロPになるには!ボカロ作曲まとめ講座
公開日2019/10/02, 更新日2020/3/20 ・はじめに こんにちは、颯 Souです。 アーティスト名はsou.universeとしてボカロを使った作…
soublog-goodluck.com

MUSICに戻る