音楽で成功するために!跳躍するための踏み台を考える

音楽で成功するために!跳躍するための踏み台を考える

2019年10月25日
MUSIC
公開日2019/10/25, 更新日2020/10/4

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog401記事/月1万7千PV/
ラズパイ・Python実験中

音楽を始めたけど、どうやってフォロワーを増やせばいいだろうかと悩んでいませんか?

地道にライブハウスで演奏や客引きをしているけど、ぜんぜん集まらないと嘆いているかもしれません。

私は、オリジナルバンドをしていたことがあり、ライブの集客の難しさをしっています。

集客の解決方法としては、SNSを活用すべきです。

SNSを活用すれば、わざわざ人と合わなくても人と接点を持つことが可能なんですね。

では、どのようにSNSを活用すればいいのか?

やみくもにSNSで発信していても、たくさんやっている人の中に埋もれています。

1つ頭を出すには、工夫が必要です。

その跳躍するための踏み台とは?

について解説していきます。

目次は次の通りです。

  • 音楽で成功するために
    ・踏み台を考える
    ・SNSでカラオケの歌を投稿する人の場合
    ・SNSにピアノを投稿する人の場合
    ・SNSで作曲を投稿している人の場合
  • まとめ

それでは、解説します。

・音楽で成功するために

踏み台を考える

音楽でファンをしていくには、SNSを活用しない手はないです。

でも、やみくもにSNSで発信してもフォロワーは増えないです。

SNSで一気に跳躍するための踏み台を考えてみます。

普段、何も気にせず活動をするよりも、踏み台を考えて、いつかその踏み台を踏むんだと思って活動をされたほうが、やる気もでると思います。

・SNSでカラオケの歌を投稿する人の場合

例えば、毎日カラオケで既存の歌を歌って、SNSに投稿している人がいるとしましょう。

自分の力でフォロワーを1000人にすることができたとします。

ではその人にとって、それ以上伸ばすための踏み台とは何でしょうか。

もうすでに、フォロワーはたくさんいるので、この場合の踏み台とは、オリジナルの曲を歌うということです。

それが、とても素敵なオリジナルだった場合、跳躍する可能性を秘めています。

もしくは、バンド活動もいいかもしれません。

オリジナルができたら、バンド活動です。

バンド活動をして、SNSで流すのです。

これまでは、SNSでカラオケで一人で歌っていた姿を流していたのに対し、バンド演奏を流すという意味で、新しさがあると思います。

今まで、カラオケを歌っていた人が、バンドでボーカルをしてる!!

SNSでそんな姿を見たら、応援したくなりますよね。

・SNSにピアノを投稿する人の場合

ピアノを演奏して、投稿している人がいるとしましょう。

もし、ピアノでたくさんの人に認知されたいのであれば、踏み台はコンテスト出場です。

コンテストで受賞すれば、認知が拡大されます。

ホームページやブログ、SNSに情報を公開できます。

また、別の踏み台は、オリジナルのクラシックの作曲です。

クラッシックを勉強され、コンテストの受賞もできるとなれば、オリジナルの曲を聴きたいひともたくさんいることだと思います。

もし、その曲をYoutubeなどで披露して、ホームページやブログ、SNSで発信すれば、踏み台になるかもしれません。

・SNSで作曲を投稿している人の場合

毎日作曲して、オリジナル曲を投稿している人の場合です。

すでにボーカロイドで歌わしている事例を考えると、誰かとコラボして、オリジナル曲を歌ってもらうというのが、フォロワーを伸ばす踏み台になります。

なぜなら、歌い手にはフォロワーがいて、その方々に、オリジナル曲を聴いてもらえるということは、曲を受け入れてもらいやすいからです。

自分でオリジナルを歌ってみるのもいいかと思います。

ファンの人からすれば作曲家の人はどんな声をしているのかとか、興味深々ではないでしょうか。

・まとめ

それぞれのケースで紹介した踏み台に、

・オリジナルを作曲する
・コンテストに出場する
・コラボをする

を挙げました。

SNSを垂れ流すだけの人にとっては、これらの取り組みは一つレベルの高いものとなります。

あなたの発信の魅力を高めることになります。

跳躍する可能性があるのなら、やってみたくなりませんでしたか?

今のことを続けていてもダメなら、ぜひ新たな踏み台を設定して、チャレンジしてみてください。

以上、参考になれば幸いです。

MUSICに戻る