【20分で0→1を作る】WordPressでのブログの作り方の徹底解説【エックスサーバー】

【20分で0→1を作る】WordPressでのブログの作り方の徹底解説【エックスサーバー】

2021年7月5日

公開日2021/7/5 更新日2021/7/26

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

颯 Souのイラスト

ブログを作ってみたいけど難しそう。

そんな方のために、ブログの始め方を丁寧に解説していきます。

手順を示していますので、解説通りに進めることで、WordPressを始めることができます。

目次は次の通りです。

  • WordPressでブログの始め方
    ・STEP1 レンタルサーバー(土地)を借りる
    ・STEP2 独自ドメイン(住所)を取る
    ・STEP3 ドメインとサーバーを紐づける(工事)
    ・STEP 4 WordPressを簡単インストールする(家を建てる)
    ・STEP 5 WordPress初期設定
    ・STEP 6 アフィリエイトの準備(無料でASPに登録
    ・STEP 7 便利なツール
  • ・まとめ

それでは解説します。

・WordPressのブログの作り方

WordPressでブログを始めるには、まず手順を理解することから始めましょう。

手順は、家づくりで例えられることが多いです。

①土地を借りて、②土地の住所を決めて、③工事をして、④家を建てる。

これが、①レンタルサーバーを借りて、②ドメインをとって、③レンタルサーバーとドメインを紐づけて、④ワードプレスをインストールする。

こんなイメージです。

つまり、

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP1: 土地 レンタルサーバー
STEP2: 住所 ドメイン
STEP3: 工事 紐づけ
STEP4: 家 WordPress

STEP 1 土地=レンタルサーバーを借りる
STEP 2 住所=ドメインを決める
STEP 3 工事=サーバーとドメインの結びつきける
STEP 4 家=WordPressをサーバーにインストール

それでは順を追ってSTEP事に解説していきます。

STEP1 レンタルサーバー(土地)を借りる

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP1: 土地 レンタルサーバー

まずはレンタルサーバーを借りる必要があります。

え、レンタルサーバー借りるの難しいんじゃ?

そう思うかもしれませんが、簡単です。

世の中にはたくさんのレンタルサーバーがあります。

その中でも、人気のレンタルサーバーがエックスサーバーです。

・エックスサーバー(XSERVER)とは?

エックスサーバー(XSERVER)は有名ブロガーにも人気でハイスペックで高速なレンタルサーバーです。

2020年2月26日時点のhostadvice.com調べでは、国内シェアNo.1となってます。

また、2020年2月14日~2020年2月20日、XSERVER社調べによると、サーバー速度No.1となっています。

サーバー速度は、SEOの評価にもかかわってきますので、高速なのはうれしいですね。

また、なんといっても大量アクセスの負荷耐性があるのはポイントかもしれません。

これから、ブログを大きく育てていきたい人向けですね。

容量が300GBもあれば、そうそう使い切れる容量ではありません。

・XSERVERはこんな人におすすめ

・SEOで評価されるのは高速で安定なサイトだと思う。
・これまで低速なレンタルサーバーでマイナス評価を受けてきた。
・トップブロガーと同等の環境がほしい

・XSERVERがおすすめな理由

XSERVERがおすすめなのは、nginxというWebサーバーだからです。

XSERVERによると、

「nginx(エンジンエックス)」とは、大量の同時アクセスの処理に最適化され、静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーです。突発的にPC・スマートフォンなどからアクセスが集中した場合でも高速かつ安定したWebサイトの運営が可能です。

とあります。

ApacheとNginxについて比較について、Qiitaの「ApacheとNginxについて比較」によると、

処理能力に関して、ApacheよりもNginxの方が1.47倍高い結果もでている

と結論づけています。

つまり、高速で安定したWebサイトの運営にはNginexを採用しているXserverに軍配が上がります

・エックスサーバーの価格(12か月以上の契約がオススメ)

エックスサーバー(X10プラン)
初期費用(税込み)3300円
1か月費用(税込み)
(契約期間12か月の場合)
1100円×12か月
1年費用(税込み)3300円+1100円×12=16500円
リンクエックスサーバー

1か月費用が1100円ですが、安いですよね。

1か月の家の家賃が66,000円だとすると、1/60のコストです。

食事にすると、1食分ぐらいです。

また、7/29日まで下記キャンペーン中です。

対象:キャンペーン期間中に、新規にお申し込みいただいたサーバーアカウント

【初回のご利用料金が通常の20%オフ】
 X10プランの12ヶ月契約なら月額880円(税込)!
 36ヶ月契約なら月額792円(税込)で利用可能!

キャンペーン期間
2021年7月15日(木)18:00 ~ 2021年7月29日(木)18:00まで

※本キャンペーンは予告なく終了する場合があります。
※お支払い後の返金はできませんのでご注意ください。

・スペック(X10プランがオススメ)

上記はX10プランの値段を紹介しましたが、スペックは下記です。

エックスサーバー(X10プラン)
容量300GB
Webサーバーnginx
ストレージSSD
独自SSL無料独自SSLあり
(Let’s Encrypt)
後からプラン変更上位プランや下位プランへの変更が可能
無料サポートメール、電話
リンクエックスサーバー

・エックスサーバーにアクセス

WordPressインストールも、簡単ですし、1つ1つ解説していきます。

まずは、エックスサーバーにアクセスをしましょう。

下記のリンクをクリックしてください。

エックスサーバーのページに行きます。

エックスサーバー

・お申込みをクリック

エックスサーバー

上記リンクを押すと、エックスサーバーのページに到達します。

「お申込みはこちら>」をクリックします。

エックスサーバーのランディングページ。「お申込みはこちら」というボタンがある。

手順
「お申込みはこちら>」というボタンをクリック

上記ボタンをクリックしたら、下記画面に遷移します。

「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします。

申し込みをしても、10日間の無料お試しがあります。

アカウントを取ってから10日間は無料で使えますので、継続するかどうか使ってから判断もできます。

エックスサーバーのお申込みフォーム。10日間無料お試し 新規申し込みのボタンがある。

手順
「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリック

・X10プランがおすすめ

「新規申し込み」をクリックしたら、下記画面が表示されます。

プランは個人ブログではX10プランがお勧めです。

エックスサーバーのお申込みフォーム。申し込み内容の入力をする必要がある。内容はプラン、WordPressクイックスタート。

手順
①ご希望のプランを選択(おすすめはX10)
②WordPressクイックスタートの「利用する」の項目は空欄のままでOK
③「XSERVERアカウントの登録へ進む」のボタンをクリック

・アカウント情報を入力する

下記画面が表示されたら、アカウント情報を入力していきます。

アカウント情報を入力して、規約に同意できたら、「次に進む」のボタンを押してください。

エックスサーバーのお申込みフォーム。エックスサーバーに登録するお客様情報を入力するページ。

手順
①アカウント情報を入れる
②「「利用規約」、「個人情報の取扱いについて」に同意する」にチェック
③次へ進むをクリック

・メールの認証コードを入れる

先ほど登録したメールアドレスに、認証コードが送付されます。

認証コードをメールからコピーをして入力します。

「次へ進む」をクリックしてください。

エックスサーバーのお申込みフォーム。メールに送付した認証コードを入力するページ。

手順
①メールアドレスに送付された認証コードをコピーする
②お申込みフォームにコピーをした認証コードをいれる
③「次へ進む」をクリックする

・入力した内容を確認する

下記、「入力の内容をご確認ください。」というページが表示されます。

確認後、「SMS・電話認証へ進む」のボタンを押します。

エックスサーバーのお申込みフォーム。入力内容の確認をするページ。

手順
登録内容を確認の後、「SMS・電話認証へ進む」をクリック

・SMS・電話認証をする

SMS・電話認証によるご本人確認を行います。

スマホをお持ちの場合は、テキストメッセージで取得(SMS)を選びます。

エックスサーバーのお申込みフォーム。SMS・電話認証による本人確認。認証コードを取得する。

手順
①国名(日本)と電話番号を入力します。
②取得方法を選択します。

・認証コードを入力する

スマホのSMSを確認すると、認証コードが届いています。

認証コードを入力してください。

最後に、「認証して申し込みを完了する」のボタンを押します。

エックスサーバーのお申込みフォーム。SMSや電話の認証コードを入力するページ。

手順
①SMSで届いた認証コードをコピー
②お申込みフォームに認証コードを入力
③「認証して申し込みを完了する」をクリック

・サーバーの取得完了

お疲れさまでした。

STEP1のサーバーの取得が完了です。

つまり、これで土地が手に入りました。

ひとまずお疲れ様です。

「お申込みが完了しました。」と書かれたページ。

手順
「閉じる」をクリック

・サーバーの料金設定

続きまして、STEP 2のドメインの取得に移る前に、料金の支払いをしておきましょう。

忘れると、試用期間が終わると最初に戻ってしまうので、今のうちにしておきます。

トップページの、上のバーの「料金支払い」をクリックします。

エックスサーバーのサーバー管理画面。料金払いを選択することを指示。

手順
トップページの上のバーの料金支払いをクリック

お支払い/請求書発行のページが表示されます。

エックスサーバーのサーバー管理画面。料金支払いのお手続きページ。

手順
①契約するサーバーにチェックを入れる
②契約期間は12か月以上がおすすめ
③「支払い方法を選択する」のボタンをクリック

続きまして、お支払いの選択です。

あなたが可能な方法を選びます。

エックスサーバーのサーバー管理画面。料金支払い方法の選択。

手順
①サーバーの料金を見たら、お支払い方法を選択
②「決済へ進む」をクリック

・ログイン情報

さて、アカウントの登録が完了して、しばらくすると下記メールが届きます。

エックスサーバーのアカウント設定完了のお知らせのメール。

このメールの中に、エックスサーバーのアカウントにログインするための情報が含まれていますので、大切に保管ください。

エックスサーバーのアカウント設定完了のお知らせのメール。管理ツールのログイン情報。

STEP2 独自ドメイン(住所)を取る

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP2: 住所 ドメイン

STEP 1でレンタルサーバー(土地)を借りれたので、次は、STEP 2で独自ドメインを取得してきます。

独自ドメインは住所のようなものです。

・トップページからドメイン取得をクリック

下記のように、トップページからドメイン取得をクリックします。

エックスサーバーの管理画面。ドメイン取得をクリックを指示。

手順
サーバー管理画面で、「ドメイン取得」をクリック

・希望のドメインを入力する

ドメインとは、あなたのブログのURLです。

ここでは、例として「soublog-music」というURLを考えます。

また、ドメインの末尾を、com, net, jpから取得できるか検索します。

つまり、

http://soublog-music.com
http://soublog-music.net
http://soublog-music.jp

うまくいけば、いずれかが取得できます。

エックスサーバーのドメインのお申込み。希望のドメイン名を入力する。ドメインの末尾を選択してドメインを検索する。

手順
①取得したいドメインを入力(例:soublog-music)
②ドメインの末尾を選択(例:com, net, jp)
③「ドメインを検索する」をクリック

・取得可能なドメインを選択する

取得可能なドメインが表示されます。

ドメインの検索結果。

手順
①検索されたお好きなドメインを選択
②利用規約にチェックを入れる
③お申込み内容の確認とお支払いへと進むをクリック

・ドメインの料金を払う

ここで、ドメインの金額が表示されます。

ドメイン新規取得のお支払いページ。

手順
①ドメイン取得金額を確認したらお支払い方法の選択をする
②決済画面へ進むをクリック

STEP3 ドメインとサーバーを紐づける(工事)

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP3: 工事 紐づけ

サーバーとドメインを紐づけていきます。

トップページから「サーバー管理」のボタンをクリックします。

エックスサーバー管理画面。サーバー管理をクリックを指示。

手順
・サーバー管理ボタンをクリック

ログイン時に、サーバーのIDとパスワードが必要になる場合があります。(ログインしていない場合)

下記のようにアカウント登録をしたときに送付されるメールに、サーバーIDとパスワードが書かれています。

エックスサーバーのアカウント設定完了のお知らせのメール。「サーバーパネル」ログイン情報。

・ドメイン設定をする

下記サーバーパネルから、「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネル。ドメイン設定のクリックを指示。

手順
・ドメイン設定をクリック

下記画面が表示されたら、ドメイン設定追加タブをクリックします。

ドメイン設定の画面。ドメイン設定追加タブのクリックを指示。

手順
・ドメイン設定追加タブをクリック

ドメイン設定の追加を行います。

ドメイン設定。独自ドメインの入力し、サーバーに紐づける。

手順
①ドメイン名に先ほど作ったドメインを入力(例:soublog-music.com)
②2つのチェックボックスにチェックを入れる
③「確認画面へ進む」をクリック

さて、もう一息。

表示された画面の指示に従ってください。

STEP 4 WordPressを簡単インストールする(家を建てる)

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP4: 家 WordPress

STEP 1 でレンタルサーバーを借りて、STEP 2でドメインを取得しました。

また、STEP3ではそれらの紐づけをしました。

いよいよ、STEP 4 ではWordPressのインストールです。

WordPressはレンタルしたサーバーにインストールされます。

下記画面で、「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

エックスサーバーのサーバーパネル。WordPress簡単インストールのクリックを指示。

手順
・サーバーパネルで、WordPress簡単インストールをクリック

続きまして、ドメイン名を確認して、「選択する」をクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネル。WordPress簡単インストールのドメイン選択画面。

手順
・「選択する」をクリック

次の画面が表示されたら、「WordPressインストール」のタブをクリックします。

WordPress簡単インストール画面。WordPressインストールのタブをクリック

手順
・「WordPressインストール」のタブをクリック

WordPressを簡単にインストールすることができます。

下記①~⑥のWordPressインストールに伴う必要事項を入力します。

WordPress簡単インストール画面。
下記情報を入力。
①サイトURL
②ブログ名
③ユーザー名
④パスワード
⑤メールアドレス
⑥キャッシュ自動削除
⑦データーベース

手順
①サイトURL:そのままでOKです
②ブログ名:ブログ名を入力。後から変更できます。
③ユーザー名:お好きなもの。WordPressログイン時に使います。
④パスワード:お好きなもの。WordPressログイン時に使います。
⑤メールアドレス:あなたのメールアドレスを入力。
⑥キャッシュの自動削除:「ONにする」を選択。
⑦データーベース:「自動でデーターベースを生成する」を選択。

すべて入力したら確認画面へ進むをクリックしてください。

WordPress簡単インストール画面。インストールするというボタンのクリックを指示。

手順
・「インストールする」というボタンをクリックします。
※赤字の注意書きは無視してください。

WordPressのインストールが完了すると、下記画面が表示されます。

それでは、実際にWordPressの管理画面にログインしていきましょう。

管理画面URLのリンクをクリックします。

WordPress簡単インストール画面。管理画面URLをクリックしてWordPressログイン画面へ。

手順
管理画面のURLをクリック

すると、下記WordPressのログイン画面が表示されます。

WordPressログイン画面。

手順
・先ほどのWordPressインストールに伴う必要事項③と④で設定したユーザー名とパスワードを入力して、ログインをクリックしてログインします。

・WordPressをインストールした後のこと

おめでとうございます。

WordPressがインストールできましたね。

早速記事を書いていきたいところですが、初期設定をする必要があります。

下記手順で解説していきます。

STEP 5 WordPress初期設定
STEP 6 ASPの登録(無料)
STEP 7 便利なツール

STEP 5 WordPress初期設定

・SSL化(http→httpsにする)

あなたのドメインは「http://で始めるURL」になっています。

しかし、このままではセキュリティー上問題が出ます。

具体的にどうすればいいかというと、SSL化を行う必要があります。

SSL化は、「http://」から「https://」のようにsを追加したURLとなります。

それでは、サーバーパネルから操作をしていきます。

エックスサーバーのサーバーパネル。SSL設定のクリックを指示。

手順
・サーバーパネルの「SSL設定」をクリック

ドメイン選択画面が表示されます。

「選択する」をクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネル。SSL設定のドメインを選択。

手順
・ドメイン名を見て、「選択する」をクリック

SSLの設定の変更を行うことができるようになります。

「独自SSL設定追加」のタブをクリックします。

SSL設定。追加のクリックを指示。

手順
・「追加する」をクリック

以下、指示に従ってください。

・WordPressの一般設定(http→httpsにする)

さて、次はWordPressの一般設定で「http://」を「https://」にしていきます。

ここで注意があります。

SSL化していないのに、設定してしまうと、WordPressが開けない状態になります。

サーバーパネルでSSLの設定は、時間がかかることを踏まえて下記設定をしてください。

WordPressダッシュボード。設定>一般のクリックを指示。

手順
・WordPressにログインして、ダッシュボード>設定>一般をクリック

ここで、WordPressアドレス(URL)および、サイトアドレス(URL)を「https://」にします。

WordPress一般設定の画面。WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の変更を指示。httpにsを追加する。

手順
WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の「http://」を「https://」に変更する。
例:http://soublog-music.com→https://soublog-music.com

SSL化している作業途中でうっかり、上記設定をしてしまいWordPressのログイン画面が表示されなくなった場合は、下記記事から復旧作業を行ってみてください。

WordPressのSSL化に失敗し、ログイン画面を表示できない

・パーマリンクの設定

パーマリンクとは、記事を投稿した時の記事のURLの事です。

最初の状態では、「日付と投稿名」が入るようになっています。

例えば、投稿名を「sample-post」とすると、自動的に日付を入り、「https://2021/7/2/sample-post」のようになってしまいます。

記事のURLに日付はいらないので、「投稿名」だけが入るようにするのがおすすめです。

つまり、「https://sample-post」となるようにするのがいいでしょう。

それでは設定方法を解説します。

WordPressのダッシュボード>設定>パーマリンク設定をクリックします。

WordPressのダッシュボードの画面。設定>パーマリンク設定のクリックを指示。

手順
・ダッシュボード>設定>パーマリンク設定をクリック

パーマリンクの設定画面。投稿名の選択を指示。

手順
①投稿名を選択
②「変更を保存」をクリック

お疲れ様です。

・デザインを決める

WordPressはデザインを自由に変更できます。

これをテーマと呼びます。

有料のテーマは、無料のテーマと比べると、

・簡単にきれいなデザインができる
・SEOに強い
・高速

など言われています。

おすすめなのは、AFFINGER6です。

AFFINGER6 ACTIONのサムネイル。

最初の段階で、有料テーマを入れておくと、後々楽です。

また、比較用に他の有料テーマを紹介しておきます。

有料テーマAFFINGER賢威THE THOR
値段(税込)14,800円27,280円16,280円
デザイン・カスタマイズ性
SEO
テーマの使いまわしテーマは購入ユーザー様自身の所有するサイト(個人単位)であれば複数で使用しても問題ありません。賢威を購入されたユーザー様名義のサイトであれば、幾つお作りいただいても構いません。1度テーマをご購入いただければ何サイトでも作成可能です。(自己所有サイトのみ)
特徴アフィリエイトするなら
断然AFFINGER
Webマーケの会社が作ったSEOの信頼性抜群オールマイティーな性能・デザイン推し
リンクWordPressテーマ 「AFFINGER6」SEOテンプレート【賢威】【THE THOR(ザ・トール)】

ちなみに、無料で使いたいという方は、おすすめはyStandardです。

しかし自分でカスタマイズする必要があります。

CSSのマークアップが使える方はyStandardでいいかもしれませんが上級者向けです。

無地のシンプルなテーマなので、見栄えをよくするには、CSSでマークアップしていく必要があります。

少し難しいし、センスもいります。

初心者なら、AFFINGER6で間違いないです。

AFFINGER6は、グーテンベルグのブロックエディターに完全対応しています。

なので、ブロックエディター推しの私としても、AFFINGER6を選びたいところ。

テーマの購入ページや、インストールから有効化までは下記リンクより。

・プラグインを入れる

WordPressには拡張機能があります。

プラグインは最小限を入れるようにしてください。

なぜなら、たくさん入れるとサーバー負荷が大きくなって速度が落ちるからです。

プラグインおすすめ詳細は下記。

おすすめなワードプレスのプラグイン15選!初心者がいれておくべきもの

STEP 6 アフィリエイトの準備(無料でASPに登録)

アフィリエイトをするには、ASPに登録しておきます。

ASPに登録すると、ASPが出している広告をブログに貼りつけて収益化することができます。

無料で登録できます。

下記は、アフィリエイトするならみんなが登録している人気のものです。

A8.net もしもアフィリエイト

STEP 7 便利なツール

下記、2つのツールはアクセス解析に必要ですので、登録しておいてください。

両者とも無料で登録できます。

・Google Analytics
・Google Search Console

詳細は、下記。

WordPressのアクセス解析!無料のおすすめツール2選【みんな使ってる】

また、ブログを伸ばしていくうえで便利なツールがあります。

・キーワード選定
・キーワード検索数
・検索順位
・ドメインパワー
・被リンク数

上記を調べるためのツールになります。

詳細は下記。

ブログの便利な無料ツール9選!アフィリエイトするなら絶対必要

・まとめ

WordPressの始め方を解説しました。

手順は、下記です。

WordPressを始めるまでのステップを図示したもの。
STEP1: 土地 レンタルサーバー
STEP2: 住所 ドメイン
STEP3: 工事 紐づけ
STEP4: 家 WordPress

STEP 1 土地=レンタルサーバーを借りる
STEP 2 住所=ドメインを決める
STEP 3 工事=サーバーとドメインの結びつきける
STEP 4 家=WordPressを入れる

また、レンタルサーバーとしては、

エックスサーバー

を選び、STEP1~4まで解説しました。

>>ページトップのWordPressでブログの始め方に戻って手順を確認する

WordPressの初期設定では、

SSL化
WordPressの一般設定(http→https)
パーマリンクの設定

を解説しました。

無料のASP登録でおすすめは下記。

A8.net もしもアフィリエイト

広告をブログに貼って収益化するために必要です。

アクセス解析ツールとしては、下記を導入しておきましょう。

・Google Analytics
・Google Search Console

WordPressのアクセス解析!無料のおすすめツール2選【みんな使ってる】

また

・キーワード選定
・キーワード検索数
・検索順位
・ドメインパワー
・被リンク数

を調べるツールがあります。

ブログの便利な無料ツール9選!アフィリエイトするなら絶対必要

以上、参考になれば幸いです。

BLOGに戻る