パワハラ・セクハラで心の傷が深い

パワハラ・セクハラで心の傷が深い

THOUGHT

公開日2020/9/7 更新日2020/9/7

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
19曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog358記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

パワハラ、セクハラで会社生活がつらいということで悩んでいませんか?

どうして、他人に強く当たられるんだろうと思うかもしれません。

あなたはやさしい可能性があるんですね。

誰にもやさしいから、なめられてしまうんです。

あなたがいい人なら特に人を見極める力が必要です。

いいエネルギーを発する人とだけ仲良くすればいいんです。

あなたに強く当たる人と一緒にいると疲れますよね。

そういう人とは離れていくべきです。

心に受けた傷は、できるなら忘れましょう。

戦うだけ、あなた自身が消耗します。

人を責めるというのはとても疲れるんですね。

特に、普段やさしいあなたなら余計にしんどいことです。

心に受けた傷は、お天道様に裁いてもらうくらいの気持ちでいいと思います。

目次は次の通りです。

  • パワハラ・セクハラで心の傷が深い
    ・敵にやさしくする必要はない
    ・心の傷が深い
  • まとめ

それでは解説します。

・パワハラ・セクハラで心の傷が深い

・敵にやさしくする必要はない

あなたはいい人の可能性があります。

いい人というのは、なめられやすいです。

人を傷つけないでおこうということを普段から心掛けるあまり、人に強く注意することができないんですね。

パワハラをする人からすると、「あいつに強くいって憂さ晴らしをしてやろう」ぐらいに思っているかもしれません。

そんな負の感情に対しても、対抗するすべをしらないんです。

あなたは、そういった人にも、敵対視していないんですね。

あなたにとって、大切な人なのか、敵なのかしっかり区別することが必要です。

敵に、やさしさを振る舞うことは不要なんです。

・心の傷が深い

あなたは過去に深い傷をおっているかもしれません。

先日次のようなツイートをしました。

あなたは、過去に深い傷を受けたかもしれません。

でも、相手と戦ってはだめです。

やさしいあなたは、責めることになれていません。

いい人のあなたにとって人を責めるというのは、とても疲れるんです。

そこに力を使うと、消耗するだけです。

だから、あなたがすることは、その状況から離れること。

そして、忘れることです。

あなたを幸せな気持ちにしてくれる人とだけ、仲良くすればよくないですか?

あなたに深い傷を与えた人は、お天道様に裁いてもらおうぐらいでいいかもしれません。

おそらくですが、人を傷つける人は幸せでないと思うんです。

周りから、おそらくそういう目で見られてるんですね。

あいつは、言葉が悪いし、人を傷つけるやつだと。

普段は友達が多いように見えても、一人になると孤独な人なのかもしれません。

人を傷つける行動で、当人は気持ちよくなっている可能性もありますが、それは負のエネルギーです。

負のエネルギーをためこむ人の心の中が平和であるはずがありません。

だから、あなたはそっとしておいてあげてください。

・まとめ

いい人は、なめられやすいです。

あなたは、いい人と悪い人の区別が必要です。

悪い人にやさしくする必要はありません。

あなたの方から離れていきましょう。

そして、嫌な気持ちは忘れましょう。

人を責めることは疲れることです。

あなたが悪い人を心で責めるとそれだけ消耗するのはあなたです。

それに、いい人のあなたは人を責めることができないはずです。

悪い人は、負のエネルギーを貯めこむ人です。

そんな人の心が平和であるはずがありません。

だから、忘れてかかわらないようにするだけです。

以上、参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る

会社に行きたくない!仕事の5種類の悩みと26の解決法
公開日2020/6/21 更新日2020/9/11 誰しも会社に行きたくないと思うことはあると思います。 朝、起きたら会社を休みたくなる気持ちはありませんか? …
soublog-goodluck.com