カラオケが上手くなりたい!私の1年8か月のボーカルスクール体験記

カラオケが上手くなりたい!私の1年8か月のボーカルスクール体験記

2021年1月10日
MUSIC

公開日2021/1/10 更新日2021/1/10

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

趣味になる・積み上げれる【作曲・ブログの副業】を応援!
【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
【作曲】20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過
【ブログ】soublog467記事/月1万7千PV

カラオケがうまくなりたくないですか?

カラオケがうまいと、異性からモテますよね。

また、飲み会後の2次会でカラオケに行ったりして、たまに歌のうまい同僚いないですか?

うらやましいというか、少し妬んでしまうぐらいです。

私は、歌に自信がなく、表立って歌うことはしていませんが、歌をうまくなりたいと思って、1年8か月ボーカルスクールに通った過去があります。

ボーカルスクールに通って、少し歌の自信が出たんですよね。

やはり、ボイストレーニングをしている場合としていない場合では、うまさがぜんぜん違います。

歌っていても分かるんですね。

ボーカルスクール体験記などを解説します。

  • カラオケが上手くなりたい
    ・ボーカルスクール体験記
    ・高い歌声を出したい
    ・練習法を知ることに意味がある
    ・地元のボーカルスクールを探す
  • まとめ

それでは解説します。

・カラオケがうまくなりたい

ボーカルスクール体験

地元のボーカルスクールに1年8か月通っていました。

スクールに入るときに、先生に「ビブラートがかけられるようになりたい」って、目標をいいましたね。

先生は、「かしこまりました!」と丁寧に返してくれました。

「おー、先生はすごい自信だ。」

そう思いました。

後からわかったんですが、先生は声楽に精通していて、どうやら練習で、人の歌をうまくできるようにできるみたいです。

練習は、1回1時間程度だったんですが、まず最初の15分は、発声の練習を行いまいした。

発声は、音階を歌っていく感じです。

おー、これぞ歌の練習という感じです。

そして、残りの45分は、自分の好きな歌を歌うというレッスンを受けていました。

そして、どうやったらうまく歌えるのか、先生なりの見解をおしえてくれるわけです。

発声の他にも、呼吸法や表現力のつけ方などの指導をもらえました。

高い歌声を出したい

お気に入りの曲でよく直面する問題として、高音の部分があることです。

しかし、高音も練習することで、だんだんと高い声が出るようになったんですね。

やはり、ボイストレーニングの効果ってあるんだなと思いましたよ。

歌の練習法を知ることに意味がある

ボーカルスクールはずっと続けなくとも、歌の練習のコツを知ることだけでも意味があることです。

なぜなら、一度練習のコツを知れば、自分で練習していくことができるからですね。

ボーカルスクールってそこそこ値段がするんですね。

だから、そんなにボーカルスクールに長期間入る予算がない人も、6か月間だけとか期間を絞って入るのもいいことですね。

ボーカルスクールに通っている時は、体験を買えます。

自分は、歌の学校に通ってるんだって、歌うことに対して前向きになるんです。

地元のボーカルスクールを探す

私は、地元でボーカルスクールを探しました。

大きなボーカルスクールならどこでもいいと思います。

なぜなら大きいということは、実績があるからですよね。

大きなボーカルスクールで、有名なのはSHEERMUSICです。

全国に校舎がありますよ。

いつでも好きな場所でレッスンできたり、全国のブースが無料レンタルできるのが売りです。

ビブラートをかけれるようになりたい。

もしくは、高い歌声を出せるようになりたい。

など、あなたの悩みをぶつけてみてください。

・まとめ

私のボーカルスクールの体験記をお話しました。

ボーカルスクールは、練習方法を学べるだけでも意味があります。

ずっと、通う必要もないんですね。

半年、それだけでも、練習のコツがつかめて、自学学習ができるようになりますよ。

あなたの町のボーカルスクールを探してみてください。

友達に内緒で通って、あっと言わせてみませんか?

以上、参考になれば幸いです。

MUSICに戻る