正装で砂浜でかけまわる男性。

STUDY 自己啓発

プライドを捨てる方法!無駄に行動を妨げる足かせを外すには

2020年12月31日

颯 Souのイラスト

soublogの権威性

  • 京大院卒業後、就職
  • 現在、作曲家・執筆家のフリーランス
  • 昨年、soublogが14万PV

行動できていますか?

過去1年を振り返ってみて、稼げましたか?

稼げなかった方も、行動ができていれば良しとしましょう。

なぜなら行動の積み重ねが成長につながります。

まだ積み重ねが足りないだけです。

行動できなかったという人にアドバイスがあります。

それは、稼ぐ前は、行動を妨げるプライドや恥は一旦捨てるべきということですね。

日本青年心理学会大会発表論文集の「(19)防衛的プライド尺度作成の試み(研究発表C)」という論文に興味深い記述があります。

防衛的プライドをもった個人は過去に受けた肯定的な評価やポジティブな評価に固執する傾向を持つ。

とあります。

つまり、残念なことに、過去の肯定的な評価やポジティブな評価は、自分のセルフイメージを作って縛るんですね。

そのセルフイメージのせいで、行動の範囲が狭まっていませんか?

自分はこうあるべきだと思うがあまり、新たなことにチャレンジできなくなってしまうんですね。

行動できる人は強いですよ。

あなたの意思で、自分の未来をデザインできるんですから。

目次は次の通りです。

・プライドが高い人の心理

・こだわりがある

プライドが高い人の特徴として、こだわりがある人はプライドが高いです。

この方法が正しい。

そう思い込み、経験的にも良さを実感できているから、それが自信になっています。

その自信を誰かに覆されたくないから、プライドが高くなります。

・自分の弱さを見せたくない

自信がない人は、自分の弱さを見せたくないので、自分自身を強く見せます。

誰かにマウントをとったり、時には人を傷つけてしまうことがあります。

・周りに認められたい

周りに認められたいと強く思ったとき、プライドが高くなります。

例えば、新入社員の頃を思い出してみてください。

たくさんの同期や上司に自分を認められたいと強く思うことで、周りに負けられないと思いプライドが高くなったことはありませんか?

・プライドが高い場合のメリットとデメリット

・メリット

プライドが高い場合のメリットは下記。

・負けたくないという思いから、一生懸命勉強できる
・仕事などでは成果がでる

・デメリット

プライドが高い場合のデメリットは下記。

・周りになじめない
・満たされない気持ちがある
・勝てる場所でしか勝負をしないので機会損失をしている

・捨てるプライドと必要なプライド

・捨てるべきプライド

捨てるべきプライドは、自分の弱さを見せないで、バリアを貼っている状態。

これを捨てない限り、人間の信頼関係が作れません。

また、自分の弱さを見せれないということは、失敗を恐れるということ。

チャレンジできない人間になってしまいます。

・必要なプライド

必要なプライドは、いい意味でのこだわりです。

こだわるから、周りよりレベルの高い仕事ができるようになります。

・プライドの捨てる方法

・ありのままの自分を受け入れる

人は、理想を追いかけます。

理想を追いかけると、ダメな自分は自分じゃないと思い込みます。

ありのままの自分を受け入れることで、ダメな自分も自分なんだと認めることができます。

考えてみてください。

給料を20万しか稼げない自分。

遅刻してしまう自分。

同期に後れをとる自分。

そんな自分だって、これまで頑張ってきたはず。

ダメな部分もあるけど、人の評価はそれで決まるわけじゃないですよね。

自分の弱い部分を認めることでプライドを捨てれるようになります。

・建前ではなく本音で話してみる

自分の考えなど、本音を話してみてください。

話す内容には、本音と建前があります。

建前の話ばかりしていても、自分のプライドは捨てれません。

本音で話してみて、相手の反応を見てみましょう。

・自分の失敗した経験を笑い話にして信頼できる人に話してみる

自分の失敗した経験を話してみてください。

例えば、30歳でおねしょをしてしまったなどです。

すると、「実は俺も、うんこをもらしたことがある」なんて話で、笑い話になるかもしれませんよ。

・一流に触れてみる

こだわりがある人は、自分の方法が一番正しいと思っています。

その人が、一流に触れたらどう思うでしょうか。

つまり、すばらしいと思うんです。

自分はまだまだだなと気づくことで、プライドが剥がれます。

・チャレンジをしてみる

チャレンジをせず、失敗しない毎日を送っていると、プライドが高くなります。

その間、機会損失をしています。

チャレンジをして、1から新しいことに触れることで、初心に帰れます。

・行動を妨げるプライドは捨てるべき

・行動できる人は強い

先日次のようにツイートをしました。

ポリシーは必要かもしれませんが、あなたを縛るプライドや恥って持たないほうが楽に動けます。

そして、一度行動すれば、なぜ行動できなかったのか分からなくなるくらい、どんどん行動できるようになります。

・行動しないと機会損失をしている

先日次のようなツイートをしました。

あなたが、プライドを捨ててチャレンジするこで得られるものがあります。

それは、自分の新しい未来

今守っているセルフイメージと天秤にかけてください

やはり、自分の未来の方が重くはなりませんか?

だからといって、セルフイメージを壊す必要はないんですよ。

少しずつ、塗り替えていけばいいんですね。

あなたには、凝り固まったセルフイメージを変えるために、処方箋が必要です。

・普段着ないような服を買う
・普段行かないお店に入る
・普段作らない料理を作る

なんでもいいです。

新しいものを取り入れてください。

・周りの目は気にしない

周りの目は気にする必要はありません。

むしろ、あなたがしたいと思っていることの行動を止める人が周りにいるなら、その人とは距離を置くべきです。

心配してくれる友達もいますよね。

でも、あなたに今必要なのは、応援してくれる人だけです。

・まとめ

プライドが高い人の心理は、

・こだわりがある
・自分の弱さを見せたくない
・周りに認められたい

です。

プライドが高い場合のメリットは下記。

・負けたくないという思いから、一生懸命勉強できる
・仕事などでは成果がでる

プライドが高い場合のデメリットは下記。

・周りになじめない
・満たされない気持ちがある
・勝てる場所でしか勝負をしないので機会損失をしている

捨てるべきプライドは、自分の弱さを隠す事。

必要なプライドは、こだわりなどの向上心。

プライドを捨てる方法は、

・ありのままの自分を受け入れる
・建前でなく本音で話してみる
・自分の失敗した経験を笑い話にして信頼できる人に話してみる
・一流に触れてみる
・チャレンジをしてみる

です。

行動を妨げるプライドは一旦横においておきましょう。

あなたに必要なのは、行動です。

成長するためには、行動量が必要です。

あなたが行動できないなら、変わったあとの自分と今のセルフイメージとを天秤にかけてみてください。

あなたが今、守ろうとしているものはなんですか?

それほど価値がありますか?

一度凝り固まったセルフイメージを塗り替えていきましょう。

普段しないことをする。

これだけでいいですね。

周りの目は気にしないでいいと思います。

別に悪いことをしているわけじゃありません。

行動している中で、一緒に成長できる仲間を見つければいいじゃないですか。

■コラム:アーティスト起業とは?

アーティスト起業ってしってますか?

アーティストが自分の芸を肥やしていくために、副業などをしながら活動していくスタイルです。

フリーランスのアーティストならほぼ、これに当てはまります。

私は、ブログを使って副業をしながら音楽活動をしています。

作曲と執筆って、夢があると思うんです。

どちらも、人気商売で、稼げるようになるにはある程度の認知必要です。

もしかしたら、すばらしい曲を作って一発当てる人もいるかもしれませんが。

私は、ブログで執筆という力を使って、自分の音楽を広げる活動をしています。

ブログでは、SEOと呼ばれる検索エンジンの力があります。

なので、記事に興味をもってもらえさえすれば、自分の音楽を聴いてもらえるチャンスにつながるということ。

もし、私と同じように音楽ブログを開設するなら、下記記事を参考にしてください。

ブログの作り方徹底解説

会社員なら、お給料が安定しているし、無駄に稼がなくてもいいですよね。

執筆と音楽で、刺激のある趣味を始めてみませんか?

以上、参考になれば幸いです。

Studyのまとめ記事に戻る

著作者情報

颯 Sou、執筆家、作曲家のフリーランス。

最近はまっているものは、アニメ鑑賞。

鬼滅の刃、進撃の巨人が大好き。

今になってだが、One Pieceを見始めている。

作曲家になるために、2年間の毎日の作曲にチャレンジ。

下記動画では、初日、2日後、数か月後、2年後と時系列で成長の様子が分かります。

ボカロを始めるための無料講義【LINE公式】

ボカロに興味はありませんか?

ボカロで作曲を始めるための無料講義をLINE公式で公開しました。

よかったら、登録してください。

10回ほどの配信になります。

友だち追加

-STUDY, 自己啓発
-, ,