AIに携わる仕事!未来に出現するジョブを紹介

AIに携わる仕事!未来に出現するジョブを紹介

2020年7月3日
STEAM

公開日2020/7/3 更新日2020/7/3

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
19曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog358記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

AIに携わる仕事について、未来のジョブを紹介します。

私たちの子供はAIやIOTと共存していく時代です。

そんな時代に出現するAIに関する仕事を予想しました。

先日次のようなツイートをしました。

目次は次の通りです。

  • AIに携わる仕事
    ・AIプログラマー
    ・AIトレーナー
    ・AI販売
    ・AI修理
    ・AI事故の調査官
    ・AI活用エンジニア
    ・AIロボットオーナー
    ・AIロボットリサイクル業者
  • まとめ

それでは解説します。

・AIに携わる仕事

AIには強いAIと弱いAIがあります。

強いAIとは意識や自我を持っているとされる人工知能です。

弱いAIとは下記、第3次ブームに見あれるディープラーニングを指します。

強いAIはまだ存在していないので、まず、仕事として出現するのは弱いAIを活用していく仕事です。

AIプログラマー

ディープラーニングのプログラムをするAIプログラマーの仕事が既にあります。

ディープラーニングとは十分なデータ量があれば、人間の力なしに機械が自動的にデータから特徴を抽出してくれるディープニューラルネットワーク(DNN)を用いた学習です。

例えば、過去、画像認識において、様々な猫という写真を見て、猫だと判断することができませんでした。

なぜなら、猫はそれぞれ形と色、ポーズが異なるからです。

ディープラーニングを学べば、猫の特徴をたくさんの画像データから学び、様々な猫の画像を猫だと判断することができるようになりました。

AIトレーナー

ディープラーニングをプログラムされたAIは、データをもとに学習していく必要があります。

何を学ばせるか、お手本となるものを探したり、トレーニングを行うAIトレーナーが出現します。

AI販売

AIを製造したら、AI専門の販売店が出現します。

AIの特徴に詳しい専門知識をもった販売スタッフが出現します。

マーケティングの知識や営業の力が必要です。

AI修理

AIが故障したり動作がおかしくなったときにデバッグするAI修理エンジニアが出現します。

AIプログラムの知識が必要です。

AI事故の調査官

AIが判断した際に起きた事故については、責任の所在を調べるためのAI事故の調査官が出現します。

法律に精通している必要があります。

AI活用エンジニア

AIに携わる仕事で最も多いのが、AI活用エンジニアです。

製品化されたAIの装置を活用して、より高度な仕事をします。

AIを使って何ができるか考えれる人になる必要があります。

AIロボットオーナー

AIロボットは高価なものなので、AIロボットを所有するオーナーが出現します。

AIロボットのオーナーはレンタルして一般人に貸し出します。

経営の知識が必要です。

AIロボットリサイクル業者

AIロボットは学習・活用過程において、高度な機密情報を保有することになるので、機密情報を消去したりするAIロボットリサイクル業者で出現します。

機密管理の知識が必要です。

・プログラム学習法

AIはPythonというプログラム言語を勉強する必要があります。

Progateというオンラインプログラム学習サイトは、月額980円で有料サービスを受けることができます。

おすすめです。

また、TECHACADEMYのオンライン学習プログラムというのもあります。

非エンジニアの方や、AIプログラム学習に興味のある方、開発者とのコミュニケーションを円滑にしたい方、教養としてAIプログラミングを習得したい方におすすめです。

・まとめ

未来に普及するAIに関する仕事予想 は下記です。

・AIプログラマー
・AIトレーナー
・AI販売
・AI修理
・AI事故の調査官
・AI活用エンジニア
・AIロボットオーナー
・AIロボットリサイクル業者

結局のところ、AIロボットオーナーにしても経営の力が必要ですし、AI事故調査官に関しても、法律の知識が必要です。
なので、AIプログラムだけでなくて+αの専門は大切ですね。

以上、参考になれば幸いです。

STEAMに戻る