Webデザイナーが必要なスキルは一つだけ

Webデザイナーが必要なスキルは一つだけ

2020年6月16日
STEAM

公開日2020/6/16 更新日2020/7/3

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog401記事/月1万7千PV/
ラズパイ・Python実験中

Webデザイナーに必要なスキルを知りたい。

一般論的には、それはデザインであったり、プログラムであったりすると思います。

デザインで言えば、PhotoshopやIllustratorの知識、プログラムで言えば、HTML&CSS, JavaScript, PHP、SQLあたりが気になるところでしょうか。

デザインやプログラムの独学の仕方は、下記ブログを見てください。

知識ゼロから独学の方法が書かれています。

Webデザインを独学する方法!WordPressカスタマイズができるようになるために
公開日2020/6/2 更新日2020/7/3 ・はじめに ・WordPressカスタマイズをどのように勉強したらわからない Webデザインを学びたいかたは、こ…
soublog-goodluck.com

今回の主張は、デザインプログラムのスキルを得るというのは、手段なんです。

Webデザインに必要なスキルは確かにデザインやプログラムのスキルですが、これらは必須スキルです。

Webデザイン必要スキルは何ですか?

と聞かれたら、まずはWebデザインをする目的を考える必要があります。

お客さんの目的は、Webサイトを納品してもらいそれを運用して集客することです。

つまりWebデザインに必要なたった一つのスキルは、集客できるWebサイトを作るスキルです。

手段ではなく目的、つまり上位概念を頭に思っておくことで、見失わないようになります。

では、どうやって集客できるWebサイトを作るスキルを学べばよいかというと、一番いいのは、ブログを作ってみて、集客してみることです。

実践あるのみです。

ブログを始めると、集客に必要な、WordPressの始め方や、ライティングの知識、SEOの知識、マーケティングの知識が身に付きます。

やってみないとコツがつかめません。

月間3000PVを集められたら脱初心者ですので、一度脱初心者までトライしてみてください。

そんな私も、月間10000PVまで伸ばすことができました。

つまり、私が、ブログで集客できる方法を学んだ一人ということです。

ブログの始め方は、下記に解説しています。

ブログ始め方のまとめ!完全初心者がアフィリエイトをするまで
公開日2020/2/22 更新日2020/11/26 ・はじめに このブログは、ブログの始め方のまとめです。 そしてこのブログの最終目標はあなたがブログで稼ぐよ…
soublog-goodluck.com

それでは、Webデザイナーに必要なスキルは集客できるWebサイトを作ることですが、どういったスキルなのか見ていきます。

目次は次の通りです。

  • Webデザイナーに必要なスキル
  • 集客できるWebサイトを作るスキル
    1.要望通りのWebサイトを作る
    2.ターゲットに訴求するコピーを作る
    3.ターゲットが目を惹くデザイン画像を作る
    4.読み込みが速いWebサイトを作る
    5.スマホにも対応したレスポンシブデザインを作る
    6.SEO対策をしたWebサイトを作る
    7.分かりやすい構造のWebサイトを作る
  • まとめ

それでは解説します。

・Webデザイナーに必要なスキル

冒頭でお話しました通り、Webデザインに必要なスキルとは、集客できるWebサイトをデザインすることです。

では、集客できるWebサイトのデザインとはどういったスキルなのか解説します。

・集客できるWebサイト

1.要望通りのWebサイトを作る

まず最初に、お客さんの要望通りのWebサイトをデザインする必要があります。

なぜなら、お客さん(依頼者)は事業においてプロです。

お客さんの経験をしっかり受け止めないと、まとの外れたWebデザインになりがちです。

2.ターゲットに訴求するコピーを作る

お客さんのターゲットから反応の来るようなコピーを作ります。

コピーとは、見出しのようなものですが、例えば、トップページのタイトルや、Webサイトの投稿記事のタイトルなんかがそうです。

また、インターネット検索時に表示されるタイトル下位の説明文は、meta descriptionと呼ばれますが、そこもターゲットの目に入る大切な部分です。

3.ターゲットが目を惹くデザイン画像を作る

デザインに大切なものはなんですかと言われれば、適度な美意識を持ち、ターゲットの目にとどまるようなデザインを作り出すスキルが必要です。

4.読み込みが速いWebサイトを作る

ページの読み込みが遅いと、Googleからの評価が下がります。

また、ターゲットがWebページにアクセスしても、ロード時間が長くて、見るのをやめてしまうことも考えられます。

つまり、レスポンスの良いWebサイトを作る必要があります。

Webの画像の解像度には気をつけましょう。

Webページは72dpiで十分です。

画像サイズを重くすれば、それだけ読み込みが遅くなります。

ただし、5Gの時代がくれば、解決する話ですけどね。

5.スマホにも対応したレスポンシブデザインを作る

ターゲットを第一に考えたWebデザインをする必要があります。

ユーザーファーストという概念ですね。

ターゲットはスマホを使っているかもしれません。

つまり、あなたの作るWebサイトは、スマホに対応した、レスポンシブデザインである必要があります。

これは、SEOにも影響します。

つまり、スマホに対応してなければ、スマホからの検索でヒットしにくくなるということです。

6.SEO対策をしたWebサイトを作る

Webサイトを立ち上げて、なぜアクセスが集まるかと、一つはSEOからの流入です。

つまり、ターゲットがWebサイトでキーワードで検索して、あなたの記事がキーワードで紐づけされればあなたの記事が検索結果に出ます。

あなたは、特定のキーワードでのWebサイトの検索順位を知っておく必要があります。

検索順位を調べるおすすめのツールは、GRCというソフトです。

7.分かりやすい構造のWebサイトを作る

分かりやすい構造のWebサイトを作ることも大切です。

なぜなら、ターゲットがあなたのWebサイトを見て、道に迷わないようにするためです。

また分かりやすい構造のWebサイトというのは、グーグルにとっても都合がよいようです。

サイトリンクなんかも表示されやすくなります。

サイトリンクとは、サイト内の有益なコンテンツへ遷移するためのリンクですが、検索結果に表示されるものです。

サイトリンクが表示されるかどうかは、グーグルからの評価次第です。

・まとめ

Webデザインに必要な必須スキルは、デザインやプログラムです。

デザインで言えば、PhotoshopやIllustratorの知識、プログラムで言えば、HTML&CSS, JavaScript, PHP、SQLあたりが気になるところでしょうか。

しかし、本当に必要なスキルは、集客できるWebサイトを作るスキルです。

集客方法を学ぶには、まずはSEOを勉強するといいと思います。

SEOを勉強するには、あなた自身でブログを立ち上げることをおすすめします。

ブログを始めると、集客に必要な、WordPressの始め方や、ライティングの知識、SEOの知識、マーケティングの知識が身に付きます

集客できるWebサイトを作るスキルは下記にまとめます。

1.要望通りのWebサイトを作る
2.ターゲットに訴求するコピーを作る
3.ターゲットが目を惹くデザイン画像を作る
4.読み込みが速いWebサイトを作る
5.スマホにも対応したレスポンシブデザインを作る
6.SEO対策をしたWebサイトを作る
7.分かりやすい構造のWebサイトを作る

ここまで聞いて、Webデザインの必須スキルのほうが心配になられた方がいるかもしれません。

冒頭で話したとおりプログラムやデザインの独学で勉強するのもいいです。

また、一人で勉強できないという方は、下記レッスンを検討してみはいかがでしょうか。

WordPressカスタマイズの方法が学べます。

下記のTECHACADEMYは4週間プラン社会人の場合149,000円のプランがあります。

この価格を高いか安いかで考えると、将来副業で仕事を受注できれば最初の1回分で取り返せますよね。

ただ、独学も不可能ではないので、自分にはどちらがいいか考えてみてください。

以上、参考になれば幸いです。

STEAMに戻る