働く目的として理想の生活を手に入れることを掲げる

働く目的として理想の生活を手に入れることを掲げる

2020年5月26日
THOUGHT

公開日2020/5/26 更新日2020/8/17

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog401記事/月1万7千PV/
ラズパイ・Python実験中

「何のために働いているんだろう?」と悩んでいませんか?

生活のためだろうと思うかもしれません。

私はサラリーマンを10年していましたが、たびたび何のために働くのか考えていました。

ほぼ、目標もなく生きるため、仕方なく働いていました。

こんな私の状態にならない方法があります。

まずは理想の生活をイメージしてみてください。

理想の生活はどんなイメージですか?

働く目的は、理想の生活を手に入れるためと考えると頑張れませんか?

私は、理想の生活を手に入れるというマインドが欠けていたのが疑問を生む原因だと気づきました。

あなたに提案です。

理想の生活を手に入れることを目標にしてみてください。

そしてそれを実現するためには何が必要かを考えるといいと思います。

・住む場所
・時間
・家族
・友人
・健康
・お金

今、あなたの頭を回想させるために言葉を並べてみました。

では、これらから、「どんな?」を連想させてください。

そして、優先順位をつけてください。

あなたの目標に優先順位をつけて、目標を見定めるんです。

ここまですると、あなたの働く意味が見いだせるのではないでしょうか。

あなたは、これらを手に入れるために働くんです。

今の仕事のやり方はあなの目標を達成させるものですか?

もし達成できないなら、あなたは何ができますか?

ここまで踏ん張って考えると、人生変わるんじゃないかと思うんです。

私は、幾分考えて、進路を変更しました。

自分の理想を手に入れるためです。

10年働いたサラリーマンをやめて、作曲家・文筆家としての道を歩んでいます。

クリエイティブにとんで、時間も自由に使えて、好きなときに休めて、青天井の収入を目指せて。

たくさん稼いでたくさん消費する生活にあきあきして、自分の時間を自由に過ごして、気楽に生きる生き方にシフトできたんです。

目次は次の通りです。

  • 働く目的を設定!理想的な生活を考える
  • 何をしたらいいかわからない
  • まとめ

それでは解説します。

・働く目的を設定!理想的な生活を考える

私が学生の頃、なんで働くのか考えたことがありました。

それは、自己実現のためだったと思います。

ただ、その仕事をしている自分がかっこいい。

そんな理由で仕事探しをしていました。

でも、よくよく考えるとそれは手段であって目的ではないです。

当然のごとく、働いていてこんなことを考えるようになりました。

「何のために働いているんだろう。」

「働くことに際限はないのではないか。」

「定年までこんなことを続けるのだろうか。」

と。

そこで私は、理想的な生活を叶えるためにどう働くべきかを考えるようになりました。

すると、何をすべきかが徐々に見えてきました。

・何をしたらいいか分からない

理想的な生活をイメージできたとしても、何をすべきかわからないケースがたたあります。

まずは理想の生活をより詳細に突き詰めてみてください。

そして、手に入れたい、叶えたい順番に優先順位をつけるんです。

これで、あなたの働く意味が見いだせると思います。

少なくとも、これらを手に入れるためだと言えますよね。

目標が定まったところで、つぎに疑問が出てきます。

どうやったらこれらを実現できるのだろうということです。

考えてみてほしいんです。

あなたの今の仕事のやり方でそれらは叶いますか?

もし叶わないなら、あなたは仕事のやり方を変える必要がありますよね。

先日次のようなツイートをしました。

まずは、行動してみましょう。

行動すると、経験が得れます。

経験が得れたら、そこから踏み込んで専門の領域に入り込むことができます。

すると、あなたしかできないことが生まれます。

あなたしかできないことというのは強みです。

どうですか?

あなたしかできないことがあれば、市場価値が高まるということです。

すると、あなたはもっと自由に働けるようになります。

仕事を選べるようになるんですね。

人は変化を嫌うといいます。

あえて、仕事を変えることをしなくても生きていけるからですね。

もしかしたら、仕事を変えて生きていけないかもしれない。

だから、本能として変化を嫌うように人は設計されています。

今の仕事を続けていて、いくらもがこうが変わらない現実があります。

しかし仕事を変えると、簡単に変えれることもあると思います。

私が、脱サラをして、作曲家になったようにです。

脱サラして、比較的自由に過ごせるようになりました。

朝、早くおきて出社する必要もなくなりました。

自分で好きなように仕事をすることができるようになりました。

いつでも好きな時に休めるようになりました。

私は、変化を恐れず実行することで手に入れることができました。

・まとめ

何のために働いているんだろう。

そんな疑問をもったなら、下記のことをしてみてください。

・理想の生活をイメージする
・目標に優先順位をつける

さらに踏み込んで、今の働き方であなたの手に入れたいものは手に入れれるか考えてください。

もし、不可能なら、進路を変更すべきです。

・当たりをつけて行動する
・経験を得て専門に踏み入る
・あなただけにしかできないことをする
・市場価値を高めて選択の自由を手に入れる

これらを実践してみてください。

以上参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る

自己啓発まとめ!さあ自分に目覚めよう!22種類に分類した90ブログを紹介
公開日2020/6/20 更新日2020/11/21 ・はじめに 自己啓発のまとめサイトです。 京都大学大学院で航空宇宙工学を専攻し卒業。 大手企業で10年サラ…
soublog-goodluck.com