稲が風で揺れている様子。

WORK フリーランス

あなたは風の時代にどう生きる?タダで精神的な幸せを追求できる時代

公開日2021/3/5 更新日2021/8/16

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

風の時代って聞いたことありますか?

2021年から、地の時代から風の時代に変わろうとしています。

風の時代とは、風、つまり目に見えないものが重要視される時代です。

例えば、時間体験情報などですね。

これまでは、土の時代でした。

土とは、形が見えるものです。

お金やものに価値があったんですね。

なぜ、お金やものに価値があったからというと、消費するしか娯楽がなかったからです。

考えてみてください。

サラリーマンが1日の1/3を労働に費やして、1/3寝たら、残された時間は1/3。

残された時間で、余暇を楽しむのは難しいです。

それより、消費に目がいくんですね。

なぜなら時間はなくとも、お金があるからです。

これまでは働き方を考えても、お金を得るため、ものを所有するために働いていたかもしれません。

しかし、風の時代は無料で精神的な幸せを追求できる時代です。

なぜなら、時間をより自由に使えるようになり、体験を買いそこからリターンを得てより裕福になるからです。

その際いに手助けとなる情報も、簡単に入手できる時代です。

目次は次の通りです。

・風の時代は無料で精神的な幸せを追求できる時代

さて、風の時代とは、目に見えないもの、時間体験情報が重要視されると言いました。

・時間をどう過ごしていますか?

あなたは時間をどう過ごしていますか?

私がサラリーマンであった時の時間の使い方は、

8時間:睡眠
8時間:労働
8時間:食事、休憩、娯楽の自由時間

でした。

つまり、1/3は睡眠、1/3は労働だったんですね。

これからも、1/3の睡眠は変わらないにしても、1/3の労働はもっと柔軟に選択ができるようになります。

過去、仕事と言えば、一度働けばその会社に一生添い遂げる気持ちかもしれませんが、

・終身雇用の崩壊
・年功序列から成果主義に

が言われるようになって、一生で複数の仕事をすることは当たり前となります。

私は、フリーランスですが、労働も自分のしたいように組むことができます。

つまり、

睡眠:8時間
フリー時間:16時間

に生き方を変えるができています。

・ものを買うのも体験ありき

モノが溢れている世の中。

ブランド物の時計、財布を持っていることが珍しいわけでもなくなってきました。

誰しも、お金と興味があればブランド物を買える時代ですよね。

お金といっても、サラリーマンなら1か月働ければ20万円稼げるので、たいていのブランドものは入手できるんです。

そうすると、高いものを持つというステータスも感じにくいかもしれません。

所有物にステータスとしての価値を感じなくなると、人は所有した後の体験の価値に気づくんですね。

純粋に20万円あれば、どんな体験ができるだろうと考えるわけです。

このブランドものを入手してどんな体験ができるだろうか考えるわけです。

もしこのブランドものを買わなければ、おいしいものを買えますし、例えば、英会話レッスンを受けることもできれば、お茶の作法を学ぶこともできるでしょう。

なぜ、体験に価値を感じることができるのか。

それは、その体験を生かして、それ以上のリターンを得れることに気づいているからです。

ブランドものの財布を20万円で買ってしまったら、果たしてその20万円は将来戻ってくるんでしょうか。

おそらく、浪費となって、財布を消耗してなくなってしまいますよね。

・情報はなくならない

情報には2つの価値があります

・情報が新たな価値を生む
・人を集める

前者は、読者の情報の価値で、後者が発信者の情報の価値です。

両者にメリットがあるので、情報はなくならないわけです。

・読者の情報の価値

今の時代、情報は無料で手に入ります。

あなたが何かのスキルを身に着けたいとなれば、Youtubeで調べればたいてい出てきますよね。

また、Voicyなどの個人が発信するタイプのラジオの台頭により、より身近に人の考えに触れることができるようになりました。

インターネットがなかった時代、時間を潰すのが難しかったように思います。

また、何か教えてもらおうとすれば、お金がかかるものでした。

しかし、今なら楽しい時間は無料でいくらでも手に入れれますし、無料で学べます。

情報を得て、あなたが新たな価値を生み出すことができます。

・発信者の情報の価値

あなたが、情報を発信したりすることもできます。

SNSやブログなどがありますよね。

そこから、人を集めることができます。

人が集まれば、商いができます。

インフルエンサーやブロガーなどの仕事がそれですよね。

・まとめ

風の時代とは、風、つまり目に見えないものが重要視される時代です。

例えば、時間体験情報などですね。

風の時代は、柔軟に働けるようになれば、あなたの時間をより自由に使えるようになると考えていいでしょう。

また、体験がより重要視されていきます。

体験を得て、学び、そこから何を得て、どう生かすのか。

これが大切です。

その際に必要になる情報ですが、情報が尽きることはないです。

それは、読者や発信者双方にメリットがあるからです。

情報の価値は2つあります。

それは、

・情報が新たな価値を生む
・人を集める

です。

この読者と発信者の両者のメリットが存在するので、情報発信をする人はいなくならないでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

WORKに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-WORK, フリーランス
-, ,