座骨神経痛の体験談!椎間板ヘルニアと診断されて回復するまで

座骨神経痛の体験談!椎間板ヘルニアと診断されて回復するまで

LIFE

公開日2020/10/17 更新日2020/10/17

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog369記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

座るとお尻や足がしびれることはないですか?

もしかすると、座骨神経痛かもしれません。

座骨神経痛とは、病気名ではなくて症状のことです。

頭痛や腹痛みたいなものですね。

私は、座骨神経痛を体験しました。

当時はまっすぐ立つことすらできませんでした。

しかし、今は治癒しています。

MRIをとって大きな病院で手術の必要性を調べたこともあります。

私の場合は、手術は不要で、自然に治るということでした。

これはあくまでも体験談であり参考程度にとどめ、症状のある方は、整形外科に行ってみてください。

あなたが回復することをお祈りしています。

目次は次の通りです。

  • 座骨神経痛の体験談
    ・整形外科へ行く
    ・手術は必要ない
    ・痛みが和げる方法
  • まとめ

それでは解説します。

・座骨神経痛の体験談

整形外科へ行く

腰が痛かったり、お尻から足裏にかけてしびれていたので、整形外科に行きました。

すると、レントゲンをとられてヘルニアの可能性があると言われました。

詳細を調べるためにMRIを取りにいくことに。

すると、なんと椎間板ヘルニアであることが分かりました。

椎間板が神経を圧迫している状態でした。

その時は、まっすぐ立つことができませんでした。

腰をくねっと横に曲げた状態で歩いていました。

手術は必要ない

街の診療所では、手術をすれば治るということだったのですが、大きな病院でMRIの結果を持って診療をすることにしました。

すると、手術の必要はないとのことでした。

吐出した椎間板が、次第に髄液で溶かされて自然に治るといわれたんですね。

それまで3か月から半年かかると言われました。

案の定、お医者様の言う通り、次第に痛みが和らいで自然に治癒したんですね。

痛みが和げる方法

私が行っていた痛みを和らげる方法を紹介します。

・ロキソニンやシップを貼る

お医者様から処方されたロキソニンを飲んだり、シップを貼っていました。

これは、処置しないよりはいい方法です。

痛みが完全になくなるというわけではありませんでした。

・腰にコルセットをつける

痛みがあるときは、コルセットを腰に巻いていました。

コルセットといっても薄い鉄板が数枚縦に連なっていて、それをゴムでつないだ簡易的なものです。

[Amazonブランド]SOLIMO 腰椎医学コルセット (腰用サポーター) 白 Mサイズ

姿勢が強制されて腰回りをささえて、楽になりました。

しかし、コルセットに頼るとよくないと言われました。

なぜなら腰回りの筋肉が衰えるからです。

しかし、症状が悪いときは痛みが和らいだのは事実です。

・正しい姿勢で座る

椅子に正しい姿勢で座ると、痛みが和らぎます。

また、足を組んで座ると痛みがぶり返していました。

なので、足を延ばした正しい姿勢で座ることをおすすめします。

・まとめ

腰やお尻から足にかけて痛い場合は、座骨神経痛の可能性があります。

整形外科に行ってみて、診断を受けてみてください。

私の場合は、椎間板ヘルニアから併発したものでした。

しかし、自然治癒できるものであると言われたので、必ずしも手術が必要なものでもないみたいです。

確かに、腰が完全に治ったわけではありませんが、現在は当時の痛みはなく、普通に過ごせる状態まで回復しました。

あなたの症状がよくなることをお祈りします。

以上、参考になれば幸いです。

LIFEに戻る