フリーランスに向いている人の考え方

フリーランスに向いている人の考え方

2020年8月14日
WORK

公開日2020/8/14 更新日2020/8/16

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog401記事/月1万7千PV/
ラズパイ・Python実験中

フリーランスに興味はありませんか?

フリーランスとして働いていけるだろうかと思うかもしれません。

フリーランスになれば、働くのは自分の裁量でできます。

朝遅くスタートしても、昼早く仕事を切り上げても、誰にも文句を言われることはないんですね。

そういう良さにフリーランスで働くことに夢を抱いているかたがいるかもしれません。

私は、10年のサラリーマン生活に区切りをつけて、フリーランスに挑戦することにしました。

作曲家と文筆家なんですけども、フリーランスは自分に向いているな感じます。

また、世の中を見渡して、この人はサラリーマン向けだなとか、フリーランスに向いているなと思うことがありますので、その特徴を上げていきます。

この思考法は、サラリーマン時代から持っていたのではなく、フリーランスになった経験や自己啓発書を読んで身に着けていったものです。

目次は次の通りです。

・投資の価値観を持っている人
・マーケティング思考ができる人
・トレンドが読める人
・何回でもbetできる人
・自分の事業をしたい人
・マイペースな人

それでは解説します。

・フリーランスに向いている人の考え

投資家の価値観を持っている人

指標はお金だけではありません。

フリーランスとなれば、自分の事業の将来性に投資できなければなりません。

例えば、毎月2000円しか最初稼げなかったときに、あなたはどう考えますか?

もう無理だと思いますか?

そこで登場するのが、投資家の考えです。

特に、ファンダメンタル分析というのでしょう。

あなたの事業の将来性から、今は2000円だとしても数年後には期待できるかどうか判断できるわけですね。

期待に応えられないようなら、別の事業を開拓していきます。

もし、あなたが投資家の考えがなければ、月に2000円の現状をみて、これならサラリーマンをしたほうが楽だなと考えてしまうんです。

事業のスタートは、もちろん稼げなくて当たり前です。

そこが、分かるかどうかです。

マーケティング思考ができる人

サービスを作るだけが、フリーランスの仕事ではありません。

サービスの提供先が必要なわけです。

どうせサービスを作っても誰も使ってくれないだろうというネガティブ思考に初心者は陥りがちです。

マーケティング思考をもって、需要はどこにあるのか考えるのが大切です。

ブログをしている方なんかはWebマーケティングになじみがあるかもしれません。

SNSをしている人ならSNSマーケティングになじみがあるかもしれません。

WebマーケティングやSNSマーケティングは、初心者でも理解しやすく取り組みやすいのでおすすめです。

なにせ、インターネットでお客さんにアプローチできるなんてとても便利ですよね。

トレンドが読める人

時代の流れを読むことも大切です。

何事も、テクノロジーの進化とともに、トレンドは変わるものです。

ビットコインが流行った時などトレンドが入ったら、一番に行動できる人は、先行者利益が受け取れます。

なぜなら、みんな調べだすからです。

そのときに、例えばブログをしている人が記事を書いていたら、あなたの記事はたくさん読まれるでしょう。

そこから、あなたの人気が出て、SNSのフォロワーが急増することだってあり得ます。

何回でもbetできる人

成功者の話を聞くと、10回したら、最初の9回は失敗して10回目でコツがわかりだすということです。

最初サービスを作っても、9回はお客さんがつかないもんなんですね。

つまり、サービスを作って、とりあえず実施してみるとういことをが必要です。

つまり、何回もbetするんですね。

betは、お金をかけるという意味です。

つまり、コインを投下する作業ですね。

ルーレットでもなんでも、コインを投下しないと、勝てませんよね。

コインを投下して、さあ、今回は勝てるかなと、勝負ができるわけです。

自分の事業をしたい人

雇われるのが嫌いな人いますよね。

彼らはいいます。

雇われサラリーマンで仕事は、会社のための仕事であって、自分の事業を成長させるものではないと。

つまり、給料がもらえるのは時間を売っているからだと。

また先日次のようなツイートをしました。

こう思う人こそ、自分で事業を作るべきですね。

マイペースな人

周りが気にならない人は、フリーランスに向いていると思います。

自分は自分、相手は相手だと考えれる人です。

フリーランスは、自分の事業をコツコツ積み上げる必要があります。

周りに振り回されるよな人だったら、積みあがるものも積みあがらないですよね。

・まとめ

フリーランスに向いている人の特徴は、下記です。

・投資家の価値観を持っている人
・マーケティング思考ができる人
・トレンドが読める人
・何回でもbetできる人
・自分の事業をしたい人
・マイペースな人

全部に当てはまらくても、フリーランスになりながら吸収していけるマインドです。

以上、参考になれば幸いです。

WORKに戻る