ブログ記事に必要な文字数の例が書かれている。

BLOG ブログ書き方

ブログの文字数は何文字が最適か?私の検索順位TOPの文字数【実体験】

2021年3月26日

この記事の信頼性について

  • 京都大学大学院を卒業後、サラリーマンを10年経験。
  • 現在個人事業主として奮闘中。
  • 研究気質があるブロガー。
  • Webマーケを勉強しブログ開始1年で年間13万PVを達成。
  • 読者に有益な情報となり、少しでも読者の日々の生活を明るくできるよう心がけて執筆します。

ブログ記事を書いているけど、検索上位に上がらない。

文字数が足りてないのかな?

などブログに必要な文字数について疑問に思いますよね。

先日次のようなツイートをしました。

私は、これまで500記事を書いてきて、検索上位1位の記事をいくつか保持しています。

その記事を見て気づいたことは、最適な文字数に決まりはないということです。

読者の悩みが解決されるのに必要な文字数が必要ということです。

しかし、参考にできる文字数というのがあります。

具体的な必要な文字数の調べ方を本編で解説します。

目次は次の通りです。

・ブログの文字数は何文字が最適か?

質問。

・私の検索順位TOPの文字数【実体験】

下記表は、私の検索1位の文字数を調べたものです。

それぞれ見て見れると、記事Dに関しては、1174文字で1位をとってますが、記事Aに関しては8126文字も記入しています。

検索順位文字数
記事A1位8126
記事B1位4544
記事C1位1685
記事D1位1174

これから分かることは、必要な文字数はキーワードによって異なるということです。

・必要な文字数とは?

文字。

・キーワードによって必要な文字数が異なる

GoogleのJohn Mueller氏のツイートによると、

翻訳すると、

一般的に言って、ページにテキストがほとんどないからといって、必ずしも品質が低いとは限りません(写真のWebサイトを考えてみてください)。それは、ユーザーがそれらのページにアクセスしたときに何を見つけることを期待しているかによって異なります。

Mihai氏のツイートの翻訳

私はあなたとミハイに同意します:)。単語数は品質を示すものではありません。

GoogleのJohn Muller氏のツイートの翻訳

文字数は、記事の品質をきめることではないとはっきりとおっしゃってますね。

1つ言えることは、狙うキーワードによって必要な文字数は異なるということです。

必要な文字数とは、読者の悩みが解決されるのに必要な文字数が必要です。

・具体的な必要な文字数

・3000文字以上を目安にする

必要な文字数というのはキーワードによって異なりますが、経験的に3000文字以上が目安になると考えています。

やはり文字数が多いと、

・読者の検索意図を満たしやすい
・それぞれのテーマに対し詳しくかかれている

と言えます。

これが、SEOで評価される要因になります。

なぜなら、読者満足度が検索アルゴリズムに影響するからです。

・最後まで記事を閲覧された
・あなたの記事を読んだあと、問題が解決されたので他の記事をクリックしない

などが評価されます。

文字数の多さはある程度必要になるロジックをご理解いただけたでしょうか。

3000文字以上を目安として記事を書き、読者の問題をしっかり解決して、あなたの記事を読んで満足してもらえればいいわけです。

・検索上位の記事の文字数を参考にする

とはいえ、もっと具体的な必要な文字数を知りたいですよね?

検索1位をとるために必要な文字数を調べる方法があります。

それは、あなたが狙っているキーワードの検索1位の記事の文字数を見ることです。

すると、およその目星はつきますよね。

他サイトの記事の文字数をカウントする方法を解説します。

・他サイトの文字数をカウントする方法

他サイトのWebページの文字数をカウントするには、Chrome拡張機能の「かんたん文字数カウント」と呼ばれる機能を使います。

上記リンクをクリックし、「Chromeに追加」をクリックします。

かんたん文字カウントをGoogle Chromeに追加する。

続いて、「拡張機能を追加」をクリックします。

かんたん文字カウントの拡張機能を追加する。

文字カウントの方法は、

・カウントしたいWebページを開く
・文字をドラッグして右クリック
・「選択したテキストの文字数をカウント」をクリック

します。

Google拡張機能のかんたん文字数カウントで文字数をカウントする。文字をドラッグ。

すると、文字数が表示されます。

Google拡張機能のかんたん文字数カウントで文字数をカウントした結果。

・1日1記事の毎日更新【私の失敗談】

タイプライター

毎日更新の基準が、1日1記事増やすことになっていませんか?

もしそうなれば、十分な文字数と品質を確保できず更新されている可能性があります。

あなたの1日に書ける記事数は何文字でしょうか?

例えば、2000文字だとすれば、毎日更新したあげく、どの記事も2000文字以下の記事になってしまします。

下記は、私のアクセス数の推移です。

400記事手間までは、順調に記事数に応じてアクセスが伸びていましたが400記事以降は停滞をしています。

毎日更新の軌跡。

私の過去の方針としては、

・1日1記事
・1日1500文字から2000文字

で書いていました。

つまり、どの記事も2000文字以下になってしまっていたんです。

既に説明したように、記事に必要な文字数は、読者を満足させるための文字数が必要です。

キーワードによっては、2000文字では足りないこともあるんですね。

結果を見てみると、アクセスは停滞。

もっと、読者を満足させる記事を書く必要があるわけです。

毎日更新するにしても、1日1記事ではなくて、文字数で区切ればいいですね。

例えば、1日2000文字書くと決めておくんです。

検索1位の文字数を見て6000文字必要だと分かったら、3日で書き上げればいいわけです。

・まとめ

記事に必要な文字数は、キーワードによって異なります。

1000文字で足りることもあれば、8000文字必要なことがあります。

具体的な必要な文字数ですが、3000文字が目安です。

また、キーワードごとにどれくらいの文字数が必要かどうか気になる方は、検索上位の記事数を調べてみてください。

毎日更新の弊害として、文字数が十分に足りていない場合があります。

1日1記事と記事数で区切りをつけるのではなくて、文字数で区切りをつけるといいですよ。

【コラム】ブログサービスの課金を惜しまないほうがいい理由

ブログをやってて気づいたこともあります。

これまで、600記事を書いてきて、何時間使ったのだろう。

ふと思いました。

1記事2時間使ったとしても1200時間です。

時給1000円だとしても、120万円。

すごいですよね。

それもほぼただ働きの状態。

そう考えると、もっとブログに課金するべきだと考えるようになりました。

いい環境でブログを書くべきだと考えたからです。

安いレンタルサーバーを使って、無料のWordPressテーマを使ってそれで1200時間を投下する。

とっても効率悪いと思うんですよね。

ちょっと気づくの遅いですよね。

なので、サーバーもマイナーなところから、エックスサーバーに乗り換えました。

また、WordPressテーマも、無料テーマからAffingerに乗り換えました。

また、Affingerでは、有料のプラグインも使うようになりました。

これぐらいしても、まだまだ課金は少ないと思います。

もっと、いい環境でブログを書くべきだと思っています。

エックスサーバーの口コミ!使ってみた率直なレビュー

以上、参考になれば幸いです。

Blog運用術のトップ記事に戻る

アイキャッチ画像はRawpixel.com - jp.freepik.com によって作成された background ベクトルです。

作曲・文筆の趣味にもなって夢があふれる副業

副業する時間は無駄にできません。

作曲・文筆の副業を始めれば、スキルが貯まる。

スキルがたまれば、いつの間にかプロになれる。

作曲・文筆を続ければ、

  • 作曲家、編曲家、音楽プロデューサー
  • 小説家、ブロガー、コピーライター、マーケタ

にデビューしているかもしれません。

ボカロで音楽活動を始める方法

-BLOG, ブログ書き方
-, ,