Webデザインを独学する方法!WordPressカスタマイズができるようになるために

Webデザインを独学する方法!WordPressカスタマイズができるようになるために

2020年6月2日
BLOG

公開日2020/6/2 更新日2021/2/4

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

颯 Souのイラスト

小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。

趣味になる・積み上げれる【作曲・ブログの副業】を応援!
【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
【作曲】20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過
【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV

・WordPressカスタマイズをどのように勉強したらわからない

Webデザインを学びたいかたは、このブログを読む価値があります。

今回の記事は、Webデザインを独学する方法について取り上げています。

先日次のようなツイートをしました。

一般的にWebデザインをしようと思えば、デザインプログラムの二つを学ぶ必要があります。

Webデザインの勉強、特に独学の仕方を解説します。

目次は次の通りです。

  • Webデザインを独学する方法
    ・デザインは外注しよう
    ・プログラムの独学
    -Progate
    -ドットインストール
    ・勉強が足りないかたは
  • まとめ

それでは解説します。

・Webデザインを独学する方法

デザインは外注しよう

デザインは、Illustratorと呼ばれるイラストを書くソフトと、Photoshopの写真を加工するソフトの勉強がおすすめですが、これらは有料ソフトです。

無料では、Inkskacpeというイラストを書くソフトと、GIMPという写真を加工するソフトがおすすめです。

ただ、なかなかデザインとプログラムの両方を勉強するのは、時間的にも厳しいという意見もあります。

私は、Webデザイン学校でIllustratorとPhotoshopの使い方を勉強しました。

なかなか自分でIllustratorとPhotoshopを勉強するのは難しいので、デザインの学校にいくか、もしくはあきらめるのも手です。

念のため、私が使ったillustratorの教科書を掲載しておきます。

これは、「世界一分かりやすい」と本のタイトルにうたっているだけあって、とても分かりやすいです。

レッスン形式になっており、読み進めて実際に使ってみることで自然に使えるようになっていきます。

一人で読みながら独学していくことができます。

またPhotoshopの教科書も掲載しておきます。

私は、Webデザインをする上でプログラムのみの独学でも問題ないと思います。

デザインは、すでにデザインされた写真やイラストを使えばいいと思うからです。

おすすめの画像サイトは、有料のものですと、Shutterstockです。

Shutterstockは、とてもデザインの凝ったイラストや写真がそろっていて、お金をかけれる人は使ってみることをおすすめします。

また、お金をかけたくないという方も、おすすめのフリーの画像サイトがあります。

それは、freepickという画像サイトです。

こちらは、画像をフリーで使う代わりに、記事に画像引用元のリンクをつける必要があります。

私自身も、Shutterstockとfreepickを併用しています。

また、いざとなれば、デザインは外注すればいいと思います。

よく使うサイトはココナラというWebサービスです。

Googleクロームでココナラと検索すればすぐ出てきます。

念のためリンクをはっときます。

Webデザインの仕事をするために、プログラムとデザイン両方のスキルが必要だといいましたが、プログラムが得意な方は、デザインが得意な人と組めばいいと思います。

プログラムの独学

私は、ほぼ独学でプログラムを勉強してきました。

独学でも、プログラムを勉強できた理由は、Webのサービスが有益だからです。

・Progate

まず、おすすめしたいのが、Progateというサイトです。

こちらは有料サービスです。

先日次のようなツイートをしました。

私は、HTML&CSS, JavaScript, PHP, jQuery, Node.js, React, SQLを勉強しました。

WordPressをカスタマイズする目的で勉強するなら、HTML&CSS, JavaScript, PHP、SQLあたり勉強すればいいと思います。

HTMLは、Webページの構造を決めるマークアップ言語です。

CSSは、Webページの装飾をするためのスタイルシート言語です。

JavaScriptは、Webページの動きをつけるプログラム言語ですで、ブラウザ上で動作します。

PHPは、HTMLの中にプログラムを記述できる、サーバーサイドで動くプログラム言語です。

SQLはデーターベースとからデータを取り出したり、更新したり、削除したりするためのデーターベース言語です。

・ドットインストール

WordPressの独学の勉強をするのは、おすすめはドットインストールというWebサービスです。

こちらでは、独自テーマのデザインの仕方が学べます。

・勉強が足りないかたは

Webデザインの勉強が一人でできない方は、プログラミングスクールに通ってみるのも手です。

HTMLやCSSを独学しても、なかなかWordPressのカスタマイズに紐づかないという方をよく聞きます。

上記のTECHACADEMYは4週間プラン社会人の場合149,000円のプランがあります。

この価格を高いか安いかで考えると、将来副業で仕事を受注できれば最初の1回分で取り返せますよね。

ただし、独学でも十分対応できます。

まずは、独学で、WordPressをカスタマイズするには何を勉強したらいいか考えてからでも遅くはないですね。

SEO対策が施されたWordPressテーマ【賢威】!沈黙のWebマーケティングでおなじみ
公開日2021/2/4 更新日2021/2/4 ・はじめに SEOに強いと言われるテーマをお探しではないですか? どうせブログを始めるなら、上位の検索表示のでき…
soublog-goodluck.com

・まとめ

Webデザインの勉強は、デザインとプログラムの勉強が必要ですが、デザインは誰かに依頼したり外注ができますので、プログラム学習だけでもいいと思います。

ココナラは使いやすいので登録しておくことをおすすめします。

おすすめのプログラムの勉強の方法は、ProgateとドットインストールのWebサービスです。

どちらも有料ですが、月に1000円ほどなので、サクッとプログラムを勉強して退会すればオッケイです。

勉強が足りない方は、オンラインスクールに通ってみるのも手です。

お金を出せば、楽にスピーディーに学ぶことができます。

以上参考になれば幸いです。

BLOGに戻る