インストールをしている様子を表すイラスト。

BLOG ブログ始め方

WordPressを手動でインストールする手順!FFFTPソフトを使う

公開日2020/1/21 更新日2021/8/18

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

WordPressを手動でインストールする方法を解説します。

また、WordPressのファイルをサーバーへのアップロードするために、FFFTPを用いて解説します。

手動でWordPressをインストールするのは難しそうと思うかもしれませんが、手順を踏んでいけば誰にでもできます。

レンタルサーバーにWordPressをインストールできる機能がない場合は、試してみてください。

目次は次の通りです。

・WordPressを手動でインストールする方法

インストール。

・WordPressをダウンロード

WordPressを下記サイトから入手します。

https://ja.wordpress.org/download/

ダウンロードを実行すると、wordpress-5.4.1-ja.tar.gzという圧縮ファイルがダウンロードフォルダに入ります。

WordPressのファイルのバージョンは、異なっていて問題ありません。

WordPressファイルを解凍します。

解凍ソフトは、Lhaplusなどを使うといいです。

・FFFTPソフトでアップロード

FFFTPをサーバーに接続してください。

FFFTPダウンロード

FTTTPの左の画面がローカルで、デスクトップに解凍後のwordpressのフォルダを表示します。

右の画面がサーバー側です。

今回は、右側のルートにwpというフォルダを作ります。

もし、https://www.xxx.jpの中にwpというフォルダを置く場合、ワードプレスのアドレスは、https://www.xxx.jp/wpとなります。

WordPressをインストールする手順を表した画像。FFFTPを使う。FFFTPでフォルダ作成。

解凍されたwordpressのフォルダの中身をすべて、サーバーのwpフォルダの中にアップロードします。

少し時間がかかります。

WordPressをインストールする手順を表した画像。FFFTPを使う。WordPressファイルをアップロード。
WordPressをインストールする手順を表した画像。FFFTPを使う。フォルダの属性変更。

wpフォルダを右クリックして、属性を705に変更します。

なお、私の場合、デフォルトで属性は705でした。

なお、wpフォルダのwp-contentフォルダも同様に705にします。

・ブラウザからアクセス

Google Chromeなどのブラウザから、https://www.xxx.jp/wpにアクセスします。

すると、下記画面が表示されます。

「さあ、始めましょう」をクリックします。

WordPressをインストールする手順を表した画像。データーベースの設定をする。

新規の場合は、MySQLのデーターベースを作成する必要があります。

MySQLを追加して、データーベース名を決めてください。

MySQLのユーザー設定で、データーベースのユーザー名と、データーベースのパスワードを決めてください。

作成したデーターベースの権限をユーザーに与えてください。

なお、データーベースのホスト名は、情報はサーバーの管理情報などから取得してください。

下記記入欄に、データーベース名、ユーザー名、パスワード、データーベースのホスト名を入力します。

WordPressをインストールする手順を表した画像。データーベースの情報をインプット。

設定が正しいと、下記画面が表示されます。

・WordPressのインストール

WordPressはデーターベースと通信ができる状態になりました。

「インストール実行」をクリックします。

WordPressをインストールする手順を表した画像。WordPressのインストールを実行。

WordPressのインストールプロセスに入ります。

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを設定します。

また、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」は、チェックを外しておきます。

「WordPressをインストール」をクリックします。

WordPressをインストールする手順を表した画像。WordPressのインストールを実行した後の、インストールプロセス。

これで、WordPressインストールの成功です。

WordPressをインストールする手順を表した画像。WordPressのインストールが完了。

WordPressのインストールが完了したら、記事の投稿や、テーマの選定、プラグインの導入をしてみましょう。

・まとめ

レンタルサーバーを手動でインストールをする方法を解説しました。

・ワードプレスをダウンロード
・FFFTPソフトでアップロード
・ブラウザからアクセス
・WordPressをインストール

の手順でWordPressをインストールできます。

※WordPress簡単インストール

レンタルサーバーにWordPressを簡単インストールできる機能があれば、わざわざ手動でWordPressをインストールをする必要はありません。

簡単インストールできるレンタルサーバーがあります。

例えば、ロリポップやエックスサーバーです。

両者の比較をしました。

詳細は下記。

エックスサーバーとロリポップの徹底比較!【レンタルサーバー】

ただし、WordPressインストールの機能がない場合には今回の記事が役に立つと思います。

以上、参考になれば幸いです。

BLOGに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-BLOG, ブログ始め方
-, , ,