リビングルームでソファーに座って電話をしている女性。

ENGLISH

チャレンジ!英語学習にマンネリを感じたら外国人と話してみる

公開日2020/2/19 更新日2021/9/13

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

・学校で英語が得意だった
・TOEICや英検で高い資格を持ってる
・最近、英語の勉強がマンネリ化している

こういう方は、外国人と英語で会話をしてみると、世界が広がることがあります。

学生の頃はリスニングやリーディングの中心の勉強だったと思いますが、実際に外国人と会話をしてみると、

・英語の会話って楽しい
・もっと自分の気持ちを伝えたい

と思うことでしょう。

英語の勉強って、何も大学受験や会社の昇進試験のためだけに必要なわけじゃないですよね。

もっと大きなテーマというのがあって、異文化コミュニケーションです。

目次は次の通りです。

・チャレンジ!英語で外国人と話す

先日次のようにツイートしました。

もしあなたが、日々の英語の勉強でマンネリを感じているのなら、実践に移る段階にきています

マンネリを感じるというのは、あなたは今、ほぼ失敗しない環境にいるということです。

つまりぬるま湯ですね。

自分の勉強のレベルを上げないと、いつまでたっても同じレベルをうろうろします。

英語学習において、スピーキングやライティングにもっとチャレンジするべきです。

「でも、周りに外国人なんていないし。」

そう思われるかもしれません。

その場合は、留学してもいいし、SNSでつながってもいいと思います。

また、最近はオンラインの英会話もあります。

格安で英会話のレッスンを毎日受けることができます。

・赤ん坊のように吸収しよう

・量をこなして話せるようになる

日本語が話せるようになったことって覚えてますか?

赤ん坊のとき、周りの人の会話を聞いて、自分から話そうと何度もチャレンジしている間に、話せるようになったと思います。

おそらく、「自分の気持ちを伝えたい

そういう気持ちがあったのではないかと思います。

何かを勉強するというより、何度も何度も自分の気持ちを伝えようと言葉を発して、親から間違いを指摘されながら成長していったのではないでしょうか。

英会話もこれに似ています。

ある程度の英語の文法を身につけたら、あとはどれだけの量を外国人と話すかで上達度合いが決まってきます

TOEICテスト対策

・英語を話す環境に移るのは得策

短期で留学して、英語を話せるようになって帰国してくる人いますよね。

異国にいえば、赤ん坊のようなものです。

英語が唯一のコミュニケーション手段となります。

そうなれば、嫌でも自分の気持ちを相手に伝えようとしますよね。

留学中は自分の気持ちや状況を相手に説明する必要のある環境に追い込まれるので、短期間で英語が身につくのだと思います。

英語を話せる環境に移るのも大切です。

・まとめ

英語学習にマンネリを感じたら、外国人と話してみてください。

・英語の会話って楽しい
・もっと自分の気持ちを伝えたい

このように思うはず。

どれだけ外国人と話すかで上達度合いが決まってきます。

自分の状況や気持ちを伝える必要のある環境に追い込むのが、英語を話せるようになる手っ取り早い方法です。

留学をしてみる、SNSで外国人と繋がってみる、オンライン英会話をするなどチャレンジしてみてください。

東洋経済オンラインや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介の英会話 

以上、参考になれば幸いです。

ENGLISHに戻る

アイキャッチ画像は Stockking - jp.freepik.com によって作成された coffee 写真です。

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-ENGLISH
-, ,