ポジティブでいようというメッセージに、グッドサインを指で表現した画像

THOUGHT 自己啓発

落ち込んでいる人を励ます言葉!10の事例

公開日2020/5/14 更新日2021/8/18

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

大切な人が落ち込んでいて励ましたいですか?

もしくは、あなたが落ち込んでいて励ます言葉を聞きたいですか?

どちらにせよ、言葉というのはパワーがあり、言霊です。

私が、もし落ち込んでいる人を励ますなら、なんと声をかけるか考えてみました。

いくつか事例を紹介します。

・病気をしてしまった:「年をとったら誰でも持病の一つぐらい持ってるよ」
・勉強ができない:「夢中になることが他にあったらそれでいいじゃない」
・悲しい:「今度、ぱーっと遊びにいこうよ」
・緊張している:「人は、自分のことばかり考える生き物だよ。ほら、周りの人をにんじんだと思いなさい」
・失恋した:「異性は星の数ほどいるよ」
・成果がでない:「ならない果実はないよ」
・失敗した:「失敗事はまだ咲かない苗だね」
・絶望している:「過去を振り返って未来に期待しよう」
・負けた:「敗因が分かれば、試合にまけても人生に勝っている」
・怒られた:「怒るほど、君の成長に期待してくれる人はそうそういない」

もちろん、人によって言うべき言葉は変わるかもしれませんが、参考にしてみてください。

目次は次の通りです。

・落ち込んでいる人を励ます言葉10の事例

・病気をしてしまった

誰かが病気をしてしまった時、励ます言葉は次の通りです。

「年をとったら誰でも持病の1つぐらい持ってるよ」

ハンデを持ったのはあなただけではないよと伝えるんですね。

・勉強ができない

勉強ができない息子に、励ます言葉は次の通りです。

「夢中になることが他にあったらそれでいいじゃない」

自分の道は一つではないことを教えるんですね。

裏を返せば、夢中になることがなければを探しなさいということです。

・悲しい

友達が悲しんでいたら、励ます言葉は次の通りです。

「今度、ぱーっと遊びにいこうよ」

悲しい時こそ、何かに夢中になって忘れることが大切です。

悲しい時の薬は、時間ですからね。

悲しいことを忘れる楽しい時間が必要です。

・緊張している

発表会で緊張している人にかける励ます言葉は次の通りです。

「人は、自分のことばかり考える生き物だよ。ほら、周りの人をにんじんだと思いなさい」

緊張している人の特徴として、自意識過剰になっている場合があります。

人はそれほどあなたに関心はないことを教えてあげるんですね。

そうすると、気が楽になります。

・失恋した

友達が失恋した時にかける励ます言葉は次の通りです。

「異性は星の数ほどいるよ」

あなたの恋愛の可能性はたくさんあるということを伝えるんです。

・成果がでない

仕事で成果を出せない同僚にかける励ます言葉は次の通りです。

「ならない果実はないよ」

毎日行動し、積み上げていけば、いずれ到達するということです。

半年後:先が見えない
1年後:しっぽが見えた こんな感じです。

・失敗した

事業に失敗したパートナーにかける励ます言葉は次の通りです。

「失敗事はまだ咲かない苗だね」

何かにチャレンジすることは、種を植える行為です。

失敗しても、咲いていないだけで苗は育っていきます。

・絶望している

絶望しているパートナーにかける言葉は次の通りです。

「過去を振り返って未来に期待しよう」

半年前から現時点までの成長を見ると、半年後の自分にワクワクしませんか?

がんばっている人こそわかる言葉ではないでしょうか。

・負けた

試合に負けた子供にかける励ます言葉は次の通りです。

「敗因が分かれば、試合にまけても人生に勝っている」

試合に負けたことをくよくよするより、2度同じやり方で負けないようにすれば、あなたは強くなれるということを伝えるんですね。

・怒られた

上司に怒られた人にかける励ます言葉は次の通りです。

「怒るほど、君の成長に期待してくれる人はそうそういない」

怒るのはあなたのことを思っているからだと伝えるんです。

・まとめ

今回は、落ち込んでいる人を励ます言葉を考えてみました。

ちなみに、前向きな発信は私を元気にしています。

なので、そのエネルギーをおすそ分けします。

まとめると

・病気をしてしまった:「年をとったら誰でも持病の一つぐらい持ってるよ」
・勉強ができない:「夢中になることが他にあったらそれでいいじゃない」
・悲しい:「今度、ぱーっと遊びにいこうよ」
・緊張している:「人は、自分のことばかり考える生き物だよ。ほら、周りの人をにんじんだと思いなさい」
・失恋した:「異性は星の数ほどいるよ」
・成果がでない:「ならない果実はないよ」
・失敗した:「失敗事はまだ咲かない苗だね」
・絶望している:「過去を振り返って未来に期待しよう」
・負けた:「敗因が分かれば、試合にまけても人生に勝っている」
・怒られた:「怒るほど、君の成長に期待してくれる人はそうそういない」

言葉ってパワーがあります。

あなたが良い言葉を使えば、それが言霊となります。

あなたのプラスの言葉・行動は、誰かにプラスとなって、そして最後自分に返ってきます。

■自発的に自己啓発をしたい方へ

私のように、自己啓発のブログを作ってみませんか?

先日次のようなツイートをしました。

自分の言葉を外に出すと、自己肯定感があがりますよ。

一番自分の言葉を聞いてるのは自分です。

・ブログの作り方を知らない

って方は下記記事をクリックしてください。

【徹底解説】自己啓発ブログの作り方の具体的手順

20分ほどでブログが立ち上がります。

今、少し手が離せないって方は、ブックマークをおすすめします。

以上、この記事が参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-THOUGHT, 自己啓発
-