「ブロックチェーンゲーム スカラーシップは稼ぎやすい!?」と書かれたサムネイル。

GameFi WEB3

ブロックチェーンゲームのスカラーシップは稼ぎやすい!?

公開日2021/12/7 更新日2022/1/19

颯 Souのイラスト

このブログの権威性

  • 京大院卒業後、就職
  • 現在、作曲家ブロガーのフリーランス
  • 昨年、soublogが14万PV

ブロックチェーンゲームのスカラーシップをしっていますか?

私は、Axie Infinityのスカラーシップをやっていて、現在スカラーが10名ほどいます。

スカラーとは、あなたのサブアカウントでゲームをプレイしてくれる協力者のことです。

あなたがスカラーの初期費用を肩代わりをする代わり、報酬の数割を手に入れる契約をします。

正直なところ、リスクがありますが、稼ぎやすいです。

リスクとは様々なものがありますが、例えば、スカラーを雇えば初期費用がスカラー分多くなり、原資回収するまでに時間を要します。

しかし、一度原資回収をすれば、スカラーがゲームをプレイさえしてくれば、あなたがプレイしなくても、どんどん仮想通貨が増えていきます。

・ブロックチェーンゲームのスカラーシップは稼ぎやすい!?

・スカラーシップとは

スカラーシップとは、スカラーがゲームを始めるのにかかる初期費用を肩代わりして支払い、スカラーが稼ぐ報酬の何割かをいただくシステムです。

ゲームの運営が認めた制度です。

中には、スカラーシップをしていない場合もありますので、公式が認めているかを知る必要があります。

・スカラーシップのリスク

スカラーシップのいいところは、レバレッジが効くところです。

1人でプレイしているだけでは、1日1000円しか稼げないとしても、スカラーシップでスカラーを雇えば何倍も稼ぐことができます。

例えば、人によっては100人ほどスカラーを雇っている場合があります。

ただ、リスクもあります。

スカラーシップのリスクとは、

・原資回収まで時間がかかる
・スカラーがゲームが弱い場合がある
・個体選びで失敗するかもしれない
・マルチアカウントなどで不正をするかもしれない
・報酬トークンの価格が不安定
・スカラーのモチベーション管理
・個体弱体化による資産価値の下落

があります。

・原資回収まで時間がかかる

初期費用を肩代わりするといいましたが、例えば、スカラー用のNFTを購入しないといけないといけませんし、もし早い段階でゲームが途中で終わってしまったら、スカラー分の初期費用分、損してしまいます。

・スカラーはゲームが弱い場合がある

また、スカラーを雇ったとしても、スカラーがゲームが上手いとは限りません。

スカラーが負け続けてしまうかもしれません。

ゲームに勝てなければ、報酬は期待できないですからね。

・個体選びで失敗するかもしれない

あなたがそのゲームのことを熟知していないと、スカラーに弱い個体を渡してしまうことになるかもしれません。

・マルチアカウントなどの不正をするかもしれない

スカラーシップには公式のルールがありますが、アクシーなどでマルチアカウントの不正をするスカラーもいます。

その場合は、アクシーが使えなくなるなどバン対象になります。

・報酬トークンの価格が不安定

ゲームに勝てば、報酬として仮想通貨を受け取れますが、この報酬トークンの価格が不安定です。

・スカラーのモチベーション管理

せっかくスカラーを雇っても、スカラーのモチベーションが維持されるとは限りません。

ゲームで負けすぎると、やる気を失って日々のゲーム回数が減る傾向にあります。

・個体弱体化による資産価値の下落

個体を買っても、公式による弱体化を受ける場合があります。

その場合は、資産価値が減ります。

・外国人をスカラーにする時代

ゲームの報酬が日本円で数百円でも、海外の貨幣価値で考えると数千円の価値がある場合があります。

例えば、日本人の月の給料は20万円ほどですが、フィリピン人の月の給料は4万円ほどだと聞きます。

つまり、5倍ほど差があるんですね。

だから、スカラーシップで何割かあなたに報酬がシェアされたとしても、フィリピンでは十分な報酬になるんです。

スカラーのマネージメントは大切です。

というもの、毎日スカラーがゲームをプレイしてもらうのがベターですが、サボる方も出てきますので。

時折、サボっている方を見つければ、声をかけてあげて、プレイできない理由など聞いてあげることが大切です。

・スカラーシップを始めるには

・ゲームを熟知しよう

スカラーシップを始めるために、まずはゲームを熟知する必要があります。

どんなNFTを手に入れるとゲームを有利に進めれるかを知る必要があるからです。

・スカラーシップの探し方

スカラーなんて見つかるだろうか?

そう思われるかもしれません。

スカラーを見つけるのは、意外と簡単です。

例えば、チャットのようなものですが、公式のディスコードを使ってみたり、ツイッターで募集をかけてみたりするといいです。

実際、ブロックチェーンゲームは世界中でプレイされており、スカラーになりたいと思う人が溢れています。

・エントリーシートを作ろう

また、スカラーを募集する場合は、エントリーシートを作成して回答してもらうようにしておくといいですね。

エントリーシートには、あなたのスカラーシップ制度のルールを書いて、それに同意してもらえる方を抽出することができます。

エントリーシートの作成は、Googleフォームで作成できます。

簡単に作ることができますよ。

・業務委託契約をする

スカラーシップを始めるには、スカラーと業務委託契約を結ぶ方がいいと思います。

何かのトラブルになった時に、契約書があれば、そこに書いているかどうか確認できますよね。

支払いのルールとか、スカラーを辞めるときのルールとか、違反時のルールとか書くことがあります。

契約書をあなたが作って、スカラーと結ぶといいです。

また、マネーロンダリングを疑われないようにするために、スカラーの写真付きのIDなどをもらっておくほうがいいでしょう。

スカラーに支払いをしたときは、レシートを発行し、そのレシートにスカラーにサインをしてもらうようにします。

支払い履歴を残しておくことで、外注費にできます。

・英語力とマネージメントに自信がある人は挑戦しよう

ブロックチェーンゲームの代表と呼ばれるAxie Infinityのゲーム以外も、スカラーシップを導入されているものがあります。

英語が話せたり、スカラーのマネージメントに自信がある方は挑戦してみてください。

もちろん、ブロックチェーンゲームはリスクがあるので、ご自身の判断でお願いします。

また、今後、いろいろなブロックチェーンゲームにスカラーシップが導入されると思われるので、要チェックですね。

・まとめ

ブロックチェーンゲームのスカラーシップはリスクがあるけど稼ぎやすいです。

スカラーとは、あなたのサブアカウントを使ってプレイしてくれる協力者のことです。

スカラーに無料でプレイさせてあげる代わりに、スカラーが稼いだ報酬の数割をいただくシステムです。

スカラーシップを利用すれば、レバレッジが働き、あなたのプレイの何倍もの報酬を得ることができます。

スカラーを雇うと、原資回収まで時間がかかりますが、一度原資回収をできれば、楽をして稼ぐことができます。

リスクとしては

・原資回収まで時間がかかる
・スカラーがゲームが弱い場合がある
・個体選びで失敗するかもしれない
・マルチアカウントなどで不正をするかもしれない
・報酬トークンの価格が不安定
・スカラーのモチベーション管理
・個体弱体化による資産価値の下落

があります。

英語力とマネージメントに自信がある人はやってみてください。

以上、参考になれば幸いです。

GameFiに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-GameFi, WEB3
-,