作曲家の颯 Souへセルフインタビュー!ボカロPはこれがあるからやめられない

作曲家の颯 Souへセルフインタビュー!ボカロPはこれがあるからやめられない
2020年1月28日

公開日2020/1/28 更新日2020/2/23

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している颯 Souです。

ボカロを作り続けてひた走ることで、AWA動画広告BGMプログラムに採用されて、なんと広告BGMで289万人に再生されて、ボカロPになりました。

一時期とはいえ、こんなたくさんの人の耳に入ったので驚きました。

その証拠がこちらです。

曲は、Spacewalkで、宇宙をテーマにした曲です。

先日、このようなツイートをしました。

作曲家になりたての自分へセルフインタビューをしたいと思います。

また、このようなツイートをしました。

大きく、再生回数289万人いきました。

ボカロPはこれがあるからやめられない!!

って気持ちですが、「でもね。。。」という本音の方も暴露したいと思います。

目次は次の通りです。

  • 作曲家の颯 Souへセルフインタビュー!
    -作曲を始めたきっかけは何ですか?
    -作曲の楽しみはなんですか
    -作曲の辛いところはなんですか?
    -今後どうしますか?
  • まとめ

それでは解説していきます。

・作曲家の颯 Souへセルフインタビュー!

作曲を始めたきっかけは何ですか?

創造の活動をしたかったというのが第一にあります。

自分の中のクリエイティブなものを外に出したい。

そんな気持ちが強かったです。

でもどうやった、自己表現をすればいいかわからない。

そこで、購入したのが、MTRです。

MTRはマルチトラックレコーダーで宅録というものです。

ZOOM R8 のMTRの紹介!ギターやマイクでレコーディングできます
公開日2019/08/31, 更新日2020/2/23 ZOOM R8 のMTRの紹介!ギターやマイクでレコーディングできます ・MTRとは MTRとは、マルチ…
soublog-goodluck.com

自宅で録音できる環境がととのったので、後は曲をこのMTRに録音していくだけです。

もともとロックが好きで、自分にもかっこいい曲が作れるんじゃないかと思い、手始めにインスト曲を作ってました。

ロックのインスト曲の「I don’t fear anymore」という曲を紹介します。

また、続いてたくさんロックの作曲を続けました。

下記のインストは、「Under a cloud」という曲です。

下記のインストは「TERMINATION」という曲です。

このように、どんどんインスト曲を作り続け、いつのまにか、50曲ほどとなっていました。

音楽フォルダを紹介します。

この中のほとんどはYoutubeにあげていません。

インスト曲を作っていて、ふと思いました。

歌詞をつけてみたいと。

そこで、歌詞をかいてみることに。

英語なんてかっこいいんじゃないか?

と思って、英語で書き始めました。

でも、どうやって歌にしようか迷っているときに、ボカロの存在を知りました。

「そうだ、ボカロに歌わせてみよう」

CyberDivaという、英語を歌えるボカロライブラリがあることを知ったので、購入しました。

そこで、ボカロ作りへと邁進していきます。

はじめて作ったボカロの曲は「Wind from sea」でした。

そこから、現時点で、19曲のボカロを作っています。

なお、音楽フォルダの続きはこのようになっています。

このように、活動を継続していると、あることを思い始めました。

私のように、音楽を発信したい人ってたくさんいるんじゃないか?

みんなで、成功の道に進めれば楽しいよねと。

そこで、はじめたのが、「soublog」というこのブログです。

そこでは、作曲指南という形でブログを書き始めることとしました。

ボカロPになるには!ボカロ作曲まとめ講座
公開日2019/10/02, 更新日2020/3/20 ・はじめに こんにちは、颯 Souです。 アーティスト名はsou.universeとしてボカロを使った作…
soublog-goodluck.com

作曲の楽しみはなんですか?

まずは、作る楽しみがありますよね。

次はどんな曲にしようかと悩みます。

作っていて思うんですが、自分で作っていて、「この曲おもしろくないな」と思い始めると、途中でやめたくなるんです。

そんなときは、すっぱりやめますね。

やはり、最後まで作り続けることができた曲は、自分の中ではそれなりに合格点が出たわけです。

ツイートをしましたが、やはり音楽は「生きている」ということではないでしょうか。

作って終わりじゃないんです。

作ったあと、再生され誰かの耳に入ります。

曲によっては、何かのプロジェクトに採用されたりして、けた違いの再生数になったりします。

今回のSpacewalkのように。

また、それに応じて印税が入ってきます。

それが、夢があるところですよね。

作曲の辛いところはなんですか?

飛行機の離陸に似ています。

それは、作っても最初のほうは、ほとんど再生すらされないというのが現実です。

なかなか、飛び立たないんです。

たくさんの滑走路を走る必要があります。

私も50曲いくまでは、家族・友達どまりで紹介するだけでした。

表にだすようになったのは、ボカロを作り始めてからで、それでもまだこんな調子です。

まだまだ長い道のりになると思ってます。

あと、一曲作るのに、それなりに時間もかかります。

音楽の仕事一本にするのはやはり難しいんだなと痛感しています。

正直、現状で、音楽一本で生活なんて到底できません。

音楽で生きていくのって難しいんだなと痛感しました。

世の中に、プロの作曲家ってほんと少ないんじゃないでしょうか。

と思う次第です。

今後どうしますか?

現状、主な発信ツールとして、soublogというブログYoutubeインスタグラムTwitterがあります。

こちらでファンを増やすための活動を継続していくことになります。

私はアメリカンドリームを抱いているので、舞台はアメリカです笑

少しずつ、世界中の人々に閲覧してもらえるようになってきました。

ブログは、音楽指南や雑記を配信します。

Youtubeでは、私の音楽がフルで聞けます。

インスタグラムでは、私の日々の作曲のショートムービーを配信します。

ツイッターでは、自己啓発を配信します。

それぞれのアカウントをフォローしてもらえると嬉しいです

・まとめ

音楽でプロになるのは、とても難しいですが、それだけやりがいがあります。

1曲いい曲を作った!

これならプロになれるのでは?

と思うのは、可能性はありますが、幻想です。

作ったあとのYoutubeでの配信や各種SNSでの活動や、実際に作家事務所にはいってアウトプットしていくなどの活動が必要です。

でも、とても音楽活動はやりがいのある仕事だと思っています。

何より、クリエイティブな活動はとても楽しいですし、エキサイティングです。

みんなで、音楽活動を盛り上げたいなと思っています。

この記事が参考となれば幸いです。

MUSICに戻る