ブログ500記事のレビュー!【PV数と収益公開】停滞を感じる

ブログ500記事のレビュー!【PV数と収益公開】停滞を感じる

2021年3月2日

公開日2021/3/2 更新日2021/4/27

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

颯 Souのイラスト

ブログ500記事書いたら、PV数と収益がどうなるか気になりますか?

今日で500記事に到達しましたので、レビューを書きます。

これから、500記事を目指す人は参考にしてください。

まず振り返りですが、400記事では、

14か月目で400記事で、月当たりのPVは17000で、月のページ別訪問者数は15000人

でした。

記事を書けば書くほど、PVが増えていく感覚になり、普段は1日1記事でしたが、2記事を書くときもありました。

しかし、これが悪かったようです。

500記事では、

19か月目で500記事で、月当たりのPVは13000で、月のページ別訪問者数は12000人

でした。

500記事時点と400記事時点を比較すると、PVは減じて▲4000で、ページ別訪問者数は▲3000人です。

減少の理由は、

・2021年1月のGoogle Updateの影響を受けた
・品質の低い記事を量産してしまったので、SEOでマイナスの評価を受けた

ということです。

停滞を感じています。

アクセスが少なくなるにつれて思考が変化していきました。

「Adsenseよりもアフィリエイトの方が稼げるのでは?」

そう考えるようになりました。

これより、アクセスよりもコンバージョンが重要と考えるようになりました。

ブログ型アフィリエイトをする上で、気づきなど解説します。

目次は次の通りです。

  • ブログ500記事のレビュー
    ・クリック数の推移とPV数
    ・Adsenseの収益
  • 気づき
    ・ジャンルの絞り込みで特化させるとSEOに効果がある
    ・読者の購買までの心の距離はキーワードに現れる
    ・収益記事がなければ稼げない
  • まとめ

それでは解説します。

・ブログ500記事のレビュー!【PV数と収益公開】

成長。

クリック数の推移とPV数

下記に、Google Search Console(通称:サチコ)でのクリック数のグラフを表示しています。

サチコは、Organicの検索でクリックされた回数を表します。

つまり、ユーザーがキーワードを入れて検索し、私の記事を見た回数です。

500記事までのアクセス数の履歴。

100記事では、1日あたりのクリック数が10回ほどです。

対して200記事では、1日あたりのクリック数は50回ほどです。

対して300記事では、1日あたりのクリック数は230回ほどです。

対して400記事では、1日あたりのクリック数は400回ほどです。

対して500記事では、1日あたりのクリック数は250回ほどです。

19か月目で500記事で、月当たりのPVは13000で、月のページ別訪問者数は12000人でした。

Adsenseの収益

5か月目で100記事時点の月間のAdsense収益は1桁で、

8か月目200記事時点の月間のAdsense収益は3桁で、


10か月目300記事時点の月間のAdsense収益は4桁となっています。

14か月目400記事時点の月間のAdsense収益は4桁となっています。

19か月目500記事時点での月間のAdsense収益は4桁となっています。

19か月目500記事の1か月のAdsense収益。

【悲報】ブログの収益化は難しい!専業はやめておいて

・気づき

ポイント。

ジャンルの絞り込みで特化させるとSEOに効果がある

1つのブログにジャンルがたくさんあると、それだけ焦点がぼやけるわけです。

誰向けの記事かもわからないですよね。

もっと読者を絞ってブログ運営をする必要があると気づきました。

先日次のようなツイートをしました。

取り組んだことは、soublogは雑記ブログですが、別の特化ブログを作って、soublogから一部のジャンルを移動しました。

このようにすることで、soublogのジャンルは絞られることになるからです。

社会人向けと、学生向けの切り分けができました。

ジャンルを絞るとSEO効果があると考えています。

なぜなら、ブログが専門化されるからです。

雑記ブログで稼げない理由!対処法【効果があった体験記】

読者の購買までの心の距離はキーワードに現れる

ブログ型アフィリエイトを作っていくにあたって、読者のカスタマージャーニーを意識することが大切です。

先日次のようなツイートをしました。

記事の構成を見直しました。

記事構成の方法は、

・読者の購買までの心の距離でキーワードを分類する
・内部リンクで段階的につなぐ

ということです。

キーワードが、読者の購買までの心の距離とどれくらい離れているかで、認知、興味、比較、購買の4つに分類します。

そして、最終的には購買にたどり着くように内部リンクを見直していきました。

ブログの記事構成【アフィリエイト】カスタマージャーニーを意識する
公開日2021/2/21 更新日2021/5/17 ・はじめに ブログ記事から収益は発生していますか? 100記事書いたけどまったく収益がない方に言える特徴があ…
soublog-goodluck.com

アフィリエイトをする上で、どのキーワードで集客できるかが重要になってきます。

ある意味、PV数では図りえないことです。

例えば、同じ300アクセスでも、認知キーワードの300PVと購買キーワードの300PVでは、成約数が違います。

もちろん、後者の方が稼げます。

収益記事がなければ稼げない

ブログ型アフィリエイトをする上で、1つ問題に気づきました。

それは、収益記事が圧倒的に少なかったんですね。

収益記事がないと、せっかく読者がブログに訪れても、アフィリエイトが成約する可能性はありません。

なので、読者の購買までの心の距離が近いキーワードで記事をたくさん書きました。

収益記事を書いたら、その次は、カスタマージャーニーを意識して内部リンクでつなぐだけです。

・まとめ

ブログ500記事のレビューをしました。

500記事を毎日更新した結果、

19か月目で500記事で、月当たりのPVは13000で、月のページ別訪問者数は12000人

でした。

また、収益は4桁でした。

500記事時点と400記事時点を比較すると、PVは減じて▲4000で、ページ別訪問者数は▲3000人です。

品質の低い記事を量産した結果、SEOでマイナスの評価を受けてしまったようです。

アクセスは右肩下がりを経験しました。

500記事で意識したことは、

ブログ型アフィリエイトをする

ということです。

また気づきとしては、

・ジャンルの絞り込みで特化させるとSEOに効果がある
・読者の購買までの心の距離はキーワードに現れる
・収益記事がなければ稼げない

です。

さて、600記事に向けて、「アクセスをV時回復してやる」と心に誓いました。

そこで、やることは「毎日1記事投稿をやめる」ということです。

1記事書くと決めてしまうと、1日の努力量が記事の品質に直結します。

記事の中には1日で書けないものも存在するんですね。

ここで、あえて2日で1記事投稿にしてみることにします。

600記事のレビューも投稿しますので、楽しみにしていてください。

また、ブログに遊びにきてくださいね。

BLOGに戻る

WordPressの有料テーマ比較!口コミ【AFFINGER6・賢威・THE THOR】
公開日2021/4/23 更新日2021/7/26 ・はじめに 素敵なテーマをお探しではないですか。 おすすめのテーマを紹介します。 有料テーマを使えば、 ・執…
soublog-goodluck.com