努力が報われないと感じる人は自己完結する生き方を心掛けるべき

努力が報われないと感じる人は自己完結する生き方を心掛けるべき
2020年2月24日

公開日2020/2/24 更新日2020/3/2

・はじめに

努力してるけど、報われないと考えの方はいるでしょうか?

そういう人は誰かがコントロールするルールの中で期待するのをやめるべきだと思います。

理由は、自分がコントロールできないものに結果をゆだねているからです。

この話に説得力を持たせるために、少し解説します。

先日次のようなツイートをしました。

・高学歴になれば、将来楽ができる。
・大企業に入れば、収入が安定して最愛の人に巡り合える?

私は昔このように考えていたことがありました。

ある人にとっては正解かもしれませんが、私にとっては正解ではありませんでした。

もっと深堀して理由を考えるべきだったと反省しています。

目次は次の通りです。

  • 努力が報われないケース
    -高学歴になれば、将来楽ができる?
  • 努力が報われるようにするには

それでは解説します。

・努力が報われないケース

・高学歴になれば、将来楽ができる?

高学歴になれば将来楽ができる。

学生の頃漠然とそう考えていました。

この意味をもっと早い段階で理解しておくべきだったかもしれません。

私が考えるに、この意味は、次のことが言えるのだと思います。

・高学歴になれば給料のいい大企業に入りやすい
・働き続ける限り安泰
・専門職になれば、肉体労働をする必要がない

でも、この意味はそれ以上でもそれ以下でもないです。

私の思う、高学歴になれば楽ができるというイメージとはかけ離れていました。

理由は、

・会社に一度入れば、周りと同じで天井のある固定給
・働き続けなければ給料をもらえない

この当たり前というべきことに絶望しました。

つまり、高学歴になれば将来楽ができるというのはあっさり崩れ去ったわけです。

では、そもそも私がどのように考えていたかというと、高学歴になればその時点で周りより給料がいいという風に思っていました。

つまり、一種の下駄を履いた状態ですね。

でも、そんなものは存在しません。

この考えはみなさんも陥りがちです。

「今努力をすれば将来希望が持てる」そう思ったことはありませんか?

学生の頃は一生懸命勉強すれば、将来希望が持てるという風に思っていました。

でも会社や自分以外の人がコントロールするルールの中では期待するべきではないということがわかったのです。

努力が報われないと感じたのは、自分がコントロールできないものに結果をゆだねていたからだと気づきました。

努力が報われるようにするには

先日次のようにツイートをしました。

ブログを書くということを続けていると気づくことがあります。

それは、努力が報われなくても幸せになれると気づきました。

最初にお話ししたことを振り返ってみると、努力が報われなくて不幸になっている話では、自分以外のルールの中で生きているということが原因でした。

つまり、努力が報われないと嘆くひとは、もっと自己完結する生き方をするべきだということです。

・まとめ

人は希望を持たないと生きていけないのかもしれません。

今努力すれば将来報われる。

そう考えるのは悪いことではありません。

でも、その根拠をしっかり考えてみてください。

~だから、こうなる。

といった感じです。

そして、もし努力が報われていないという感じる人は、誰かのルールの中で生きていないか自問してみてください。

もしそうなら、もっと自己完結する生き方をするべきだと思います。

参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る