クリエイターの独学法!もっと漫画や映画を見よう

クリエイターの独学法!もっと漫画や映画を見よう

2021年1月17日
WORK

公開日2021/1/17 更新日2021/1/24

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

颯 Souのイラスト

小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。

趣味になる・積み上げれる【作曲・ブログの副業】を応援!
【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
【作曲】20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過
【ブログ】soublog469記事/昨年13万PV

クリエイターが独学する上で何が一番大切だと思いますか?

それは、感動できるものを作れることですよね。

そのために、創作を継続することが大切です。

時に、クリエイターはネガティブになることがあります。

それは、実用性を考えさせられることです。

たくさんの人は、創造的なアイデアに対してポジティブな意見を持つと同時に、実用性を考えるんですね。

それは、時に、クリエイターの存在意義を問われることがあります。

感動的な創作物を作るためにも、あなたはポジティブである必要があります。

そのために作者自身が平凡な日常体験をしていてはいけません。

先日次のようなツイートをしました。

クリエイターは、もっと映画や漫画を読もう。

そう、言われたことがあります。

創作のアイデアを思いつくヒントになるかもしれませんし、普段から感動することでエモーショナルに考えるこができるようになります。

目次は次の通りです。

  • クリエイターの独学法!漫画や映画を見よう
    ・不確実性にかかるバイアス
    ・映画やアニメをたくさん見るには
  • まとめ

それでは解説します。

・クリエイターの独学法!漫画や映画を見よう

不確実性にかかるバイアス

クリエイターの独学で大切なのは、スキルを学ぶことだけではありません。

感動できるものを作るために、創作を継続して行っていくことです。

しかし、クリエイターとういのは、この継続するのに強いメンタルが必要なんですね。

創作を続けていて、たまに実用性を考えることはありませんか?

私の活動は意味のあるものだろうかと。

先日次のようなツイートをしました。


ペンシルベニア大学、ノースカロライナ大学、コーネル大学の2011年に発行されたPsychological Scienceの「The Bias Against Creativity: Why People Desire but Reject Creative Ideas」という論文に興味深い記事があります。

人々は、創造性を望ましい目標として支持している場合でも、創造的なアイデアを拒否することがよくあります。

参加者が不確実性を経験したときに、(実用性と比較して)創造性に対する負のバイアスの存在を示しました

とあります。

創造的なアイデアというのは、もう一つの側面があって、それは非実用的なんですね。

こんなことないですか?

音楽で生きてる人は、稼げないし、きついから、やめておいたほうがいいよなどのアドバイスですね。

そう主張する方は、きっと現実世界で実用重視の厳しい環境に生きていて、創造性に生きる喜びを知らない人なんですね。

もし、あなたがもっとクリエイティビティーに生きたくて、負のバイアスを避けるためには、それには、もっともっとエンターテイメントに触れることです。

手軽な方法は、映画やアニメにもっと触れることですね。

映画やアニメをたくさん見るには

今の時代、映画やアニメに触れるのは難しくありません。

例えば、Amazonプライムは、月額500円で、Amazonの商品の配送料が無料になるだけじゃなくて、たくさんの映画、アニメを見たり、音楽が聴けたり、本を読めたりします。

知らなきゃ損?Amazonプライムに入ってVRで映画を見る
公開日2019/12/22, 更新日2020/11/1 ・はじめに みなさん普段、何にお金を使いますか? お金の使い方には、消費、浪費、投資があると言います。 …
soublog-goodluck.com

・まとめ

日常でありふれたことに慣れてしまうと、実用性を求めて、不確実性を経験したときに、創造的なものに否定的になるんですね。

クリエイターは、もっと創作物に触れて、刺激を受けるといいです。

そして、創造性を追い求めることに否定的な感情をなくすべきです。

そのときに、映画やアニメはいい材料です。

創作のヒントになります。

私は、Amazonプライムに入ってますが、とてもコストパフォーマンスがいいんです。

そもそも、映像や音楽というのは電子データなので無限に配布できますよね。

だから、サブスクで安く、価格破壊を起こしているんです。

以上、参考になれば幸いです。

WORKに戻る