自己投資はお金がないときの最高の投資

自己投資はお金がないときの最高の投資

THOUGHT

公開日2020/3/27 更新日2020/3/27

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

お金がない、でも豊かになりたい。

こう思うときがあります。

こんな時、自己投資をするといいと思います。

自己投資をするとなぜいいか?

それは、自己投資で得た能力で将来稼げるからですよね?

リターンの期待できない自己投資は、自己満足です。

自己投資がいい理由は、レバレッジが効くからです。

つまり、一度成長すれば、高めた専門知識でどんどんアウトプットができます。

掛け算の世界になりますね。

目次は次の通りです。

  • お金がないときは自己投資が一番
  • 自己投資をするのは将来リターンがあるから
  • 自分の将来のために時間を使うと幸福度が高い

・お金がないときは自己投資が一番

先日次のようなツイートをしました。

日本国が発行する最も安全と言われる債権が、国債です。

日本国債10年で、現状の年利は0.02%です。

1000円を投資しても、一年後に返ってくるお金は0.2円です。

では、1000円で本を買って勉強した場合はどうでしょうか。

ライティングが学べる本を読んで専門性を手に入れた場合、現状1000円しか稼げなかったのに、将来は2000円稼げるようになるかもしれません。

自己投資はレバレッジが効きます。

つまり、一度高い専門性を手に入れると、今後継続してそのポテンシャルを使っていくことができます。

2000円稼げるのは一度ではなく、何度もです。

掛け算の世界ですよね。

・自己投資をするのは将来リターンがあるから

自己投資をして意味があるのかという議論が生じるのは、それは将来のリターンを見ていないからです。

先日次のようなツイートをしました。

ブログで話すとわかりやすいです。

畑を耕す時期というのは、それは自己投資、つまり本を読んでライティングの勉強をすることのことをいいます。

自分の知識を高めることができれば、それだけ良い土で畑を肥やすことができるわけです。

そして、種まき時期というのは、ビジネスチャンスをしかけるということですね。

つまり、ブログ開設をして、ブログ記事をたくさん作っていくときのことをいいます。

そして収穫時期というのは、ビジネスから大きなリターンを得る時期のことをいいます。

つまり、記事にアクセスが集まり広告収益が生まれることを意味します。

自己投資は、将来のリターンを見越して行います。

たった1000円の本のライティングスキルが、数千倍になって返ってくることになるかもしれません。

・自分の将来のために時間を使うと幸福度が高い

先日次のようなツイートをしました。

日ごろから将来のことを考えた行動をしていると、それだけ幸福度が高まると思います。

なぜなら、日々の成長に喜びを感じるからです。

なので、自己投資はもってこいです。

・まとめ

お金がないときの一番の投資は、自己投資です。

株をやるより、本を読みましょう。

自己投資は、レバレッジが効きます。

一度身につければ、忘れない限り永久的にその力を使っていくことができます。

自己投資をする理由は、将来リターンが期待できるからです。

また、将来のために時間を使えると、幸福度が高まると思います。

参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る