発想の面白いアイデア【チャレンジ編】!誰でも気軽にできるおすすめのチャレンジ

発想の面白いアイデア【チャレンジ編】!誰でも気軽にできるおすすめのチャレンジ
2019年9月29日

公開日2019/09/29, 更新日2020/2/22

発想の面白いアイデア【チャレンジ編】!誰でも気軽にできるおすすめのチャレンジ

・はじめに

今回の提案内容は、面白アイデアの中でチャレンジ編です。

日々に活力を加えたい方はいませんか。

そんな時は、チャレンジがいいと思います。

チャレンジして失敗しても、だれも損はしません。

目次は次のようになってます。

・最も臭い果物を食べる
・夜の学校で肝試し
・世界のビールの王冠を集める
・今はやりのIOTにチャレンジ
・線香花火の写真を撮る
・鉄板ネタを考えてみる
・本の執筆
・ストリートピアノで演奏
・ゲームセンターでUFOキャチャー
・ハンバーガーでフードファイト
・ヘリコプターに乗る
・グリーンスクリーンで動画作成
・コンペに参加する

それでは解説します。

颯 Souのオリジナル曲のイラストコラボ募集します イラストレータの方でミュージックビデオでコラボしませんか

面白いアイデアを提供します。

チャレンジ編です。

それでは、どうぞ。

・最も臭い果物を食べる

南の島でドリアンを食べる。

めっちゃ臭いらしいけど、味はおいしいらしい。

覚悟して購入してください。

ちなみに私は、海外で路上で売ってるのをみて、臭いが強烈だったので、断念してしまいました。


・夜の学校で肝試し

夜中に校舎に入って肝試しをする。

もちろん許可をとってから。

一人で校舎の中を夜中歩くのは、何もなくても怖いと思います。

ゴール地点にノートを置いて、そこに名前を書いてこれたらミッションクリアにすればいいと思います。

・世界のビールの王冠を集める

世界のビールを100種類飲み、王冠を集める。

自分好みのビールを探す。

部屋に世界地図を広げ、飲んだビールを作った国のピンを指し、ビールの世界征服を目指す。

私の場合、なんやかんやで、日本のビールの味が合ってるということがわかりました。


・今はやりのIOTにチャレンジ

Raspberry Piというマイコンで、なにかひとつIOTをする。

朝起きると自動でカーテンが開くなど。

一つできれば、もっといろいろなことにチャレンジできそうです。


・線香花火の写真を撮る

線香花火の火花の写真を綺麗に収める。

いろんな線香花火を比べてみる。

拡大してカラー写真にして、部屋に飾る。

今の時代なら、瞬間の映像をきれいに撮ることができるカメラも安価に手に入るのではないでしょうか。

個人的に、線香花火の火花が好きです。

夏の風物詩ですよね。


・鉄板ネタを考えてみる

いざという時のために、鉄板ネタを考えてみる。

ウォーターメロンって知ってますか?
スイカなんだけど、海外で、ウォーターメロンくださいって言っても通じなかったんです。
何回もプリーズ、ウォーターメロンっていったんですけどね。
でも、Please give me watermelon.(発音良く)
って言ったら、もらえたんです。

(記事にしたら面白さわからないですよね。たぶん、純粋にwatermelonの発音が良すぎて、笑うとこなんです。笑)

・本の執筆

ノートパソコンを持って、スターバックスで本の執筆をする。

本を一度も書いたことがなくても、何かテーマをもって書き始めると、意外と書けるかもしれません。

・ストリートピアノで演奏

デュオ神戸のストリートピアノでドビュッシー、月の光を演奏する。

この前、楽譜を買ったのですが、黒鍵が多すぎて挫折中です。

でも、いつか弾けるようになりたいです。

・ゲームセンターでUFOキャチャー

ゲームセンターにて、UFOキャッチャーでとった数を競い合う。

3000円でチャレンジ。

これ、楽しいと思います。

UFOキャッチャーでしかない商品とかもあると思うので、転売できるかもしれませんね。

・ハンバーガーでフードファイト

ハンバーガーを30個買ってきて、フードファイトする。

フードファイトしたことないのですが、ハンバーガー30個は絶対きついですよね。

少し多めに用意して、限界にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

・ヘリコプターに乗る

ヘリコプターに乗って、都会のネオンを見下ろす。

数万円払えばヘリコプターに乗れる場所あると思います。

大切な人と一緒に乗って、ロマンティックな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

・グリーンスクリーンで動画作成

グリーンスクリーンで、ギターを演奏する。

いつも、家の中で撮影していても飽きられるので、今はやりの合成技術を使ってみるのはいかがでしょうか。

簡単にできると思いますよ。


・コンペに参加する

自分の著作物をコンペに出す。

作曲してどこかコンペに出してみると、世界が広がるかもしれません。

ちなみに、私はまだ出したことはありません。

今後、チャレンジしたいと思っています。

THOUGHTに戻る