副業で独立したい!会社で稼ぐ必要がなくなった

副業で独立したい!会社で稼ぐ必要がなくなった

THOUGHT

公開日2020/9/2 更新日2020/9/2

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
19曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog358記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

副業がどんどん稼げるようになって忙しくなってきたという悩みはありませんか?

もう、会社に行く理由がなくなったという方がいるかもしれません。

会社からは副業は推奨されていないので、どこか不安な気持ちになることがあるかもしれません。

もやもやする気持ちは分かります。

でも、もやもやする気持ちがあるということは、人生が変わってきている証拠です。

そこから抜け出すチャンスなんですね。

副業の収入が、本業の収入よりも高くなってきたという方は、独立を考え始めてもいい時期だと思います。

この際、好きな副業で生きていくことを考えてみてはいかがですか?

フリーランスとして活動するんです。

私は、作曲家・文筆家のフリーランスとして活動しています。

10年辞めた会社を辞めて、フリーランスになってよかったと日々喜びを感じています。

独立したら、時間的自由と、場所的自由と、稼ぎ方の自由が手に入ります。

それでも独立が不安だという方は、収益源の分散化と、逃げ道を作っておくことをおすすめします。

目次は次の通りです。

  • 副業で独立
    ・会社に行く理由が分からない
  • 独立したら
    ・好きに時間を使える
    ・好きな場所で働ける
    ・好きなだけ稼げる
  • それでも不安になる場合
    ・収入源の分散化
    ・逃げ道を確保しておく
  • まとめ

・副業で独立

会社に行く理由が分からない

会社は生活費を稼ぐところと考えている人にとって、会社とは別の収入源を十分に手に入れた場合、会社に行く理由がなくなるかもしれません。

むしろ、毎日平日8時間以上を拘束される会社にいている意味さえないと考えるかもしれません。

会社でやりがいを見つけている場合を除き、こういう方は独立を目指すべきだと思います。

副業でがんばっているなら、それを本業と言う形にシフトできないか考えるべきです。

もし、あなたが独立できたら、どんな生活が待っているか考えてみましょう。

・独立したら

好きに時間を使える

まず、すべての時間をあなたの事業に使えるようになります。

副業で成果を出しているあなたは、会社の仕事は自分の私事じゃないと思っていたのではないでしょうか。

独立したら、あなたは自分の時間を全て、あなたの私事に使えるんですね。

起きる時間に悩まされていたかもしれません。

あなたの好きな時間に起きることだってできます。

好きな時に休むこともできます。

好きな場所で働ける

あなたは、好きな場所で働けるようになります。

会社に出勤する必要はなくなるんですね。

自宅を働く場所に指定することもできます。

これはとても大きいですよね。

一日片道1時間の通勤をすると、月に40時間ほど通勤で失っていることになるんですね。

この通勤時間をあなたは有効に使えるようになります。

好きなだけ稼げる

会社で働いていると、固定給だと思います。

毎月20万、ないし30万ほど給料がもらえますよね。

しかし、フリーランスになると、給料が青天井です。

働き方次第では、いくらでも稼げるんですね。

もちろん、成果がでなければ稼げないのもセットですが。

稼ぎ方も自由です。

あなたの好きな仕事をすることができます。

・それでも不安になる場合

独立すると不安はつきものです。

安定して収入を得れるかということですね。

こんな方のために、2つの提案をします。

収入源の分散化

収入源を複数持っていると、一つがなくなっても、他から収入を得ることできます。

例えば、ブログをしながらプログラミングの受注をするなどですね。

私の場合は、作曲家でかつ文筆家という側面があります。

逃げ道を確保しておく

最悪あなたがすべての収入源を絶たれた場合に、どうするか考えておくといいと思います。

無収入になれば、実家に逃げようなどですね。

そして、そうならないように、たくさん伏線をはっておくことです。

・まとめ

副業で稼げるようになったら、独立を視野に入れるべきだと思います。

独立できれば、時間的自由と、場所的自由と、稼ぎ方の自由が手に入ります。

独立に対して不安に思うことがあるかもしれません。

そういう方は、収入源を複数にしておくことと、逃げ道を確保しておくことをおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る