TANITAの体組成計RD-907で簡単に体重をモニター!ダイエット習慣を身につける

TANITAの体組成計RD-907で簡単に体重をモニター!ダイエット習慣を身につける

2019年12月21日
LIFE

公開日2019/12/21, 更新日2020/10/14

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
20曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog401記事/月1万7千PV/
ラズパイ・Python実験中

毎日体重を計測して、グラフに記録してみたくないですか?

体重の記録をすると、日々の変化が分かるので、改善が行いやすかったりします。

1週間前は順調に体重が減らせているけど、おそらく要因は~だななんて検討がつけれるんですね。

しかし、毎日記録をするというも面倒で継続できないですよね。

私は、RD-907という体組成計を使う前は、一般的な体重計を使っていました。

記録をつけていたんですが、続かなかった経験があります。

しかし、RD-907を使うようになってから、簡単に自動で体組成の記録がスマホで確認できるようになったんですね。

今の時代、IOTの時代ですし、スマホと体組成計は連動しており、体組成計に乗るだけで、体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、筋質点数、推定骨量、内脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、内水分率がわかり、スマホでグラフ化され確認できます。

HealthPlanetのスマホ画面

毎日体重計にのって、体重計の値をノートに書き移して、エクセルで管理する必要なんてないんですね。

ぜひ、RD-907を使ってみてください。

タニタ 体組成計 スマホ 50g 日本製 ブラック RD-907 BK 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル

目次は次の通りです。

  • 体組成計で測ってスマホでモニターする
    ・体重の記録が継続できない
    ・TANITAの体組成計RD-907で簡単に体重をモニター
  • まとめ

それでは解説します。

・体組成計で測ってスマホでモニターする

・体重の記録が継続できない

日頃から体重をモニターしている人ほど、食べすぎに注意したり、スタイルが良かったりします。

でも、なかなか体重を毎日チェックするのは難しいと思うかもしれません。

・ダイエットしているけど、体重を計測するのついうっかり忘れてしまう
・体重計に乗ること自体も面倒だしできない
・運動しているけど、効果がわからなくて困っている

こういう方は、ぜひTANITAのRD-907を使ってみてください。

私も愛用していておすすめです。

・TANITAの体組成計RD-907で簡単に体重をモニター

体組成計というのはご存じでしょうか。

体組成計というのは、コトバンクによると「体脂肪・基礎代謝量・筋肉量など、体の組成に関する諸数値を測る装置の総称。体に微弱電流を流し電気抵抗を測定して数値を推定する。」とあります。

日々、運動を取り入れていたり、健康を意識していた場合に、どれだけ効果が出ているかわからないので、モチベーションが湧かなかったり、これでやり方あってるのかなとか疑問におもいますよね

そんな方は体組成計がおすすめです。

TANITAの体組成計のRD-907は、

・スマホで体組成がモニターできる。
・筋肉の性質を計測してくれることで、運動のモチベーションになる。

ということで、とても役に立ちます。

TANITAの公式Youtubeを参照してみてください。

また、Youtuberのカズチャンネルでも、「インナースキャン三ヶ月使って分かった良い所・悪い所」で、レビューしています。

メリットは、「HealthPlanet」というアプリが利用できて、体組成計に乗るだけで、すぐスマホでグラフが確認できるということでした。

・まとめ

日頃から体重をモニターしている人ほど、食べすぎに注意したり、スタイルが良かったりします。

今のIOTの時代ですし、体組成計に乗るだけで、スマホで簡単にグラフ化できるのはとても便利だし、持続できますよね。

こういう方は、ぜひTANITAのRD-907を使ってみてください。

私も愛用していておすすめです。

タニタ 体組成計 スマホ 50g 日本製 ブラック RD-907 BK 医療分野の技術搭載/スマホでデータ管理 インナースキャンデュアル

以上、参考にしてみてください。

30代からの男のケア!健康美を得る方法
公開日2020/10/14 更新日2020/10/14 ・はじめに ・はじめに 30代に突入し、気づけば少しメタボ気味、おしゃれにも気を使わなくなったという悩み…
soublog-goodluck.com