ブタの貯金箱。

Crypto WEB3

仮想通貨のエアドロップ(給付金)は突然に!$WTF

公開日2022/1/14 更新日2022/1/14

颯 Souのイラスト

このブログの権威性

  • 京大院卒業後、就職
  • 現在、作曲家ブロガーのフリーランス
  • 昨年、soublogが14万PV

仮想通貨のエアドロップをしってますか?

条件を満たせば、仮想通貨やトークンが無料でもらえるイベントです。

今回は、fees.wtfのエアドロップに挑戦しました。

目次は次の通りです。

・ETHメインネットで使用したガス代に応じてエアドロップ$WTFがもらえる

fees.wtfは、イーサリアムのガス代を下記のように表示してくれるシステムですが、fees.wtfのエアドロップがありました。

ETHメインネットで使用したガス代に応じてエアドロップ$WTFがもらえます。

まず、fees.wtfでイーサメインネットで利用したガス代を調べてみました。

fees.wtfでイーサメインネットのガス代を調べた結果。

公式によると、エアドロップをもらうためには条件があります。

条件は0.05ETH以上のガス代を払っていれば、エアドロップをもらえます。

・ガス負けしてましたのでしばらく待ちます

私は、イーサリアムのガス代を0.1ETHほど支払ったんですが、58.8106WTFをもらえます。

イーサリアムのガス代をたくさん支払っている人は、もっともらえるます。

fees.wtfでもらえる$WTFを確認した結果。58WTFを獲得できることが判明。

調べ方は、ディスコードに入って、#bot-commandsで、/fees [Metamask address]で確認できます。

fees.wtfのディスコードはこちら

WTFの価格を調べてみました。

現時点で$0.21でした。

58WTFもらえるとして、$0.21だと、1000円ほどですね。

WTFの価格。

現在のWTFの価格はこちら

なお、エアドロップをもらうには、ディスコードに入って、#announcementsを見てください。

fees.wtfのディスコードはこちら

Claimに0.01ETH+ガス代かかります。

今はガス代が異常に高いので、しばらくたってからClaimします。

しかし、なぜエアドロップがもらえるのでしょうか。

不思議ですよね。

運営側のメリットはあるのでしょうか。

・エアドロップはマーケティング施策

新しいブロックチェーンのシステムを使ってもらうために、エアドロップで仮想通貨やトークンを配布しますが、これは、マーケティングによるものです。

システムを使ってもらえますよね。

例えば、$LOOKSという仮想通貨のエアードロップでは、OpenSeaで3ETH以上取引したアカウントを対象として、エアドロップがありました。

参考ツイートは下記です。

ここで、LooksRareとは、NFT Market Placeで、OpenSeaのライバルになります。

OpenSeaで3ETH以上取引のあるユーザーの引き抜きがエアドロップによって行われているわけですね。

Cryptoに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-Crypto, WEB3