道の分岐点を表したイラスト。

THOUGHT 悩み

成果が出ない!「やりたいこと」ではなく「すべきこと」をする

公開日2020/12/27 更新日2021/8/16

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

成果が出ないと悩んでいませんか?

それは、もしかするとあなたがすべきことをやっていない可能性が大きいです。

やりたいことばかりやっていませんか?

もちろん、やりたいことをするというのは大切なことです。

夢中になれるのはやりたいことをするからですよね。

しかしやりたいことの中にも、必ずやるべきことというのが存在するんですね。

私は、新卒でサラリーマンになって研究実習を始めた時、やりたいことを優先してやってしまったんです。

自分には何ができるか能力のことを第1に考えて行動を考えてしまったんですね。

自分ができることは、やりやすいことではありますが、やるべきことではありません。

大切なことは、現状の課題は何であるかを考え、解決のためにはやったこともないことにも挑戦すべきということです。

あなたの行動を振り返ってみてください。

それは、本当にすべきことですか?

しっかり分別をつけなといけませんね。

目次は次の通りです。

・成果が出ない場合の対処法

・普段の行動を考え直そう

仕事をするとき、何となく、やりやすいからやっているということはありませんか?

意外と行動のしやすさや、やりたいことを基準に行動しがちです。

しかし、やりたいことをしてしまうと遠回りになることがあります。

・ベクトルを考えよう

成果を出すには努力が大切です。

努力は方向と大きさがあり、つまりベクトルなんですね。

どの方向にどれだけ努力をするかで成果が表れてくるんですね。

好きなことをするというのは、方向が間違っている場合があります。

・やるべきことをやる

心の声に耳を澄ましてください。

あなたは、もう何をしなければいけないか分かっています。

その行動していないだけなんですね。

どこかで自分はやりたくないと考えているんです。

しかし、成果を出すにはそれをやらなくてはならないんです。

・行動は不安を目印にする

行動は不安を目印にしてみてください。

あなたは、これまで不安を感じれば避けて行動してきませんでしたか?

それを、飛び込む気持ちでやってみるんですね。

普段やらないことにチャンスがあります。

あなた自身で変化を作り出すんですね。

それが起点となり成果があがる可能性があります。

・成果が出る10の習慣

参考として、成果が出るための10の習慣をご紹介します。

・効果の大きいところから攻める
・利益に結びつかないところはやらない
・一つのことに集中する
・作業量を2倍にする
・PDCAを回す
・成功している人の真似をする
・考える癖をつける
・課題にアンテナを張る
・謙虚になる
・集中力を高める

・まとめ

成果を出すにはやりたいことだけをやっていてはいけません。

すべきことをしていく必要があります。

成果を上げるには、努力が必要ですが、努力には向きと大きさががあります。

やりたいことをするということは、必ずしもよい方向とは限らないんですね。

人は、嫌なことは避けて行動しがちです。

しかし、不安に思う行動にこそ、チャンスが眠っているんですね。

自分の行動に変化を起こして、分岐点を探すべきです。

以上、参考になれば幸いです。

THOUGHTに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-THOUGHT, 悩み
-