オフィスで働いている様子のイラスト

WORK フリーランス

フリーランスとサラリーマンの違いを比較!お給料・信用の使い方・働き方

公開日2020/4/25 更新日2021/8/18

颯 Sou

こんにちは、soublogを運営している作曲家ブロガーの颯 Souです。

企業でサラリーマンを10年した経験があります。

フリーランスとサラリーマンで違いがあると思いますので、代表的なものを上げていきます。

サラリーマンとフリーランスの違い

フリーランスサラリーマン
お給料働きかた次第固定で安定的
信用の使い方信用が蓄積される、ゼロからスタート会社の信用が使える
働き方経営・攻めの姿勢労働・守りの姿勢

目次は次の通りです。

・サラリーマンとフリーランスの違い

・お給料

先日次のようなツイートをしました。

サラリーマンは、雇用されていると安定的に給料がもらえます。

一方、フリーランスは、契約がとれない限りは収入はありませんが、仕事をすればするほど給料が増えます。

・信用の使い方

先日次のようなツイートをしました。

サラリーマンは、会社の信用を使えますので、働き始めてから垂直立ち上がりで給料がたくさんもらえます。

フリーランスは、信用の蓄積が財産になります。

最初は信用がゼロからのスタートなので、軌道にのるまで時間がかかります。

でも、信用が高まればサラリーマンより楽に稼げます。

・働き方

サラリーマンは雇用契約を結んで労働する必要があります。

サラリーマンは、働き方がある程度決まっており、これまでやってきたやり方を学んで、自分なりの付加価値をつけて働きます。

冒頭でもサラリーマンは最初から会社の信用が使えるといいましたが、これまで会社が積み上げてきたものがあります。

ベースとなる働きかたを知って、付加価値に対してリスクヘッジをしなければなりません。

つまり守りの姿勢の働き方になると思います。

フリーランスは経営が必要です。

自分で事業を考たり、契約をとったりする必要があります。

フリーランスは、最初は信用がゼロです。

すべて、自分で積み上げていく必要があります。

つまり、攻めの姿勢が必要です。

不安要素があっても、とにかかくチャレンジしていく姿勢が大切だと思います。

・まとめ

フリーランスとサラリーマンの違いを、お給料、信用の使い方、働き方において表にまとめてみます。

フリーランスサラリーマン
お給料働きかた次第固定で安定的
信用の使い方信用が蓄積される、ゼロからスタート会社の信用が使える
働き方経営・攻めの姿勢労働・守りの姿勢

参考になれば幸いです。

WORKに戻る

  • この記事を書いた人

颯 Sou

【経歴】京大院卒/大企業/自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス 【作曲】21曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用実績あり/Audiostock審査通過/委嘱楽曲の提供経験あり 小学校でピアノを習い、中学校でアコギを買い、高校でエレキを始め、大学で軽音サークルに入り、社会人から作曲家でボカロPとして音楽活動をしています。 【ブログ】soublog500記事/昨年13万PV 社会人になってからブログ制作を開始。最初はボカロ活動を広めることを目的に執筆。「ボカロPになるには」というキーワードで検索順位1位に。また途中から自己啓発を発信し、「自己啓発 一覧」というキーワードで1位を獲得経験あり。SEOを考慮したブログノウハウも発信中。

-WORK, フリーランス
-