仕事の雑談!「それ分かる!」と言いたくなること6選

仕事の雑談!「それ分かる!」と言いたくなること6選

THOUGHT

公開日2020/6/23 更新日2020/6/23

・はじめに

こんにちは、soublogを運営している作曲家の颯 Souです。

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙/大企業でエンジニア/
自由を求め脱出/作曲家・ブロガーのフリーランス/
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM教育オンライン研究所設立/研究所所長兼任
【経過】
19曲リリース/AWA動画広告BGMプログラム採用/
soublog358記事/月1万5千PV/
ラズパイ・Python実験中

・仕事大変だな。
・人間関係がギクシャクする

いろいろ、会社生活ををすると悩みがあると思います。

そこで今回は、仕事の雑談をしようと思います。

この話を聞けば、「それ分かる!」と言いたくなることがあると思います。

同じ気持ちになれば、少しは気持ちがやわらぐはず。

週末の金曜日に、ワインでも飲みにいった時の話のように、気楽に読んでいただければと思います。

つまり、これはブログ飲み会ですね。

私とあなたの飲み会です。

先日次のようなツイートをしました。

目次は次の通りです。

  • 仕事の雑談!「それある!」と言いたくなること
    ・人は2種類に分かれる
    ・鉄の仮面
    ・怒れる人と距離を置く
    ・うわさはしない
    ・怒られると入る行動スイッチ
    ・事前説明は大切
  • まとめ

それでは解説します。

・仕事の雑談!「それ分かる!」と言いたくなること6選

人は2種類に分かれる

人間関係に疲れたという方には知っておいてもらいたいです。

それは、仕事人は2種類いるということです。

それは、保守派と革新派です。

保守派の人は、仕事が変わることを嫌います。

これまで通り、マニュアルにそったやり方を、丁寧にこなしていきます。

もし、仕事の仕方が悪かったら、マニュアルを責めます。

革新派の人は、毎日新しいことを考えて試そうとします。

始めてやることも多く、クオリティーが低くなりがちなので、信頼性がなければ、彼についていく人は少ないかもしれません。

しかし同じやり方をずっと続けるのはよくないと考えています。

時代にあった最適なものがあるはずだと考えています。

何度も同じことをする作業を嫌います。

鉄の仮面

仕事を長いことすると、叱責されることに慣れてきます。

すると、いちいち怒られたからと言って、表情を変えないようになります。

ポーカーフェイスと言われることがあります。

どんなことにも動じない人間ですね。

でも、人間なので、しっかりストレスという形で健康に現れたりします。

怒れる人と距離を置く

そのつもりがなくても、よく怒っている人とは距離を置いてしまいます。

なぜか、話しかけるとき圧を感じるからです。

仕事に感情は持ち込むなとはいいません。

でも、どこか距離を置きたくなる存在になってしまいます。

悪気はありません。

すみません。

うわさはしない

人のうわさはしないようにすることを心掛けています。

人のうわさばかりする人は、周りに嫌われがちです。

なぜなら、自分も同じようにうわさの種にされているかと疑心暗鬼になるからです。

人にやられて嫌なことは、まずしないことです。

怒られると入る行動スイッチ

行動するのに、勇気が必要なことがあります。

そんなときは、叱ってもらうことで、やる気が入るときがあります。

行動スイッチが入る感じですね。

ほんとは、誰かに背中を押してもらいたいだけだったりします。

事前説明は大切

何かプロジェクトを走らせようとして、失敗することがあります。

それは、十分に事前説明をしていなかったから、猛反発を食らう時です。

特に責任がかかる息のかかった人たちには、丁寧に話しておく必要があります。

・まとめ

ブログ飲み会どうでしたいか?

仕事の雑談で、「それ分かる!」と言いたくなること6選でした。

おさらいすると

・人は2種類に分かれる
・鉄の仮面
・怒れる人と距離を置く
・うわさはしない
・怒られると入る行動スイッチ
・事前説明は大切

です。

以上、雑談に付き合っていただきありがとうございました。

THOUGHTに戻る